« (531)◆政権がガラス張りに・・・ | トップページ | (533)◆「両優界」七色指導の朝 »

2009年9月18日 (金)

(532)◆政治の歯車と少林寺拳法

政治が面白くなってきた。内閣支持率も71%。

各大臣がこうも連携良くスピーディにマニフェストを実行に移してくれるとは有りがたい。

ダム建設の見直し、弱者?手当ての新設、高齢者の様々な制度の変更・廃止、今朝のニュースでは外務大臣が核の密約の真相を確かめるために外務官僚に指示をしていた。やりすぎ・・・の声も聞かれるが、日本の澱んだ組織・システムの改善にはやりすぎは無い。(頑張れ)

全部を国民に開示する覚悟と見た。(国民の頭のコンピュータを使って下さい。裁判員制度もその一環と見ている。)

これからは、日本の大臣も海外の会議で結論を出せるようです。長かった日本政治の雪解けが始まりかけている。

一気に駆け抜けてください。現内閣支持率が下がりかける前に!!。

なんといっても、基本は安心して子育ての出来る社会環境をつくること。そして安心して病気の回復に集中できる環境をつくること。・・・国の力は人である。

やっと、本音と建前が接近する社会に近づくのかなぁ~。青少年教育にも良い結果が出ると思う。少子化も改善される。国内にお金も回りだす。内需拡大につながって欲しい。

・・・内需拡大と”もったいない”の関係に頭を悩ますトミー拳です。

(少林寺拳法のお話し)
人、人、人、すべては人の質にある。
創始者の法話テープを思い出す。ナショナル(松下幸之助)さんは(今、パナソニック)、物つくりで戦後復興をなした。私は(開祖)物が無い時代でも人造り(青少年育成)を提唱し今も続けている。(焼け野原で人造り、好きな言葉です)

少林寺拳法創始60数年経てもまだ、「人造り・・・」そして「半ばは自分、半ばは他人の幸せ・・・」の教えは息づいている。

「拳技」を「主行」としての人造りだ!。拳技あっての教えです。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

|
|

« (531)◆政権がガラス張りに・・・ | トップページ | (533)◆「両優界」七色指導の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/46233303

この記事へのトラックバック一覧です: (532)◆政治の歯車と少林寺拳法:

« (531)◆政権がガラス張りに・・・ | トップページ | (533)◆「両優界」七色指導の朝 »