« 501)◆司馬遼太郎と村上春樹 | トップページ | 503)◆弾ける技と易筋行 »

2009年8月 2日 (日)

502)◆何事も選択眼

何事も身に付くものと付かないものがある。

人によって違う。目から鱗の感動も時間がたつと真っ白にしてしまう。だが色あせないものもある。

良い食べ物、よい運動、極めつけの健康法、記憶術、速読術、何とか術・・・・たくさんある。

・・・全部試したら働く時間も睡眠時間も無くなってしまう。?

何十万語の中から”座右の銘”として幾つか絞り込むようなものか。!

人生、後半に差し掛かると選択眼が重要なようです。

その選択眼が20歳代で目覚めた人は・・・きっと天才かも知れません。

------

ところで良い宗教も若いうちに、そして”病”や”不幸”になる前に選びたいものです。

金剛禅は宗教です。(少林寺拳法・・・これはお薦めです!!)

まあ、選択?で固まらないよう生きたいものです。

遠回りをしたかな?・・・。でも拾い物も多かったナ!・・・。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

|
|

« 501)◆司馬遼太郎と村上春樹 | トップページ | 503)◆弾ける技と易筋行 »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/45798802

この記事へのトラックバック一覧です: 502)◆何事も選択眼:

« 501)◆司馬遼太郎と村上春樹 | トップページ | 503)◆弾ける技と易筋行 »