« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

500)◆子供等に「修行」の解釈

 「修行」の意味を少年部(少女)に説くのは難しい。

おさめる(修)、ぎょうずる(行)の意味が分からないと思う。

こんな説明をしてあげたら、子供らの目が少し光った。

(説明)
・・・道場にもサッカー少年はいる。例えとしては分かりよいだろう。

「サッカーをやっている人手をあげて下さい。A君が挙げた。」

「A君、サッカーをして修行をしています、とはあまり言わないね?」

「もしA君がサッカーが上手くなりたくて、外国へ練習に行ったとする」

「・・・するとそれは、サッカーの「修行」にいったことにならないだろうか?」

A君が「・・・頷いた」。今ここを修行の場にする。それは道場。

追記:当ブログは毎回修行のつもりで・・・。

何とか500回目を迎えることが出来ました。

苦と楽の入り混じった500回でした。ありがとう御座いました。

少林寺拳法は水の如くあらゆる場所に流れ込む。初めに習う技法は「流水蹴」・・・。技も水の如くスタート。教えも水の如く人々の間(人間)に染み込んで行く。深く、深く。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2009年7月29日 (水)

499)◆変化を見逃さない

 今週月曜日の稽古の中での気づき。(09.7.27)

やっと、「練習」から「稽古」の領域に片足を突っ込んだような気がした。

目の色が一瞬変わった。(そのタイミングは見逃さない)

自分なりに会得したようだ。(指導者が嬉しくなる一瞬です)

なんとか、稽古終了までその色を保ってくれた。

その技は、「片手切抜」(きりぬき)の外と内。(基本が詰まった技だ)

・・・腰と膝を誇張してみたが??の連続だった。

さて、「片手寄抜」(よりぬき)でもう一度頭を切り変えてもらいながら。

・・・腰と膝と肩の連携動作の反復、反復。

と、ここで変化が出た。目から、頭へそして身体への連鎖が自覚できたようです。

これから、今まで掛かりにくかった技に自信が出る事でしょう。

年齢的に、照れ、反抗期、お色気?だったり、難しい(多感な)年代だ。少林寺拳法を通じて乗り切って欲しい。

ココロのコントロールも技の習得と似ている。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月28日 (火)

498)◆社内報をありがとう

会社を定年退職し、ほぼ3年目が近づいた。(9月30日で3年目)

先日、(季刊誌)の社内報が届いた。ありがとう御座います。(定年してから休まず自宅に届く・・・)

編集担当の方々の手抜きのない企画、編集には「ほっと」します。

「会社も頑張っているんだな~!」

僕も老け込んではいられない。

無料で出せる?気合だけは無制限に出し続けますョ!

(季刊誌から・・・)
年々、現役時代の顔が消えていく、あの方も定年、○○さんは子供が出来たんだ。

あの方、現場から営業部へ・・・。

次号を楽しみにしております。

(トミー拳の近況報告です・・・)
「週3回は山武市内で少林寺拳法の指導に・(月)往復、・(火)往復、・(金)往復しています。」

月1回以上は・・・日曜練習も往復しています。

「1時間に1本となった総武本線。(千葉~松尾間)

通勤ならぬ通道場のJRの定期拳は年間約21万円。10分刻みに動く電車も1時間に1本の列車も定期代金は同じです。・・・なんて不公平な金額設定なんだろう?

サービス頻度のファクターを計算し定期代金を算出して欲しいです。

(はなしがそれました)「道場では孫のような少年・少女拳士と戯れております」

(道場は)幼稚園のようだったり、中・高生の語り場のようだったり、熟年ホームのようだったり・・・門下生40名弱が汗を滲ませております。

猛暑が続いております。

南では大豪雨災害、関東では竜巻?・・・温暖化の影響なのでしょうか。

皆様、ご自愛を・・・。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より(拳のつぶやき)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月27日 (月)

497)◆世も、人生もギャンブル

 アメリカの金融破たんから、また思いを新たにした。

やはり経済はギャンブルに近い。ギャンブルそのものだと云われる専門家もいるようだ。

(一例)石油に投機で価格上昇・・・。先日起こった。

次は金融を商品化して・・・結果は100年に一度の経済危機。(この100年に1度も眉唾かも?)

単発的には(世界で)起きている。(おそらく)

この100年・・・云々は、世界のどなたがシナリオを書いているのか?。

戦争もギャンブル。太平洋戦争に突入に待ったをかけた山本五十六元帥?。

彼も大のギャンブル好きだった。勘と勘のネットワークが脳の中に出来上がるのだろうか。作戦は=データ+勘ピューター。

ネズミ講とまではあからさまでないにしろ・・・近い経済の海、海。

エコ車だからといって車生産が増えると製造過程でかなりの二酸化炭素を放出する。(現在、エコ車の生産が間に合わないらしい)

炭素商売も順繰りに押し付けていき(国から国へ)最後の最後は地球に付けが廻らなければ良いが・・・。それは世界中の人間に影響を与える。

国という生き物は国民に夢を見させながら引っ張っていく。

総選挙の公約も(マニュフェスト)・・・どんだけ国民に夢を一時でも見てもらい政局を乗り切ろうとする。

政局では国と暮らしは二の次に・・・。アーメン。合掌。

宗教も思想と思想のバトルロイヤル?。

テロで流れた涙と血は凄まじい!!。本当に悲惨だ。

少林寺拳法は、「・・・我々は~協力一致して理想境建設に邁進す」

(練習、稽古、修練、修行)それぞれのシーンで毎回奉唱する。(本当です)

まだまだ書きたいがこの辺で終わります・・・。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月26日 (日)

496)◆未来の選挙

この8月30日に投・開票が行われる。(衆議院選挙)

・将来の1・・・今の選挙システムに代わる方式は無いものだろうか?

(毎回、1/2弱の未投票の人達がいる!)

(その人達の意見は何処に反映されてるのだろうか?)

・将来の2・・・半強制的に投票するシステムに変えた場合は・・・不都合が起こるのだろうか?

(・・・すると、自民党の延命機構が破綻してしまう?)

・将来の3・・国会討論形式も新たな仕組みを作れないのだろうか?

(世論調査や支持率の重みが増してきている。TVの視聴率と何処が違うのだろうか?)

・将来の4・・・国会議員に選ばれてから、ある種の試験をして世間に公表して貰えないのだろうか?

(ちょっと厳し〜いかな?。)

・将来の5・・・総理大臣の公募方式は出来ないのだろうか?

karaoke政治がよく解らないトミー拳の「五つの将来」のお願いkaraoke

拳法の「当身の五要素」ならぬ「政治改革の五要素」。(失礼)

皆の衆、投票には行きましょう。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)?

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月25日 (土)

495)◆道院長の私的メモ

(忙中閑あり)・・・練習の合間や5分休憩でショートミーティング。

道院長の私的メモでミーティング。(むこう数ヶ月間の・・・)

先日の2日間の行事も無事クリアーし、心身共に少しリラックスしたところで幹部諸氏の頭を借りたくて、ひそひそと話す。子供たちの騒音で聞き取りにくいが・・・。

ーーーーー

<8月>ー昇級試験予定は7名。(幼年も含む)

ー部内発表会が21日。 -夏休みが1週間入る。

<9月>ー昇級試験予定者は3名。(一般含む)

<10月>ー二段の昇段試験数名。(25日)

<11月>ー1日が東総地区大会。(横芝の高校)組み合わせが出来れば   全員参加。

ー昇級試験予定者は4名。(一般含む)

地区大会の規定演武の絡みで昇級すると新たな規定の演武習得が突如登場することになる。

東総地区大会の華?単独演武の出場条件は”小学3年まで”、”帯は白と黄色”、緑帯以上は出れない。

・・・「先生、この拳士は6級になると単独演武に出れないですね」

・・・「うーん、組む相手もいないしな~」

どうする・・・。どうする・・・?。

・・・「先生、あの子、小学6年生です。初段は?相手は?」

・・・「彼と組ませたら?」。。。。。「彼はまだ4年だよ。初段は5年生以上だ!」

道院長の私的メモ(頭の中のメモも含む)はブログに書けないメモだらけ・・・。

幹部諸氏の頭脳が同じ方向を向いて頂きたたくて(忙中閑)のショートミーティングでした。

追伸:「よし!あの手を使おう・・・と独り言」 シーッ~。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月23日 (木)

494)◆税金のお返しについて

千葉市納税課から封筒が届いた。

市民税の追加納税!と思いきや「お返しします」、いい響きです。

三期と四期の計49800円と還付加算金1500円、合計51300円

・・・7月31日までに口座振込み用紙を返信要。(期間が短いナ!)

・・・納税課 管理係さん、計算間違えたのかな?

まあ、頂くものは文句は言わずにOK。

?年度末の確定申告で相当戻ったんだけど?。。。。。。moneybag

差出人は、千葉市長 熊谷俊人 (日本最年少の市長

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月22日 (水)

493)◆技法の絵画

素敵な絵を頂きました。

ありがとう御座いました。額に収めて道場に飾ります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

1231737855_119

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

流れるような柔法の線がとても良く表現されています。

体格とヒゲの具合は・・・やはり少林寺拳法創始者 故 宗道臣先生だと思いたい。

投げられているモデルはどなたでしょうか?

瞬時に投げられ・・・。体の回転が青い光を放つ・・・。

僕もこんな絵の様に投げてみたい・・・。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年7月21日 (火)

492)◆合宿・・・それは稽古祭り

4歳~62歳の稽古祭り、27名。

それは・・・日帰り合宿。(トミー拳の造語です)

<また、また日記の間隔が空いてしましました。すみません。>

7月19日~20日の二日間。合宿の会場は道場でした。

日帰りでも・・・宿泊以上の成果は期待して臨んだ。9時から17時まで。

計画は例年よりも緻密に示すが、かんかん照りなら道場の室温は38度まで上がる。(shock)計画はすぐに変更される。計画は天候次第・・・。

小・中・高校とも夏休みに入った翌日の合宿です。時期的なタイミングは良く、参加者は多かった。

自前道場の地の利?を生かし・・・「参加費は一人300円」。

・拳士・保護者の皆さんに宛てた報告をメールからご推測を・・・。sweat01

ー^-^-^-^

(配信メール)

■合掌

報告と連絡です。

2日間の日帰り合宿も無事に終えることが出来ました。(皆さんのご協力に感謝致します)

両日共、朝9時から17時までぎっしりの予定を、暑さも跳ね除け・・・笑いと歓声。
ちょっと緊張感も漂う2日間でした。(19日は27名。20日は25名の参加でした
。)

暑い日中でしたが、コンビニ24hoursまでは皆で徒歩でGO・・・shoe。(自立!)

店長さんの説明を受けながら、拳士間からの質問も複数でました。(子供達の目は真剣でした)

そして、300円以内の自由な買い物、レジスターも各自が打ち、緊張な中にも笑いと新な発見が見え隠れする課外授業?でした。

スイカ割りで大歓声。そして道場内でスイカをさくさくと食し、かなりの水腹?。

当然、両日共鎮魂行と作務と稽古はしっかりと行いました。

そして学科、初々しい高校生拳士達の講師役と幹部とOBさんの講師も、なかなかうまいものです。(難なくこなし感度良好)

複数のゲームを数ヶ所で実施。すごい大歓声です。ご近所に配慮し道場の窓ガラスも一時的に閉めました。(暑い!33度、安全管理には神経質なほどに配慮しました)

そして、ちょっと静かに小学生対象の折り紙教室。帽子をかぶったり、紙飛行機が飛び交いました。(かなり集中していました)

別科目の一般部は自主稽古に集中しました。

最後にレクレーションの遊具は、くじ引きで全員に配布。残ったスイカも、冷やしに使ったプールも抽選で・・・。

最後の記念撮影の笑顔が・・・世話人の方々の疲れを癒してくれたものと思います。

本当に、本当にありがとう!。

集合写真は後日お配りします。また私の携帯におさめた写真の中で良く撮れたものは順次個別に送信したいと思います。

会計報告は資料がまとまり次第、お知らせ致します。

追伸:今日は(21日火曜日)稽古はお休みです。(月初の月間予定で連絡済です)

結手

平成21年7月21日
■千葉松尾道院長 ○○○○

P1100640

2009072208200000 P1100632
P1100675









(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2009年7月14日 (火)

491)◆のんびり・・・出来ました。(本山研修会)

本山・本部の研修会(2009年7月11日・12日)

千葉駅から多度津駅まで、移動を含めて2泊3日の"のんびり研修”でした。

(参考:多度津駅は四国・香川県)

精神的には”のんびり”でしたが。

研修内容は”ぎっしり”でした。

(本山・本部)と(道院長・支部長)間の垣根を少~し、低くしようとする研修

の試み、2009年度版バージョンの・・・初め・・・始まり・・・ですかね?(歓迎!)

・・・本山に行く事を帰ると言う。行ってきたなどとは言いません。(ココロとカラダのふるさとに帰るから)

・・・本山に帰山<きざん>する。「修行」っぽいです。(この「修業」もすきです)

ところで、「道院長・支部長研修会」の文言?も、う~ん、ちと硬いですね。

一考あり。(失礼)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年7月 8日 (水)

490)◆少林寺拳法部女子(成田国際高校)

今朝の(8日)出来立てホヤホヤの記事を紹介します。

・朝日新聞、朝刊、09年7月8日、「第2千葉」版に写真いりで500字位の記事。

<新聞の記事>

P1100586 「関東14連覇で全国へ」

成田国際高 少林寺拳法部女子

01年以来の優勝を目指す。

※記事の内容が少林寺拳法の教えと、指導現場が分かり易い記事でした。(鬼澤昌宏先生頑張れ)

------

ーーーーーー

(以下 全文)

 県立成田国際高校の少林寺拳法部女子が関東大会を14連覇し、31日から兵庫県姫路市で開かれる全国大会に出場する。高校で初めて少林寺拳法を始めた部員がほとんどで、常勤の指導者なしで、普段の練習は生徒たちが互いに教えあいながら技を磨いてきた。(写真)

 部員は女子38人、男子6人。練習は週4回、放課後に午後6時半ごろまで。練習は突きやけりなどの基本動作から始まり、技を組み合わせた「演武」や段位の取得試験に向けた練習などをしている。

 動作ごとに、前後に並んだ部員同士が互いの技で気がついたことを教えあう。1年生が3年生に教えることもあるし、有段者が段のない部員から教わることもある。

 91年に同高に着任した鬼澤昌宏先生(48)=現・県立高校体育連盟少林寺拳法専門部委員長=が創部した。女子団体で01年の優勝をはさんで99年から7年連続で全国3位に入る実力高に育て上げたが、01年に県立下総高校に転出。その後も週1回程度、教えに来ているが、練習の大半は部員同士で教えあう独特のスタイルになった。現在、顧問3年目の秋葉隆先生(41)は顧問を担当するまで少林寺拳法はみたこともなかったという。

 全国大会に出場するのは選手8人と補欠2人。主将の3年高橋奈津子さん(18)は「少林寺拳法は高校に入ってから。先輩、後輩に関係なく教えあっている姿がよくて入部しました。技だけでなく、人のためになることに大切さも学んでいます」と話す。

<記事終わる>

ーーーーー

ーーーーー

トミー拳の感想です。・・・文字のマーカー部分がとても可愛いです。

合掌。・・・・・そしてみんなで”頑張れ”の”合唱”!

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 山武市松尾町の道場

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2009年7月 7日 (火)

489)◆支部を持ってみませんか!

(7/7 15:09 一部改定)

県連での新設支部数は長く・・・微増です!。

拳士数の増も微増です。

・・・「県内の支部数を増やしたい」。

県連責任者が就任当時からの願いです。

ーーーー

支部長をやってて良かった!!。

そんなウェブ日記が目に留まる。それは、”少林寺拳法浦安スポーツ少年団”の支部長さんです。

^^^^^^^

^^^^^^^

▽(日記、紹介)・・・そのまんまの掲載。なお一層の支部発展をおいのりいたします。<掲載の了解を得ております>

ー^-^-^-^-

ー^-^-^-^-
本日は支部から二番目の昇格祝いで美味しいお酒をたくさん頂きました。
当支部からも開設から1年半有段者が2名輩出されました。

新設当初は5名の所帯です。

現在所属人数30名。
私のような若輩者でも何とかやっています。

5段以上の拳士の皆様、様々な事情があると思いますが、自分の支部を持ってみませんか?
私は今、同志に囲まれ充実した日々を過ごしています。

ま、占有道場と言うハードルは無理でも、週一の修練でもきっと来てくれますよ。
私などより魅力のある高段者はたくさん居ますよね。

どうですか?周りの環境が邪魔しますか?
きっと出来ますよ。何とかなるものです。

そうそこの貴方、そうですよ貴方の魅力は、これからの拳士に多くの魅力を与えます。





そうは言っても色々事情もあるのでしょうけどどうですか?
今一度考えてくださいね。

だって勿体無いじゃないですか?
貴方は少林寺拳法のこれからの拳士のための財産なのです。

酔っ払いの戯言です。ははは

ー^-^-^-^

ーーーーー

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月 5日 (日)

488)◆武専でハグ

本日(5日)は千葉県武専でした。

6月の武専が28日。(千葉県大会が21日。)

1週間後の本日が7月武専でした。(・・・武専のはしご?)。

(自分の)
治りにくい右手首の捻挫症状にテーピングを硬く巻いたらやる気が出てきた。

午前は昇段試験の審査。全員大学生の二段。

・・・うんうんと頷きながら審査ができた。

・・・本日の審査は快晴なり。・・・まあまあ良かった。

3大学のカラーの違いが勉強になった。(社会人になっても続けろョ!少林寺拳法!)

指導者の姿勢をそのまま写し出す学生さんです。

些細な技の勘違いと思われる指摘を少し残し解散した。(お疲れ・・・)

またまた、先週に続き、弁当”もぐもぐ”の支部長会議。

ーーーーー

さて満腹でゆったりとした頃、午後からは実技の時間。

出張講師の先生が基本の動きを丹念に指導してくれている。気合の発生音?が少〜し気になった。(失礼)

技法の指導も優れものです。どんどん技を深めていって提供してくれる。

^^^^

突然のサプライズです。

・・・顔の無かったハンドルネームさんの顔が数人登場。

(休憩時間に)
・「言葉でハグ」

・「目でハグ」

・「技でハグ」

・「後姿をハグ?」

・「昇段祝いを言葉でハグ」

(追伸:抱き合った人はいません。)

ハンドルネームとイメージの乖離はゼロでした。「ありがとう!」

ーーーーー

・今週の週末は本山です。(金・土・日)。

・来週は日帰り合宿です。(日・祝日)

「楽し・忙し」・・・が続きます。

これも「ありがとう!」です。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年7月 3日 (金)

487)◆審査員のノート

国際ピアノコンクールで優勝した盲目のピアニスト。

その辻井伸行さん。今夜(2日)NHKTVで放映された。(19:30~20:00)

ピアノのことは良くわからないが・・・

そのコンクールで審査をしたドイツ人の方の審査裏話が印象に残った。

その審査員はA4ノート1ページにコメントを書き点数を書く。

ところが辻井さんの審査ノートにはコメントがなく曲名と点数だけの白いノートだった。

ページが画面にもうつしだされた。

その審査員は言った、「辻井さんのピアノ名演奏に聴き入り、ノートを膝に置いて聴いた。」と・・・。他の演奏者の審査ノートにはぎっしりと書き込みがあるのに・・・。

審査を忘れるほどの名演奏だったのでしょう。

少林寺拳法の演武審査でも、1構成を見ただけで嬉しくなる演武が数年に一度は遭遇する。

全国大会では、これはと思う演武を観客席から採点をしてみる、以前京都の支部の演武で100点が出るかな・・・98点でした。

今夜のTVでドイツ人の審査員の気持ちが嬉しかった。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年7月 2日 (木)

486)◆「DVDをありがとう」、全国大会・・岡山

28日(6月)の県の支部長会議で配布されたDVD。

なんと無料配布です。40分の長編です。

岡山の全国大会の内と外の記録を織り交ぜて収録されている。

演武あり、前夜祭あり、アトラクションあり。

・・・これが、なかなかの優れものです。

たまに、TVで放映されるドキュメンタリー番組よりも良い。

早速、29日・30日に全員で道場で見てもらった。

圧巻は家族の一人が少林寺拳法の門を叩き、家族間に広がって行く姿が自然に表現されている。

また横浜の主婦の方の(拳士の)団体演武で全国大会に出場するまでになった話も飽きさせなかった。

・・・リーダー役がいる様ないない様な、全員が同じ方向を向いていたんでしょうね。

少年部も(幼年も)少し飽きたようだが普段のDVD鑑賞よりはかなり長めに観てくれた。

岡山県少林寺拳法連盟の実行委員の方、本当にありがとう御座いました。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年7月 1日 (水)

485)◆日記と日誌・・・ブログ

「ブログ」の書き込みは空けても携帯手帳には、毎日しっかり記録をメモる。

・・・(健忘症対策?)と(人に騙されないために?)。

pencil(未来メモ)を書きたいと思って買った手帳ですが・・・”ちまちま”と結果メモばかりの記載です。

広辞苑より
日誌とは:「団体・組織のなかで、毎日の出来事や行動などをしるした記録」またはその帳面とある。

日記とは:日々の出来事や感想などの記録。古くは「土佐日記」などが著名。
一般に日誌よりは私的・個人的。
ーーーー

・・・「航海日誌」。

・・・「交換日記」。

・・・♪「小さな日記」は名曲だった。(古い唄ですみません。)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)?

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »