« 499)◆変化を見逃さない | トップページ | 501)◆司馬遼太郎と村上春樹 »

2009年7月30日 (木)

500)◆子供等に「修行」の解釈

 「修行」の意味を少年部(少女)に説くのは難しい。

おさめる(修)、ぎょうずる(行)の意味が分からないと思う。

こんな説明をしてあげたら、子供らの目が少し光った。

(説明)
・・・道場にもサッカー少年はいる。例えとしては分かりよいだろう。

「サッカーをやっている人手をあげて下さい。A君が挙げた。」

「A君、サッカーをして修行をしています、とはあまり言わないね?」

「もしA君がサッカーが上手くなりたくて、外国へ練習に行ったとする」

「・・・するとそれは、サッカーの「修行」にいったことにならないだろうか?」

A君が「・・・頷いた」。今ここを修行の場にする。それは道場。

追記:当ブログは毎回修行のつもりで・・・。

何とか500回目を迎えることが出来ました。

苦と楽の入り混じった500回でした。ありがとう御座いました。

少林寺拳法は水の如くあらゆる場所に流れ込む。初めに習う技法は「流水蹴」・・・。技も水の如くスタート。教えも水の如く人々の間(人間)に染み込んで行く。深く、深く。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

|
|

« 499)◆変化を見逃さない | トップページ | 501)◆司馬遼太郎と村上春樹 »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

一寸拳士さんへ

コメントありがとうございます。

なんとか500回を迎えることができました。
道場での指導の中での気付きが・・・書きたくなり、そして自分の反省だったり、次の一手だったりして・・・います。
これからも宜しくお願いいたします。

投稿: トミー拳より一寸拳士さんへ | 2009年7月31日 (金) 11:36

磯母さんへ

コメントありがとうございます。
私がこの年齢から下唇を噛んでしまいそうな「ブ・ロ・グ」始めるきっかけは磯母さんのブログを拝見してからでした。

何度か教わりながのスタートでした。
続けられるようにと・・・頃良く、コメントも頂きました。ありがとうございました。

追伸:ブログで気持ちが若くなったようです。happy01

投稿: トミー拳より磯母さんへ | 2009年7月31日 (金) 11:25

500回更新おめでとうございます!!
家族間でのPCの取り合いに
いつも敗北しているので、時々ご無沙汰になって
しまいますが、
トミー拳さんの言葉に助けられ、
励まされたことは一度や二度ではありません。
これからも自分勝手に
励ましを頂きに訪問させていただきます!!

投稿: 磯母 | 2009年7月31日 (金) 10:03

おめでとう御座います。

修行に限らず、少林寺拳法で用いられる言葉を子供等に理解できるように話すのは、なかなか難しいですね。

ただの習い事で終わらせてしまうのか、行として取り組ませるのか、内容は同じであっても気持ちの持ち方により、それは大きく違うものだと思うのです。

それは子供等だけでなく、大人でも同様だと思うのです。

投稿: 一寸拳士 | 2009年7月31日 (金) 09:17

雫さんへ

コメントありがとうございます。
毎回訪問して頂きましたありがとうございます。
タイミングの良いコメントに励まされております。
少林寺拳法の法縁の広がりは宝ですね。

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2009年7月30日 (木) 22:39

500回更新、おめでとうございます。
いつも拝見するのを楽しみにしています。
(なかなかコメントできずにおりますが・・・)

これからも、どうぞ頑張ってください。

投稿: 雫 | 2009年7月30日 (木) 22:24

若井りおさんへ

コメントありがとうございます。
皆さんのコメントに支えられ500回を通過できました。
これからも宜しくお願いいたします。

少年部の拳士から勉強材料をたくさん頂き、この日記の原動力にもなっています。

幅広い年齢層の道場です。老若男女が集える道場にしていきたいと思います。

投稿: トミー拳より若井りおさんへ | 2009年7月30日 (木) 16:07

500回更新、おめでとうございます。

今の時代の子供達に修行と言う単語の意味を、
教えるのって難しいですよね。家でも言葉の意味を教えるのに
分かりやすく説明って難しいです。

これからも、ブログ頑張って下さい。

投稿: 若井 りお | 2009年7月30日 (木) 09:48

有秋さんへ

コメントありがとうございます。
毎回ドキドキしながら更新しています。

少し茶化したり、大真面目だったり。すみません。
皆様のコメントに支えられています。

基本的には少林寺拳法の素晴らしさを伝えたくて書いています。
少林寺拳法を支えるのは一人ひとりの力です。

ブログの世界はまだまだ力を発揮できる媒体なのでしょう。

市民権が濃くなる事を祈りながら501番目に進みます。

(合掌)・・・一歩踏み出したくなったトミー拳より。結手。

投稿: トミー拳より有秋さんへ | 2009年7月30日 (木) 09:29

ブログ500回更新、おめでとうございます。
確かに、修行ですね。私には、まねできませんが、せめて、週一ぐらいは、日記更新しようと思います。

此れからも、お考え等、お教え頂き、参考にさせて下さい。

投稿: 有秋 | 2009年7月30日 (木) 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/45776016

この記事へのトラックバック一覧です: 500)◆子供等に「修行」の解釈:

« 499)◆変化を見逃さない | トップページ | 501)◆司馬遼太郎と村上春樹 »