« (411)◆骨・筋肉・皮膚・そしてスジ・・・ | トップページ | (413)◆心の筋肉を鍛える »

2009年1月26日 (月)

(412)◆「略」ありきの拳法

少林寺拳法の教えは難しい、、、難解だ・・・

”老若男女”が出来る少林寺拳法・・・

”勝たなくても良い、負けなければ”の少林寺拳法・・・

”少林寺拳法は相対評価ではなく絶対評価”・・・

この三つだけでも、エッー、「格闘技に近い武道ですよね?」

自分の中での納得できた解決感が・・・

それは、「」ありきの拳法だったのかな~と思った。

すると上記の三つの説明が楽になる。

拳の三要は 「技・術・略」

トミ拳、流は・・・「・技・術」、で頭の中を整理・整頓して見た。

すみません勝手な解釈ですが。これも呟きでした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

^^^^^

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« (411)◆骨・筋肉・皮膚・そしてスジ・・・ | トップページ | (413)◆心の筋肉を鍛える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/43860022

この記事へのトラックバック一覧です: (412)◆「略」ありきの拳法:

« (411)◆骨・筋肉・皮膚・そしてスジ・・・ | トップページ | (413)◆心の筋肉を鍛える »