« 373)◆殺陣(たて)の美学 | トップページ | 375)◆桐花大授章(とうかだいじゅしょう) »

2008年11月23日 (日)

374)◆手遅れになる前に

厚労省の、もと事務次官の殺傷事件が2件続いた。

厚労省を標的にしたテロ事件?と新聞やニュースで流された。

厚労省OBは震え上がる事件だ。

まだ年金問題も長引いている。大衆を安心させるような策はなさそうな気配だ。

東金市事件もまだ犯人があがっていない。

今回の事件の解決は長引くなと思った矢先、昨日一人の男が署に出頭した。

殺傷事件の証拠品を持参し出頭した。いまは容疑者だが犯人の確立は高い。

顔をしっかりと上げて悪びれた態度が見えない。

以前から・・・殺すのは「誰でも良かった」の殺人事件が続いている。

それぞれに事件の動機はあると思われるが根には社会に対して、殺人行為をしているような事件なのかも知れない。

開祖語録(少林寺拳法創始者)に、「社会に負けるな!」の言葉が頭をよぎる。

”自分に負けない事”と”社会にも負けない事”。この二つは切り離せない。

国も、地方自治体も、メデアも、大衆に生きがいを与えられる社会構造を築いて欲しい。

昨今の情報過多では・・・すべて個人の努力のみに委ねるだけでは犯罪は減らない!

増築国家から〜新築国家を構築するためにも、総選挙には”しがらみ”を捨てて、真剣に清く公正な1票を全国民が投じないと手遅れになる。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

^^^^^^^^

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 373)◆殺陣(たて)の美学 | トップページ | 375)◆桐花大授章(とうかだいじゅしょう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/43202450

この記事へのトラックバック一覧です: 374)◆手遅れになる前に:

« 373)◆殺陣(たて)の美学 | トップページ | 375)◆桐花大授章(とうかだいじゅしょう) »