« 364)◆(死去)三ヶ月前講話「CLIP」 | トップページ | 366)◆小室哲哉事件に思う »

2008年11月 3日 (月)

365)◆道場は”総合研究室”

道場を”総合研究室”にしたい!

”総合格闘技”という言葉は何時ごろから使い始めたのだろうか?

・”異種格闘技”も何時ごろから使い始めたのだろうか?

・”愛している”の言葉は何時から使い始めたのだろうか。

(一説によると、ある小説から始まったようだ。)

・”不倫”の言葉もあの小説が仕掛けた。(小説:失楽園)

・”キスをさせよう”・・・とまではあからさまには言わなかったが、かのドラマが仕掛けた。(そのシーンのドラマが多かった時期だ・・・)

^^^^^^^^
影響過多の人達か?、一時(いっとき)、電車内でもキスシーンが見られはじめた。・・・しかし日本国の風土には受け入れられづ影を潜めた感がある。

ほとんどの企業も各種団体も”新製品”をつくらないと、伸び止まりになる。又は倒産する。

”営業スポーツ”?も”営業武道”?も同じである。最近は新製品の乱売の様相である。(それは大衆が同船してはじめて”船”になる)

巷では”営業宗教”?も氾濫している!

我が道場は新製品とまではいかないが、新しい試みの試行錯誤を繰り返しながら細々と沈没せず”松尾丸”は航行している。

”リーダーシップの技” ”生きるための技” ”いじめから逃れる技”

”集中できる技” ”他者を思いやる技” ”平和を願う技”

少林寺拳法の技の習得伝授の過程に・・・凄い金脈がある。そして少林寺拳法の道場を”総合研究室”にしたい。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 364)◆(死去)三ヶ月前講話「CLIP」 | トップページ | 366)◆小室哲哉事件に思う »

Ⅴ.風景」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

江原さんへ

コメントありがとうございます。
午前中に少年部で午後が両優界の丸一日の稽古は久々でした。
中学生の参加もあり、四段受験のサポートが弱くなりました。

また12月の両優界には参加して下さい。
皆で技を工夫しながら何かを発見していきたいですね。
今回は良いメンバーが集まりましたね。
ありがとう御座いました。

投稿: トミー拳より江原さんへ | 2008年11月 3日 (月) 20:54

昨日は、どうもありがとうございました。

約十ヶ月半ぶりに、稽古を堪能することが出来ました。

自分自身が思った以上に身体が動ける事にびっくりしました。

それだけに、セーブしながら稽古しなければ、後で体調に跳ね返ってきてしまうので気をつけていきたいと思います。

両優会、私は二回目の参加でしたが、基本ベースから離れて技をやってみる機会はなかなかないので、応用力を身につけるとても良い稽古でした。

また、よろしくお願い致します。

投稿: 江原 | 2008年11月 3日 (月) 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/42985586

この記事へのトラックバック一覧です: 365)◆道場は”総合研究室”:

« 364)◆(死去)三ヶ月前講話「CLIP」 | トップページ | 366)◆小室哲哉事件に思う »