« 356)◆「後の先」と事件 | トップページ | 358)◆やる気の連鎖(脳快感)? »

2008年10月23日 (木)

357)◆「袖巻」は投げる技?

門下生からこんな質問がでた。

(門下生曰く)
「少林寺拳法教範の中で、開祖宗道臣先生の”袖巻”の写真は投げていますが。」?

写真は・・・確かに投げています。完全な形で投げ飛ばしています。

普段の稽古ではS字形にして床に沈めている。

教範の写真の様に投げてみようということになり何度か試しながら楽しんだ。

なかなか上手く行かない。でも20%くらいは出来ていましたが。coldsweats02

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

^^^^^^

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 356)◆「後の先」と事件 | トップページ | 358)◆やる気の連鎖(脳快感)? »

Ⅵ.道場」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

拳法一代さんへ
そうですか。ありがとうございます。
崩しも痛みや怪我が少ないメリットがあり大分広がってきております。
大会等では審判の採点にも微妙に判定が分かれている様に思われます。

投稿: トミー拳より拳法一代さんへ | 2008年10月24日 (金) 08:41

>逆小手の内拳頭を攻めると方法は・・・思い出せません。

そ、そうですか・・・
それでは次回のミク練習会の際にでも
一休さんグループ?に(他にもあるので)
伝授して置きますhappy01

崩しを掛けて捕る以前に有効な方法が
あるので安易に崩しを重視しないように
すべきだと私は最近、思っています。

投稿: 拳法一代 | 2008年10月24日 (金) 08:32

拳法一代さんへ
コメントありがとうございます。
逆小手の内拳頭を攻めると方法は・・・思い出せません。逆小手も沢山の攻め方がありますね。
最近は掛け手と捌き手の関係を自分なりに変えてみては楽しんでおります。

投稿: トミー拳より拳法一代さんへ | 2008年10月24日 (金) 07:51

逆小手は本来は大拳頭を攻めて・・・
ですが私は時々、内拳頭を攻めて
掛ける方法を用いています。

逆小手が流れた際に
これを使うようにしています。
攻める方向などは文にならないので
割愛しますがトミー拳先生なら
想像が付くのではないかと思います。

攻める方向によって下に落とす事も・・・
斜めに攻めれば転がす事も・・・
足、体の捌きを使えば投げる事も・・・

お試し下さい。

ただし痛いので何回も反復練習は
出来ないと思いますが・・・bearing

投稿: 拳法一代 | 2008年10月23日 (木) 21:54

まんじ丸さんへ
コメントありがとうございます。
片胸落や略十字で投げるの難しいのでしょうね。
逆小手も送小手も閂系に思えてきました。

>要は、閂系や木葉系の極め方で行っているだけみたいです。

納得です。まだまだ柔法の世界は楽しめますね。

投稿: トミー拳よりまんじ丸さんへ | 2008年10月23日 (木) 21:30

角端さんへ
コメントありがとうございます。
柔法の「掛け手」と「捌き手」の関係にまだ改良の余地があるように思います。
・・・あの逆小手は、小指を攻めながら閂が極まっていた様な気がしています。(まだ未完)

投稿: トミー拳より角端さんへ | 2008年10月23日 (木) 21:20

片胸落で投げている写真を見て、師匠に聞いてみたことがあります。
お山では、開祖に片胸落や十字小手でも投げられたと言うとりました。

私が所属する支部では、略十字小手は3種(3方向)教えてます。
投げ(倒し)、落し(倒し)、居着かせ(イスの場合。立姿勢では後ろ倒し)

要は、閂系や木葉系の極め方で行っているだけみたいです。
中高生以上には、たまにそんなのを教えてます。

投稿: まんじ丸 | 2008年10月23日 (木) 13:12

なんと。でも確か送小手でも開祖は投げられていたような気が・・・。
だとするとS字系の技って投げも出来ると解釈していいんでしょうか・・・?

投稿: 角端 | 2008年10月23日 (木) 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/42871498

この記事へのトラックバック一覧です: 357)◆「袖巻」は投げる技?:

« 356)◆「後の先」と事件 | トップページ | 358)◆やる気の連鎖(脳快感)? »