« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の25件の投稿

2008年8月29日 (金)

323)◆朝方の大花火

デカイ花火のような雷で起こされた。

thunder稲妻を見ようと思いカーテンを開けたが見れずに終わった。

早めに通過した大花火。

ニュースでは洪水災害の模様が放映されている。

特に東海地方は被害甚大。かなり広範囲に被害が発生している。

・・・今日は練習日だ。

総武本線の八街近辺には洪水が起こりやすい。

・・・ノロノロ運転も覚悟で拳法出勤。帰宅列車が不安。

 (行きはよいよい帰りは怖い)、にならない事を祈りながらの出勤。

   □    □

29日の”語録カレンダー”を黙読。さあ”気合出陣”!。

pen開祖語録カレンダーpen
「我々は、すぐれた人間にまず自(みずから)らをおこうではないか・・・。」
「そして周辺にもいい影響を与えようではないか。」

ーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年8月28日 (木)

322)◆よい子が危ない!

少林寺拳法の会報9月号(’08年)の2~3ページ。

長田百合子氏(おさだゆりこ)は「いじめ、非行、自殺と子供達の取り巻く環境は、問題視されながらも、何一つ解決に向かわない。むしろ悪化している」。

そして、彼女は警鐘を鳴らし、「”このままではよい子が危ない!”」

・・・よい子が危くなる状態にまで悪化しているのだろう。

体をはって2000組以上の問題のある家庭を救ってきた実績に、説得力がある。

経験からの言葉・・・「家庭の序列が、お子様、お母様、封鎖状態のお父様。これを、父親、母親、子供の順に序列変えたら、2000組以上の問題がいとも簡単に解決した!」

  □   □

「今の親は子供に好かれようとしすぎている。」

「尊敬される親になるのが務めだと長田さんは話す」

(終わりの10行・・・)
「子育てとは、人様には絶対に迷惑をかけてはならぬと教え、一人で生きていけるだけの智恵と力をつけてやること。そして、子供と別れる手段にすぎないのです。20歳をすぎた子供の本当の幸せは、親の元にはありません。人様からいかにかわいがられ、いかに教え助けていただけるかにかかっているのです。」、と結んでいます。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月27日 (水)

321)◆思考する身体

新聞の書籍の紹介記事が目に留まった。

思考する身体・・・。 著者:東大・佐々木正人教授(書名:時速250㎞のシャトルが見える)

これは身体と環境の関係に焦点をあわせた本。インタビュー集。

・(走る)「地面を蹴るのでなく押すのです」-陸上100㍍の朝原宣治選手の言。

(ボート)オールを水に入れる感覚を、「豆腐に包丁を入れる感じー武田大作選手の言。

(鉄棒)から飛び出した時、「床を見て高さや位置、姿勢、いろいろなものを確認して、いつもと違う見え方を確認する」-体操、鹿島丈博選手の言。

・(バトミントン)「コートを平面で6分割、高さで3分割、さらに相手2人の体を加えた20分割で空間を意識し、相手が打った瞬間にもうアウトだなとわかりますー潮田玲子選手の言。

(・・・さながら、3次元映像のシュミレーションシステムのようだとー著者の言)

  □    □

著者は選手に執拗に競技中に見ている場所を尋ねたと云う・・・。

まとめ
「選手は一挙手一投足に連動して環境を把握し、これから起きる過程が凝縮されたポイントを捕まえている」ー著者の言。

・・・少林寺拳法の技の習得にも大きなヒントとなる選手言葉を集めてみました。

・・・精神と身体を極限にまで鍛えぬいた選手達の言葉には重さを感じた。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月26日 (火)

320)◆技は世につれ、世は技につれ

歌は世につれ、世は歌につれ・・・

不謹慎なタイトルのようですが。いたって大真面目です。

「歌は(流行歌は)世相を反映して移り変わるものだが、世の中自体もその時その時の流行歌の影響を受けて変化するものだという事」---辞書より。

少林寺拳法も誕生して61年目に入る。

少林寺拳法が誕生した時代は、敗戦の混乱期の時代だった・・・。

日本の復興に燃えた若者集団の時代・・・。

奇跡の経済発展の時代・・・。

そして今、高齢化社会に突入の時代に・・・。

技も、教えも、その時代の波の中で、揉まれて、もまれて・・・発展してきた様に思える。

・・・正念場だぜ、少林寺拳法!。右往左往しないで・・・喝!。

(※喝(カツ)=悟りを導くための一種の叫び声。)

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月25日 (月)

319)◆イントネーションの力(ちから)

今、はやりの「○○○力」・・・もじって「イントネーション力(りょく)」。

毎回行う鎮魂行。小学年4生くらいから主座、打棒をやってもらっている。

小学生にはあまり注文は出さないが、中学生の主座にはうるさく指導する。

言葉の”イントネーション”、そして大切な”間”のとり方の方法を・・・。

(間がないのは「間抜け」と云う)

今日は休憩時間を削って話してあげた。納得した顔が沢山見えた。(出来た!)

  □   □

子供達が好きな怖い話を例題にして話した。

同じ怖い言葉のストーリを単調に話すとちっとも怖くない。

ところが、”間”を十分に取り、思い切り言葉に”抑揚”をつけて話す。

声の”大小”もたくみに織り交ぜて聞かせる。

かなり怖そうな目に全員が・・・変わった。

  □   □

・・・言葉の力は抑揚と間と声の大小により”力”を発する事を知って貰った。

最後に”心”を入れることも大切である。(これは小学生には、ちと難しいかな?)

(さて本題)、「挨拶」も「」もこれと同じと云う事を言いたかった。

次回の鎮魂行は・・・いい響きに変わるかな。期待してしまう。karaoke

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

ーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月24日 (日)

318)◆五輪の風景

北京のオリンピックの主会場・・・「鳥の巣」

命名権が売りに出されている。米ドルで数億円だそうです。

買い手も何社か出ているようです。・・・コカコーラボトラーズにスポーツ関連企業に決るかも?。

「鳥の巣」の構造設計を担ったのは日本人の菊池宏さん(35歳)。

彼は小学4年の時に、自宅改築で自分の部屋に梁が突き出ていた。

「なぜこんな部屋が出来たの?」・・・がっかりして建築家を目指したそうです。

^^^^^^

五輪も終わりに近づいた。五輪の花(華)にマラソンで最後をしめる。

戦いでの勝利を伝えるために走った「マラトンの戦い」。

・・・マラトンからアテネ間を走り勝利を伝えたと言う、マラソン。

「五輪の花」と云われる所以(ゆえん)かもしれません。

^^^^^

「スポーツの祭典五輪(オリンピック)」

スポーツの語源は、”仕事から離れる”、”気晴らしをする”事だそうです。

現代の五輪(オリンピック)は・・・スポーツの祭典と言えるのでしょうか?。命がけです。

野球の星野監督さん曰く「金メダルを命がけで云々・・・」。

・・・銅も逃して、どうも!。(親父ギャグです)

「監督!」メダルなんかなくてもいいのです。

ドラマをつくってくれたのですから、それで十分。

五輪の原点はメダルの数を「競う」・・・「競技」ではないのですから。

^^^^^

先の先のうんと先の時代には・・・メダルがなくなり、真に競技を楽しむ時代が来てくれたらいいな〜。

そしたら、地球上から戦争がなくなるかも知れません。

・・・それは何百年後でしょうか? 何千年後でしょうか?

オリンピックはルールーに則った、血を流さない戦いだからです。

^^^^^^

・・・その祭典の原点を復活させましょうよ、メディアの力で。

(でも五輪の経済効果が日本だけで6〜7000億円、でもアテネ五輪より数パーセント少なくなって様です)・・・メデアも必死です。

少林寺拳法の大会に「競技の部」と「発表の部」があります。

競技と発表・・・もう少し勉強してみます。coldsweats02

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月20日 (水)

317)◆実践?の「技」は”変化技”

昨日の火曜日練習。

柔道の投げに対する練習をした。相手は柔道三段の門下生だ。

お互いが技の研究を楽しんだ。

一瞬の柔道の投げには、現在の指導技(教えるための技)では「襟捕り」や「片胸落」や「上膊捕」は効かない。

殆んどが変形の技になる。3つ位の技がミックスされて効く技になる。

少林寺拳法には”変化技”多いのは、あらためて納得できた練習だった。

(教える立場が、教え、教えられ、の良い練習だった)

-----

・・・こんなことを思った。平素の練習技の技法は、もしかしたら基本技の範疇かもしれない。

・・・変化、なくして有効技を極めることは少ないからである。

・・・剛法の上、中の二連攻撃は、中段突き(当身)を極めるための変化技かもしれない。(当然だの声が聞えそうですが?)

・・・(一例)実践では、「送小手」も最終的には暴漢を天秤固めに極めるための変化と思うと暴漢も沈められる。

(教訓)指導を長く続けていると”掛かったつもり”、”効いたつもり”、”制したつもり”・・・こんな”つもり技”は極力、薄めていかなければならない。

昨日の練習で少林寺拳法の技の素晴らしさを一層深めた。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月19日 (火)

316)◆(道場で)怖い話し

昨日の練習はお盆休み明けで参座拳士は少ない。

当日、メール連絡で、「休ませてください・・・」が数人。

前もっての連絡で、「旅行で・・・休みます」が数人。

人数が少ない時の子供達のセリフは・・・「先生、怖い話をして」。

リクエストに応えて10分位話してあげた。

当然、アドリブでの怖~い話しです。

子供達の表情の変化に応じて、話の内容を変える。

道場のトイレに一人で行けなくなる子供も出るので、「抑えて、抑えて・・・」。

いわば限定乱捕り”風”に・・・。
-----
今回はお盆にちなんでの話を即興・・・ライブ。

(話し)
僕の中学生のとき。夏休み、友達を自転車の乗せ花火を見に行く。
その帰り、急に重くなり振り返るとshock
(この間は身振り手振りで”血”とか”音”か声色の総出演)

・・・その子は数日前に事故で死んでいた。その日布団に入るとスーッと布団がめくれた?。風のせいかな?・・・布団に入るとまた布団が動いた・・・。

道場の照明をかなり暗くして話し、怖さ倍増。

子供達が「お盆だから霊が帰ってきたんじゃないの?」

・・・(子供達は冷静にまとめました!)

追伸:練習もシッカリやりました。休憩時間を利用しての恐怖のコミュニケーションでした。(孫のような少年少女拳士達lovely

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年8月18日 (月)

315)◆少林寺拳法value-up勉強会

・・・・少林寺拳法バリューアップガイドブック持参の勉強会。

以前、少林寺拳法の道院長、部長、監督に送られた。

その本は「少林寺拳法の価値を向上する手引書」?

(表紙名:shorinji kempou value-up guidebook)

9月13日(土)13~15時。船橋総合体育館で行われるとの連絡が当ブロック長から入った。

他の数名の道院長にはこちらから流した。

ウーン・・・・・楽しみ。

少林寺拳法の価値を向上させなければ・・・。

口上だけでは・・・向上しない。(失礼しました) 

ウーン・・・・・向上させたい。airplane

合掌。

(辞書の手助け)
向上は:前よりすぐれた状態に達すること。
口上は:言葉で言うこと、口頭で伝えるj事。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年8月16日 (土)

314)◆こんな名前で良かったら?(技名)

少林寺拳法の柔法系の技は似た名前が多く混同してしまう。

特に五段技、四段技は特にややこしい。

変化、変化で技が高度になったのか。

効きにくい技程、特に枝分(えだわかれ)の技が多く・・・この名前(技)ではイメージ出来ない!!。等、大変です。

5段受験ともなると3級技から数えると241技ある。表技、裏技、攻撃が変わるだけで・・・その×2~3倍はある。すると500技以上。単演や基本技を全部入れたら・・・600技以上。shock

・・・憶える後から忘れて行ってしまいそう!。

ーーーー

(そこで自分流メモ)

「送合掌木葉投」は・・・略式切返投 と呼びたい。

「合掌丁字」は・・・合掌とう骨攻 と呼びたい。

「押閂投(内)」は・・・押閂内肘攻 と呼びたい。

「押閂投(外)」は・・・押閂肘落投げ と呼びたい。

首締め関連の四技もかなりややこしい名前です。

「首締守法十字投」は・・・首絞守法襟十字投げ と呼びたい。

「首締投」は・・・首絞天秤投げ と呼びたい。

「拳締捕」は・・・拳締巻天秤 と呼びたい。

「首絞投表」(五段)は・・・首締の表投(五段) と呼びたい。

まだまだあります。

「袖巻返裏」は・・・袖巻切小手。 「逆袖捕」は・・・上膊裏逆小手。  

「逆袖巻」は・・・巻込み上膊巻。 「逆木葉返」は・・・握手木葉返。

「木葉丁字」は・・・木葉後丁字。と呼びたい。

まだまだありますが、自分流の命名で記憶に留めたいものです。

間違っているかも知れませんので、少林寺拳法教範で調べてください。

追記)来月9月21日に五段受験(会場:本部・本山)を受けられる拳士が千葉県で数人おられるようです。合格を祈ります。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

ーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2008年8月15日 (金)

313)◆犬は飼い主に似る?

茶色のワンちゃん、ミニチュアダックスが家に遊びに来た。

狭いフローリングの床を駆けずり回る。・・・滑りながら走る。

手で招くと、捕まるまいとする様にじゃれながらの一人演技。

2~3分すると落ち着く。

ーーーーー

 最近、散歩犬と散歩人間に話しかけるケースが増えた。

話しかけながら近づいても吠える(泣く)ワンちゃんが少なくなった。

人間とワンちゃんの距離が近くなったからなのか?

・・・「犬は飼い主に似る」、この言葉も頷ける。

 

 近くにいた烏(からす)も1m位まで近づいても逃げない。

・・・動物やペットが人間に近づいてきている。

駅のホームの鳩は餌をねだりに30cmくらいまで近づいてくる。

・・・・人間が動物に近づいているのかな??。(危ない

・・・・動物が人間に近づいて来ているのかな??。(これは進化

でも、これは平和のしるしですかね?。

ーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月14日 (木)

312)◆五輪野球、キューバ戦(少林風採点)

(野球)日本とキューバ戦。2−4で負けた。

五輪の体操でも柔道でも野球でも、少林寺拳法の演武の審判の目で試合を眺めてしまう癖が染み付いている。

今回のキューバ戦は・・・技術度と表現度で採点した。(星野監督、失礼)

・守りの技術度は・・・日本 80点。 キューバ 88点。

・攻撃の技術度は・・・日本 83点。 キューバ 87点。

・表現度は・・・日本 82点。  キューバ 90点。

日本は全体が腰高、気迫なし、半、棒立ち。(集中度、うすい)

キューバは腰が入り・・・まさに水泳の飛びこむ寸前のスタート構えだ。

スタートからはらはらでした。そのお陰で最後までTV観戦してしまった。

星野監督の主審に対する抗議で一次は退場命令・・・なぜか主審が退場を撤回する?。

キューバの監督が・・・(主審)なぜ撤回、詰め寄る??。・・・こんな一幕も。

星野監督はプロ野球と五輪野球の違いが・・・知らなかったのかな??。

(そこで、表現度は8点差でした)

でも星野監督は怒っているときの顔は良い。

・・・きっと今日の台湾戦は10点くらいの差で勝つのかな・・・?。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月13日 (水)

311)◆おなかの中の赤ちゃん

新聞のスクラップを整理中に発見した。

題名:「脱メタボ、10歳若返る」のコラムに目が行く。

(スクラップの内容)
 おなかの中の赤ちゃんは、お母さんを通じて、外の環境がどの様状態かを知り、それに合わせて、どう成長するかがプログラムされる。

伊藤教授(慶応大病院)によると、お母さんが減量などでやせていて、しかもおなかの中で大きく育てず産んでから育てようとした場合、栄養状態から、赤ちゃんの体はおなかの外の世界は飢餓の時代と判断してしまう。

ところが生まれてみると、おなかの中での情報とは別世界で育つことになるのだ。特に、2500グラム未満の低体重児は肥満になりやすい傾向があるという。

体の栄養状態を伝え、食欲を調整するホルモン「レプチン」が脳の中枢で効きにくくなるからだと、動物実験などから考えられている。

伊藤教授は「肥満や高血圧の原因の一つと考えられ、治療を検討している。やせている若い女性が増え、注意する必要がある」。

^^^^^^

(そこで本題)
 自分がこの年になっても文房具に目がないのはこの現象かも知れない。ボールペンや万年筆や消しゴムや、手帳を買い込むのは・・・この事だったのかな?。

幼年期の”文房具飢餓現象”がなせる技かも知れない。

おなかの中の赤ちゃんに良い音楽を聞かせたりするのも当を得た腹中教育?なのでしょうね。

少林寺拳法の技の良質なDVD等を母親が沢山見ると・・・技の上手い子が誕生するかも知れません。(確立は低いかも知れませんが試す価値あり。エイ!・・・アッ!)

追伸:ミク村に今年中に元気な赤ちゃんを出産する予定の方いましたね。安産を祈る。bud

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月12日 (火)

310)◆盆やすみ

今週1週間は盆休み。

休暇が五輪と重なりTVの、ON。OFF。を繰り返す。

金メダルは何個でも気にならなくなった。(最近)

五輪出場の裏のドラマが楽しい。

今、ソフトボールの試合を放映している。

先程は水泳放映で少し清涼感があった。でも球場は暑そう。

選手のプレッシャーに押される姿は・・・勉強になる。
------
(外野の声)開会式の北京の空に雨払いのロケットを1000発も打ち上げたそうな。ばい煙防止で工場は営業停止?状態。

開会式の各国に配布のDVDは開会式以前の花火が混入?映像。

閉会式後に問題が起きなければよいが?

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月11日 (月)

309)◆北島康介の涙

落ちついた泳ぎでした。

予選の時よりもストローク数が少なく・・・尚、世界記録を更新した。

(静かな勝負師?、懐が深〜く、なったのでしょうか)

インタビュウーで。・・・「超、気持ちいいです」、その後は少し涙ぐみ言葉にならなかった。

・・・「すいません、、何も言えない」、しゃべれない!(この言葉が光る)

僕もジーンとしてきてしまいました。ティッシュ2枚を使いました。(涙もろいトミー拳です)

・・・涙ってどうして出るんだろう?
泣いても、笑っても出るのって、人間だけなのだろうか?sweat02

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月10日 (日)

308)◆脱皮

蝉(せみ)の脱皮に遭遇。(アブラゼミ?)

蕎麦屋さんの庭の奥の木の葉っぱの裏側に隠れるように。

脱皮寸前、まだ白い。(神秘的)

200808090839000_6








3〜5時間後、色が変化、蝉色に・・・

200808091254000_5







蕎麦で満腹になり、帰りにそっと覗いたらもう抜け殻だけでした。

飛び立ったのでしょう。

ミーン ミーン と10日間位しかない命を謳歌することでしょう。

(蝉は土中で5年間過ごし、娑婆(しゃば)にでて10日間の命)

eye)手打ち蕎麦屋:花月庵 れん月 
    (千葉市中央区千葉寺町207−11)
    043−261−3202 定休日 木曜日。
    (お気に入りの手打ち蕎麦屋です。美味い!restaurant

camera) : 2008年8月9日。

<付記>
人間もこんなに見事に脱皮できたらいいな~と思いました。でも10日間の命は勘弁して欲しいです。(ミーン、ミーンnotes

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院      

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年8月 9日 (土)

307)◆挨拶は・・・

水撒きの如く、挨拶も満遍なく撒く?

武専の生徒が少なく、まだ県単位で開催できず、関東一円の各県が集まり開催した関東武専。

確か?、故)○村倉蔵先生だったと記憶しています。

武専開始時間の数分前にこられて自ら、「集合!」を発声し・・・そして必ず一言、話してくれた。

合掌礼の指は銃の照準に近いな〜と・・・思う最近。

田村先生のこの言葉が思い出される。(2〜3分間の短い倉蔵法話)

先生曰く、「皆さん挨拶をする時は相手に自分の鼻を向けて挨拶していますか?。そして植木に水を撒くように満遍なく行っていますか?」

・・・・「必ず行(おこな)ってください!、行いましょう!」

余禄:挨拶は正真正銘、仏教の言葉です。
(まだまだあります。旦那さまは・・ダーナから。お寿司やさんでシャリと呼ぶ寿司飯は・・釈迦(仏陀)の遺骨の仏舎利<ブッシャリ>のシャリです。駄目になったものをオシャカ・・お釈迦)

関東武専はトミー拳の人生大学でした。毎回前列でテープレコーダー回した。ありがとう。・・・天国の倉蔵先生。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 8日 (金)

306)◆空気銃と合掌礼

合掌礼の妙。

「合掌構」で相対(あいたい)し、挨拶するのが「合掌礼」。

(仏教の)お坊さんの合掌の両手は胸の前で、両肘は控えめに下げ気味の角度で合掌。

(金剛禅、少林寺拳法の)合掌する両手は顔の高さで前に立てる、中指は目の高さ・・・両肘を張る。

・・・すると、ヒップが上がり、背筋はおのずとS字カーブになる。上半身は安定する。

・・・自然と膝が緩めば、攻撃に、受けに、そして反撃に、態勢は十分。

-------

小学生の頃、父にせがんで中古の弱い空気銃を買ってもらった。

(当時は簡単に買えた。鉛弾で中折れ式。百舌(もず)くらいまでが限界の銃パワーです。ご安心を。)

金剛禅風、「合掌礼」の中指は銃の照準と同じであることに気づいた。

(礼で)自分の目と、中指が、相手の目と一線になるとき、標的にあたる。

銃の照準と同じ役目をしていることに気づく。「合掌礼」「合掌構」。

顔は静止し両眼が、良い角度で相手を射る。

・・・ところがだ、「一字構」等になった時は両眼の角度が少し変化している。合掌礼のままの角度が最良なような気がする。

これに気づくまで、大分時間を要した。

少林寺拳法のこの「合掌構」は特許に値する構えだ!!

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年8月 7日 (木)

305)◆100%信じ、100%疑う

三つの座右の銘・・・

「初心に帰り考える。和して同ぜず。万事塞翁が馬」

4~5年ほど前に自分の座右の銘が三つに固定された。

------

1.いつでも、気がついた時は、
初心」をおもいだそうぜ

2.何事も和やかに行きたい、でも納得しないときは”NO”と言いたい。
して同ぜず」、だ」

3.終着点がわからない世の中だ。だから人の幸せは、
万事塞翁が馬」、だ!

この三つの流れが・・・座右の銘になって四、五年。

そして、その銘から・・・銘の子供が生まれた。

その子供です。
100パーセント信じて、100パーセント疑う」。

まだまだ、銘の子供や孫が出産しそうです。

・・・人それぞれの金剛禅。綺麗な水にしか棲(住)めない魚。濁った水にしか棲(澄)めない魚。水からしか酸素を得られない魚。水に埋没したら死んでしまう人間。・・・自然の摂理。これがダーマの働きなのだろう、と思う?(私見)

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

^^^^^^^
トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年8月 6日 (水)

304)◆ナンバ歩きに警鐘・・・

実体はない・・・なんば・・・ナンバ歩き。

このブームに火を点けた張本人、甲野善紀氏。

甲野氏と田中聡氏(同系列またはお弟子さん)の共著 「身体から革命を起こす」 2005年1月25日 発行

その本の116ページ、タイトル:昔の日本人はナンバ歩きだったか・・・の中からの抜粋。

”ナンバ・ブームの火付け役となったことが気がかりなのか、甲野は最近良く、「江戸時代の人々がナンバで歩いていた、というのは間違いです」と言うようになった。”

”・・略・・ 江戸時代には職業ごとの歩き方がありました。”

------

すり足は武道の世界では認知されている。

でも、宮本武蔵はそれに逆らうように・・・こんな言葉をはいている、「神社の境内で切りあいになり、まして階段では・・・」、「勾配の急な山中での戦い・・・」

・・・その時々の状況に応じた足使いがある!!。

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 トミー拳より

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年8月 5日 (火)

303)◆開祖語録が公式HPに掲載

少林寺拳法の公式ホームページに開祖語録が載った。・・・数日前から。

開祖語録が日めくりカレンダー方式のように。

開祖語録に励まされ、

  救われた言葉に 

    意味がある。

      そして心もうつ。

語録は一人ひとりの心に育ってこそ・・・光りを放つ。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 4日 (月)

302)◆スポット・・・で変わる、変える。

スポットをあてる。

舞台でスポットライトに照らされた場所はそのライトの色になる。

演者の洋服が赤だったり、青だったり、ピンクだったり、グリーンだったりする。

(その原色はわからないまま、舞台は進行する)

子供のとき、よく聞かされた象の話しとスポットライトの色が重なるときがある。

象の全体を見ず、耳だけで象を論じ、足だけで象を論じ、鼻だけで象を論じ、牙だけで論じる。

・・・・・。

・・・・・。

・・・・・。

舞台の幕が下り、楽屋で見た演者のスーツは白でした。

・世間の巨像。

・人間の巨像。

・少林寺拳法の巨像。

・政治の巨像。

・メデアの巨像。

さて、どこにスポットを当てて何色で何処を見るか?

凄~く離れて見ると違うものが見えてくる。

一本の木が、三本になり、林になり、森になり、森林になり。

・・・そして究極は、「地球は青かった!」

宮本武蔵の目付けは・・・遠くを見るが如く。

少林寺拳法にも八方目がある・・・生活に活かしたい。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 3日 (日)

301)◆日本丸に羅針盤を・・・

新聞の全面広告の真ん中に”ひろさちや”氏の言葉が目をひいた。

仏教書を550編の著書があり、わかりやすく語る、先生だ。

肩書きが宗教評論家と書かれている。これが仏陀の真の教えだと思った。

冒頭から、ジャブpunch・・・がきつい。
曰く、「人生は無意味で、生きがいなんてない。だから自分の生きたいように生きようよ」と私はよく話します。

「立派に生きようと考えるのは悪くないけれども、どう生きるのが立派かは自分の価値観で決めればいいことでしょう」

「世間にはひとつ共通の”物差し”が用意されていて、私達はこれに心を奪われ、まともな判断を力をなくしてしまうのです」

「世間の物差しは、人間をその商品価値で測ろうとし、使う人によって勝手に伸びたり縮んだりもするし、常に権力者にとって好都合にできています」

「しかるに私達のいる世間は、そういうデタラメナ物差しをけっして捨てられません」

「であるならば、狂った物差しに縛られる生き方はもうやめて、そんな世間からはさっさと出てしまおう。・・・これが私の主張です」

まだ続きます。「いえ、私がただ言っているのではありませんよ。実はこれこそが仏教の基本・・・”出世間の教え”です」

「世間を批判すること」、「世間をばかにすることが、仏教の一番大事な仕事といえるのです」

-------

毎回遅れるバスの時刻表なんかないほうがましだ!

連れのおばさんが、「でもね、それがないと何分遅れているか分かりませんよ」・・・目安をつけるのにはやはり時刻表は必要なのです。

今の日本は狂っていると大概の人はおもっていますね。

どこがどう狂っているかわからないから、バスの時刻表に相当するものを見つけないといけない。

日本丸という船は”速度計”ばかり気にして、”羅針盤”を見ずにここまで航海してきたようなものです。

今こそ自分で価値判断をして行くための”羅針盤”が必要な時です。

それは仏教書であり、金剛禅であり、少林寺拳法であると思っています。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月 2日 (土)

300)◆花火、ベランダからの眺め

残念! 朝から風邪症状。

長年の勘で分かる。この位の症状の時に布団でゴロゴロしていると風邪は治りやすいし長引かない。18時くらいから横になる。

19時から花火が開始。寝ている耳元に大きな炸裂音。

(第31回千葉市民花火大会、地元の愛称:ポートタワーの花火)

先日の落雷(山武市松尾町)を思い出す。

すると・・・配偶者さんが、「ベランダから少~し見えるよ!」

オッッ、木々の隙間から見えた!。(木の伐採の成果か!)

音だけは平等に聞える。光は障害物に弱いが、音は障害物にぶつかりながらも全員に届ける。・・・なんて公平なんだろう。

ウーン・・・凄い発見をしたような気になった。

^^^^^^
これがベランダからの、自宅花火。ささやかな光です。

200808022125000

(音は凄い。煙も風にのって届きそうでした)

近所の人の歓声も凄い盛り上がりでした。

少~し風邪症状は緩和しました。花火のお陰です。

(やはり、病は気から・・・?)

ちなみに自宅はマンションの3階です。4階の方は良く見えたことでしょう。

追伸:この花火は自然環境に配慮した「エコ花火」だそうです。・・・燃えカスが少ないのだそうです。(時代だねーsmile

^^^^^^
トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年8月 1日 (金)

299)◆審査は分かれる(判定の目)

先日、ボクシングの2つのタイトルマッチ戦をTVで見た。

翌日の朝刊に第1戦目の試合のジャッジの採点表が載った。

あのプロのジャッジでさえラウンド毎に、こんなに判定が開くものかと・・・実は安心した。

このルールーはラウンド毎に、同点をつけてはいけないルールの様だ。

ラウンド毎にジャッジに”正反対”の判定がいくつも出てくる。

少林寺拳法の演武審査で点数が開くのも仕方がないと思った。

フィギュアースケートでも審判評価は微妙な採点になることも多い。

少林寺拳法の演武は・・・スケート演舞の採点と、多少似たところがある。

当団体は各5人の審判で各総合点10点以上の差は避けたい・・・と、暗黙の了解がある。

・・・それは、かなりの大仕事である。6構成を審査する。

五段以上の部もこなし、少年部もこなし、親子演武もこなし、シルバーの部もこなし・・・coldsweats02 (この微妙な力量の差も審判の頭には微細な判断が迫られる)

でも・・・採点集計の段階に救いもある。上限と下限の点数はカット。中間の3審判の合計で競われるからだ。

審判の精度UPにはどの武道、スポーツ団体も苦労は絶えないのではないでしょうか。

(観客がノックアウト判定に快感を表現するのも分かる!)

そこで、11月の地区大会に向け、1ヶ月前には講習会に近い意見交換の場を持ち、地区大会に臨もうと思っている。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »