« 319)◆イントネーションの力(ちから) | トップページ | 321)◆思考する身体 »

2008年8月26日 (火)

320)◆技は世につれ、世は技につれ

歌は世につれ、世は歌につれ・・・

不謹慎なタイトルのようですが。いたって大真面目です。

「歌は(流行歌は)世相を反映して移り変わるものだが、世の中自体もその時その時の流行歌の影響を受けて変化するものだという事」---辞書より。

少林寺拳法も誕生して61年目に入る。

少林寺拳法が誕生した時代は、敗戦の混乱期の時代だった・・・。

日本の復興に燃えた若者集団の時代・・・。

奇跡の経済発展の時代・・・。

そして今、高齢化社会に突入の時代に・・・。

技も、教えも、その時代の波の中で、揉まれて、もまれて・・・発展してきた様に思える。

・・・正念場だぜ、少林寺拳法!。右往左往しないで・・・喝!。

(※喝(カツ)=悟りを導くための一種の叫び声。)

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 319)◆イントネーションの力(ちから) | トップページ | 321)◆思考する身体 »

Ⅵ.道場」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/42278475

この記事へのトラックバック一覧です: 320)◆技は世につれ、世は技につれ:

« 319)◆イントネーションの力(ちから) | トップページ | 321)◆思考する身体 »