« 304)◆ナンバ歩きに警鐘・・・ | トップページ | 306)◆空気銃と合掌礼 »

2008年8月 7日 (木)

305)◆100%信じ、100%疑う

三つの座右の銘・・・

「初心に帰り考える。和して同ぜず。万事塞翁が馬」

4~5年ほど前に自分の座右の銘が三つに固定された。

------

1.いつでも、気がついた時は、
初心」をおもいだそうぜ

2.何事も和やかに行きたい、でも納得しないときは”NO”と言いたい。
して同ぜず」、だ」

3.終着点がわからない世の中だ。だから人の幸せは、
万事塞翁が馬」、だ!

この三つの流れが・・・座右の銘になって四、五年。

そして、その銘から・・・銘の子供が生まれた。

その子供です。
100パーセント信じて、100パーセント疑う」。

まだまだ、銘の子供や孫が出産しそうです。

・・・人それぞれの金剛禅。綺麗な水にしか棲(住)めない魚。濁った水にしか棲(澄)めない魚。水からしか酸素を得られない魚。水に埋没したら死んでしまう人間。・・・自然の摂理。これがダーマの働きなのだろう、と思う?(私見)

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

^^^^^^^
トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 304)◆ナンバ歩きに警鐘・・・ | トップページ | 306)◆空気銃と合掌礼 »

コメント

磯母さんへ
「転んでもただでは起きない」これは正に達磨の教え・・・「七転び八起き」ですね。
8-7=1 ですから、転ぶたびに1回分得をする計算になります。
これこそ「ただでは起きない」ですね。
トミー拳も「ただでは起きません」。
朝から気が充実してきます。bomb

投稿: トミー拳より磯母さんへ | 2008年8月 8日 (金) 08:28

一寸拳士さんへ
「全信全疑」、ぜんしんぜんぎ、良い響きです。
自分はまだ、三つの座右の銘に助けを借りています。
命名者、一寸拳士・・・使わせてもらいます。wink「全信全疑」

投稿: トミー拳より一寸拳士さんへ | 2008年8月 8日 (金) 08:22

「100パーセント信じて、100パーセント疑う」とは
とても、深いですね。
難しいですが、それを座右の銘にしている
トミー拳さんは、やはり、懐が深いです!!
座右の銘・・・とまではいきませんが
私は「転んでもただでは起きない」と言う言葉が好きです。

投稿: 磯母 | 2008年8月 8日 (金) 06:41

「半信半疑」ならぬ『全信全疑』というわけですね。

座右の銘...今だ持ったことがありません。ただ、心の片隅にあって時々思い出すのは『先苦後楽』、小学6年生の時の担任がよく口にしていた言葉です。もう30年も前の話です。

投稿: 一寸拳士 | 2008年8月 7日 (木) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/42094219

この記事へのトラックバック一覧です: 305)◆100%信じ、100%疑う:

« 304)◆ナンバ歩きに警鐘・・・ | トップページ | 306)◆空気銃と合掌礼 »