« 297)◆new科目表(少年)解体新書? | トップページ | 299)◆審査は分かれる(判定の目) »

2008年7月29日 (火)

298)◆カミナリを眺める

久々の雷雨。久々の充電。楽しかった!

早めに道場にいき除草剤でも撒こうかとおもって早めに家をでた。

松尾駅から歩く頃には、もう空が黒くなって来た。

10分も歩いたところでポツポツと雨が降ってきた。

あと7分・・・何とか持ってくれ、と思いながら急ぎ足。

何とかシャワーの雨は避けられ道場に着ける。

10分もすると雷さんが暴れだした。雨はシャー並みだ。

玄関の軒先で”光を見学する。三回くらい落雷した。その瞬間も見た。

昔から雷の光が好きだった。宇宙からの贈り物を見ているようで楽しい。

(自分の近くで落雷被害の経験でもしていたら、きっと雷恐怖症になるのでしょうが・・・)

だんだん近づいて来ている、光った瞬間にバーン、ガリバリ~ガーン。

落雷の瞬間はあのあのエネルギーにあやかりたい・・・と思いながら全身が光で洗われる瞬間だった。(名づけて”ダーマライトエネルギー”)

中でも大きな落雷は裏手にある携帯電話の大きなアンテナ塔に落ちた奴、痺れた。一瞬まわりが金色になった。当然室内の電気は落ちた。(卓上電話が停電のたびにピコピコと知らせる。コーヒーポットも暫くはお預け状態)

実は台風を眺めるのも大好きなのです。木々が大きくしなり、こまごましたものが天空に舞い、きっと生態系に何か影響があるのだろうな?

良い影響も有るな~と思っている。何十キロも離れたところにいろんな種が散らばるのだろうな・・・と想像しながら見るのが楽しいのです。

この間、ほぼ1時間のドラマでした。

宇宙に近づける一瞬の楽しみ、隠れたトミー拳の趣味でした。

雷よりも台風よりも好きなのは”少林寺拳法”です。punch

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 297)◆new科目表(少年)解体新書? | トップページ | 299)◆審査は分かれる(判定の目) »

Ⅴ.風景」カテゴリの記事

Ⅵ.道場」カテゴリの記事

コメント

一寸拳士さんへ
コメントありがとうございます。
子供の頃、お臍を出していると「雷さんにお臍をとられるぞ!」、と脅かされました。
信じた時もありました。クリスマスでサンタさんが贈り物をくれると信じてた幼少の頃ですが・・・。
稲妻は宇宙からの贈り物。でも稲妻はオゾン層に保護された地球の庭の中で起こっている様なものなのでしょうね。
地球はオアシス。雷は大きな大きな自然花火かも知れません。airplane

投稿: トミー拳 ヨリ一寸拳士さんへ | 2008年8月 1日 (金) 09:39

自然が見せる圧倒的なパワーに、皆惹かれてしまうのは何故でしょう?それは非日常であるからでしょうか?そうだとしたら、皆日常に刺激を求めている...それは否定できませんが、きっとそんなことではないのだろうと思っています。
私たちと自然の間にある繋がりが、そうさせているのかも知れませんね。これもダーマを感じる瞬間?などと思ったりしました。

投稿: 一寸拳士 | 2008年7月31日 (木) 23:51

お母さんさんへ
コメントありがとうございます。
子供のときは台風の後の収穫が楽しみでした。胡桃や栗が落ちていたり、とり難い”あけび”が落ちていたり・・・楽しめました。
空に光る稲妻は味がありますね。
変人ではないと思います。でも地震が好きな人がいたとしたらその人は変人ですね?

投稿: トミー拳よりお母さんさんへ | 2008年7月31日 (木) 21:15

私も台風好きです。

子供の頃から台風がくるとワクワクしていました。
雷もおお~っと言いつつ目が離せません。

変人でしょうか・・・?

投稿: お母さん | 2008年7月31日 (木) 19:58

雫さんへ
コメントありがとうございます。
29日火曜日の雷雨は千葉市では、なかったようですね。
家に帰って落雷の話をしたらエッ!雨は一滴も降らなかったよ。

また、こんなこともあります。成東駅では列車の中まで雨が入るよう・・・大雷雨。次駅の松尾駅に着くと晴れ!?
列車から雨の境目が見られるのも、この地区の特徴ですね。
馬の背を分ける雨?・・・様な話が思い出されます。rain  

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2008年7月31日 (木) 09:22

そちらはそんなにすごかったのですか。
こちらは何とも無かったです。雨降ったかしら・・・・?

雷や台風を眺められるのがお好きとは、私には全く信じられません。
私はどちらも大嫌いです。
布団を頭からかぶって小さくなってしまいたい感じです。

投稿: 雫 | 2008年7月30日 (水) 23:44

若井りおさんへ
コメントありがとうございます。
凄い雷でしたね。久しぶりに耳と目で大自然の暴れぶり見ました。
自然を征服するのは無理ですね仲良くしたいですね。
・・・怖いのは大地震ですね。shock

投稿: トミー拳ヨリ若井りおさんへ | 2008年7月30日 (水) 19:09

昨日は落雷凄かったですね。
家にいたのですが、洗濯物を取り込んで数分後。
ザーザーぶりになりました。

しかも。thunder遠雷が徐々に近づいてくる様は
圧巻。我が家も数回停電になりました。

避雷針がないので、家が揺れてドキドキでした。

投稿: 若井 りお | 2008年7月30日 (水) 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/42010475

この記事へのトラックバック一覧です: 298)◆カミナリを眺める:

« 297)◆new科目表(少年)解体新書? | トップページ | 299)◆審査は分かれる(判定の目) »