« 296)◆熱かった・・・昇級試験 | トップページ | 298)◆カミナリを眺める »

2008年7月28日 (月)

297)◆new科目表(少年)解体新書?

●ちょっとオーバーなタイトルでごめんなさい。

今日の練習で(新)少年科目表を全員に配布した。

(裏に拳士名を書いてあげた。今回は思い切って道院の費用で無料配布とした。¥250)moneybag

サイズはB5判で以前よりは大きく見やすい。全体に柔らかくて扱いやすいが、表面が滑りやすい。(つるつる)

-----

当道院では以前から科目表を練習の中心にしている。

習った技を鉛筆で○をつけてもらっている。

時々科目表を見せてもらと・・・丸のつける子、つけない子、半々です。

・・・字の読めない子(幼年さん)は仕方ない?

科目表に○は書きこみのある拳士は技も教えも、反応は良い。

今日は基本練習を少し長めにして、残りは新科目表を8級から順を追って説明した。

さて、相対(そうたい)の意味は?・・・分からない子が何人かいる。

正対構え、対構え、開き構え、うら憶えの子もでてきた。

順手、逆手は、??うーん。

裏、表は、?????(クエッションがかなりでる)。2~3人はOK。

この言葉は今まで何十回も出てきている。

分からなくても、「ハイ!」・・・だったのかな?

まあ、これは少年少女拳士だけは責められない、指導者にも反省材料が多々あります。

教訓::大きな声でガンガン指導して、「やった!」の自己満足に指導者は納得してしまう。その迫力に子供達から「ハイ!」の言葉を発生させてしまう。

指導の難しさを実感させられた「new少年科目表」解体新書でした。coldsweats02

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 296)◆熱かった・・・昇級試験 | トップページ | 298)◆カミナリを眺める »

コメント

雫さんへ
コメントありがとうございます。
科目表が新しくなると、少年部に少し緊張感が出ています。
この機会を・・・と思い気合を入れる意味でじっくり話して聞かせました。初段の学科試験も方式が変わりますので、普段から学科も勉強していないと黒帯は取れないよ~でした。
そんな中で、エッこんなことも知らなかった?
止められなくなり40分くらい新科目表の話になり、休憩もなしで解散でした。sweat01

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2008年7月30日 (水) 07:19

うちの道院でも、先日、練習の最後に、新科目表が配られました。
さて、終った後に、じっくり内容を見ている子ども達がどのくらいいるかな、と思っていると、いつもまじめに練習できず、叱られてばかりのK君が、私のところに来て、「4級の人はどれを練習していくのか?昇級試験はどれをやるのか?」と訊いて来ました。
科目表が新しくなったことによって、子ども達の気持ちも初心に戻って、やる気が出てくるとよいな、とK君を見て感じました。

指導者側も、気持ちを新たにして、指導に臨まないといけませんね。
新科目表、上手に活用していけたら、と思います。

投稿: 雫 | 2008年7月29日 (火) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/42001804

この記事へのトラックバック一覧です: 297)◆new科目表(少年)解体新書?:

« 296)◆熱かった・・・昇級試験 | トップページ | 298)◆カミナリを眺める »