« 295)◆鰻(うなぎ)と龍王拳 | トップページ | 297)◆new科目表(少年)解体新書? »

2008年7月27日 (日)

296)◆熱かった・・・昇級試験

本日は小教区での昇級試験だった。

この時期の暑さと、駐車場スペースがクリアーできるか心配だったがトミー拳の道場を会場にした。

なんと恵まれたことに、朝の降雨量が50%だったが雨も降らず室温も最高温度が32℃のままで審査が終了できた事。

熱中症防止の水分補給は先生、幹部の指導宜しく、完璧!。

(日も照らず、雨も降らず、室温35℃以下・・・最高でした)

開場間際に、近くの人の好意で駐車場を開放して頂き、何とか10数台以上の駐車が出来てほっとした。

▼9:30~9:50・・・作務、鎮魂行準備体操。

 9:50~10:50・・・審査。順調に進む。

(保護者の視線がかなり熱い)

他道院の子供達の動きと顔を見るのも楽しかった。

少林寺拳法をやっている子は、顔まで似てくるのかなと思えるほど、表情が似ている子がいた。

余談ですが、”ワンちゃんは、飼い主に似る”と誰かが言っていたが、「ウン・・・」、納得しながら全体を眺めていた。県連の審査に比べ、かなり楽をさせて頂きました。memo

(終了し、子供達と保護者は解散・・・)

  □   □

▼(11:00~11:30)30分間の予定だったが20分もオーバーし50分間の自由討議(意見交換)。道院長、幹部拳士を交えての討議。

(話し)
・少林寺拳法(道院)の広報について?。・審査の技の基準?。・大会の練習に追いまくられる道院の様子?。様々な意見が出ました・・・。

やはり5道院位のグループ討議は小回りが利きまとまりもいい様だ。

討議の中で・・・昇段の際、「技法の審査はまるで鋳型の様だと」の感想!

(ある提案が)
昇段考試で・・・「流水蹴」は流水受けを主とし蹴りで相手の腹部に当身をする。足が動くも動かざるも良し。最低限、正し蹴りが守者の道衣に触れること、当てる事。

「内受蹴」は攻者の上段突きを受けて蹴る。身体が開いて(腰が上を向いていたら)ら足刀蹴り。腰が正面に残っていたら前蹴り。軸足は半転身でも寄せ足でも可。

審査が型にはまった”鋳型”のような審査にならずに済むような気がします。そして少しは使える・・・技、になるような気がする。(呟きです)

道院長、幹部、拳士、保護者の方、お疲れ様でした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 295)◆鰻(うなぎ)と龍王拳 | トップページ | 297)◆new科目表(少年)解体新書? »

コメント

zakiさんへ
コメントありがとうございます。
昨日はお疲れ様でした。道場の住所は検索すると街中(松尾役場近辺)が出るようです。?
審査ありがとう御座いました。先生も○△×・・・ウーン、苦労されたのではないでしょうか?
考え方は様々でしょうが、少年部の緑帯でしたら、試験で自信を与える、”落とす試験ではない”の言葉に救われた審査でした。
自由討議が20分もオーバーし、仕事に影響がなければと思いました。暑い中ご苦労様でした。

投稿: トミー拳よりzakiさんさんへ | 2008年7月28日 (月) 08:13

一寸拳士さんへ
コメントありがとうございます。
小教区についてはあまり詳しく説明されていないかも知れませんね。
・・・全国にあります。ほぼ県単位の教区がありそして下部組織の小教区があります。
昇級試験はこの小教区単位で本山に申請されています。
原則は小教区単位で合同での昇級試験を行うことにはなっていますが、なかなか出来ないのが現状です。(当然です)

小教区独自で技の変更は出来ません。今回の話し合いの中での”提案”でした。昇段試験で技法が(例えば)ロボット?のようだと云われる拳士の改善策として、議論されたことでした。

投稿: トミー拳 ヨリ一寸拳士さんへ | 2008年7月28日 (月) 08:04

HOPEさんへ
そうですね、下受順蹴等も増えましたね。
でも逆技系の龍華拳が逆小手と送小手の二つになり、子供達の手首を痛める機会が少なくなりましたね。
ずーっと昔から整形外科医を指摘を受けていました。
まあ、少年野球も野球肘などで、かなり制約が出ているようですね。
・・・頑張って復習してあげてください。

投稿: トミー拳 より HOPE さんへ | 2008年7月28日 (月) 07:50

昨日は色々とお世話になりました。

インターネットで検索した地図が全然違うところを指していて迷子になってご迷惑をおかけしました。
(まったく見当違いの場所なのに「金剛行政事務所」なる看板を発見したのでこの辺で間違いない。と思い込んでしまいました)

子供たちは汗を流しながら真剣な眼差しでやっていましたね。
小教区内の先生はみなさん大先輩ばかりで有意義なお話がたくさん聞けて勉強になりました。

投稿: zaki | 2008年7月28日 (月) 05:53

小教区という言葉を知ったのは、つい最近のことです。
これは道院の少ない地区においてみられるものという
認識でよろしいのでしょうか?

私達の地区では、道院は多いものの、それぞれの人数は、
今一つといったところです。

地域での技法の統一というのは、面白いですね。
近い将来、地域性が出てきたりするかも知れませんね。


投稿: 一寸拳士 | 2008年7月28日 (月) 00:10

こんばんはnight
そうですねhappy01 6級ぐらいの拳士ならすっと入れるし教えやすいですねhappy01
現在、茶色帯ぐらいの拳士ですと、途中に習っていない技が結構入っているので復習作業から入るので大変です(>_<)
まぁ、この復習の時間が拳士には良い勉強になるのかなhappy01

投稿: HOPE | 2008年7月27日 (日) 22:37

HOPEさんへ
コメントありがとうございます。
毎日暑いですね。
でも今日はラッキーでした。(天候が・・・)
夏は曇りが最高ですね。(風があればもっと最高・・・)
当地区ではまだ暫くは旧科目表試験です。
8月の錬成大会も旧科目ですしね。
新の科目表の技が教えやすいと思いますが如何ですか?

投稿: トミー拳 より HOPE さんへ | 2008年7月27日 (日) 22:21

こんばんは
毎日、本当に暑いですね(>_<)
昇級試験お疲れ様でした(^-^)
受験した拳士も、本当に暑かったでしょうね!

私の、教区でも先週に昇級試験を行いましたが、開始が夕方6時なのに、みんな汗だくでした(^_^;)
新科目表に沿っての昇級試験なので、試験までに拳士に、左右、裏表を指導していくのがとても大変でした(^_^;)

投稿: HOPE | 2008年7月27日 (日) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/41985634

この記事へのトラックバック一覧です: 296)◆熱かった・・・昇級試験:

« 295)◆鰻(うなぎ)と龍王拳 | トップページ | 297)◆new科目表(少年)解体新書? »