« 292)◆ミク村が熱い・暑い・アッチー。 | トップページ | 294)◆閉眼片足立ちのバランスに学ぶ »

2008年7月22日 (火)

293)◆チャンバラ風味の稽古

前回の稽古に続いて今回も柔らかいスポンジ棒で突く。

・・・反撃は、突きと蹴り。

トミー拳、名づけて「拳法チャンバラ」を行う。

(学校の夏休み中の少年部は体力的に余裕が有るように見える)

指導するほうは、少し無理をしてみたくなる。

(この期間、欠伸<あくび>の出る子がいない?のは不思議だ)

今日は・・・昨日、祝日(海の日)の代替日の特練。

特練で参加者が普段より少なく、「拳法チャンバラ」にはもってこいの雰囲気だ。

はじめは流水蹴り(後)・・・次は手刀をスポンジ棒に変えて攻撃。反撃は突きや蹴り返しを行う。

身長差や年令に関係なく相手をかえて行う。守者、攻者、交替し5回位で相手をチェンジ。

・・・いい雰囲気で時間が過ぎる。

拳や足とは違って恐怖心が少ないせいか、双方のびのびとしていいる。

-----

後半、鎮魂行。・・・後の話は達磨のお話で締めた。

小五の男子が、「先生、達磨(ダルマ)とダーマは同じですか?」

いい質問が出たところで5分休憩。作務で閉館です。

ちなみに道場の室温は31度、涼しかった。sweat01

-----

トミー拳より (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 292)◆ミク村が熱い・暑い・アッチー。 | トップページ | 294)◆閉眼片足立ちのバランスに学ぶ »

コメント

若井りおさんへ
コメントありがとうございます。
子供たちが「拳法チャンバラ」が始まると目の輝きが変わるのです。
これを原動力に技法につなげたいのですが・・・僕の修行がまだ足りないcoldsweats02
いつかはあのパワーを技につなげます。

投稿: トミー拳ヨリ若井りおさんへ | 2008年7月24日 (木) 10:14

丁度、チャンバラ稽古を見る機会がありましたが、
とっても息子が生き生きしていて、
少林寺習わせて、良かったと思いました。

ありがとうございます。

投稿: 若井 りお | 2008年7月24日 (木) 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/41947650

この記事へのトラックバック一覧です: 293)◆チャンバラ風味の稽古:

« 292)◆ミク村が熱い・暑い・アッチー。 | トップページ | 294)◆閉眼片足立ちのバランスに学ぶ »