« 279)◆ピン撥ね(ぴんはね) | トップページ | 281)◆人それぞれの「金剛禅」 »

2008年7月 3日 (木)

280)◆指導者と監督

・・・「指導者」と「監督者」。・・・「目的」と「目標」。

似たような言葉に・・・混同が起こるケースが多い。

当、道院でも指導者と監督の違いを門下生に話し聞いてもらう。

開祖は「良い指導者を育てたい」、と云われた。

・・・「良い監督を育てる」、とは話されなかったように思う。

武専(武道専門コースの略)は少林寺拳法の指導者養成機関に位置づけている。

・・・監督養成機関ではない。

指導者とは、目的に向かって教えみちびく(導く)こと。

監督者とは、目をくばって指図(さしず)をしたり取り締まったりする事である。

サッカーの指導者とは云わない、監督である。

野球の指導者とは云わない、監督である。

五輪、水泳日本代表の監督である。・・・指導者とは云わない。

(一部学校支部には監督の呼び名はあるが)

(自分は)、指(ゆび)を指(さ)し示し人を導く人(指導者)がいる団体・・・それが少林寺拳法である・・・と思っている。

最後に、目的と目標の混同をなくし、指導者と監督者の違いを明確に整理し、物事を進めたら・・・「道」は外れないと考えている

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

------

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 279)◆ピン撥ね(ぴんはね) | トップページ | 281)◆人それぞれの「金剛禅」 »

コメント

うさぎさんへ
とても収穫・・・大の講習会のようでしたね。
現場の雰囲気が良く伝ってきています。
少年部の指導のみならず・・・自分にも良い結果が還元されることと思います。
「情けは人のためならず・・・」ですね。
その感動を体に留め、また新たな感動を積み重ねて行って下さい。

明日(6日)は兵庫県大会ですね。組演頑張って下さい。
出場するからには最優秀を目指して下さい。(少しプレッシャーをかけます。プレッシャーも栄養剤になる時もあります)
悔しさも栄養。負けないで挑戦し続ける事が、人それぞれの金剛禅でもあると理解しております。

投稿: トミー拳 よりうさぎさんへ | 2008年7月 5日 (土) 07:35

トミー先生こんばんは(*^_^*)


年少部指導者講習会を受講してからかれこれ一週間がたちましたclover


監督ではなく…指導…まさにそれを体感して参りました。


講習会に行くまでは、なんとなく不安な気持ちいっぱいで、前の師匠 (私は今の支部に昨年転籍しました) から『この講習会はとても楽しいので前に並ぶようにsign01』とメールをいただいていました

とにかく、それを守ろうと思って実技も講義も前へ前へdash


その甲斐あってとても充実した2日間となりましたconfident


講習会では、『学ぶ』から『研究する』ということで、拳士同士の討議が数多く設けられ、講義内容、技、また個人・支部での取組みについて深く話し合うことが出来ましたconfident

共有化…というのだそうですね。
私は指導者なので、何もかも、とても刺激的でしたsign01


支部での指導に少しでも活かせたら…との思いで帰ってまいりましたconfident


ちなみに…今度の日曜日は兵庫県大会なんです。
組演で出場しますconfident

実はもうずーっと緊張しっぱなしですsweat01

でも頑張ります

投稿: うさぎ | 2008年7月 5日 (土) 01:10

雫さんへ
コメントありがとうございます。
現、会報の前に「あらはん」(会報)がありました。
その中で学んだことが多くありました。
それと、会社で受けた研修会の中にも役に立つ教えが沢山あり、自分の中に生きています。

雫さんの受けられた研修での目的、目標の説明も勉強になりました。まさに的は一つですね。

当、道院でも少林寺拳法の大会が目的なのか目標なのかで・・・保護者と意見が分かれるケースもありました。
大会も昇級・昇段も開祖デーの活動も・・・目的ではないと思います。

良い目標、人それぞれが手の届く目標を掲げ、達成したら、目標をUP。そして目的達成に向け苦しいが楽しい・・・そんな目的・目標でありたいと願っています。

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2008年7月 4日 (金) 08:54

目からうろこでした。
指導者と監督、そんなふうに区別して考えたことがありませんでした。
なるほど、おっしゃるとおりですね。
指導者になる、ということは大変なことなのですね。
良い指導者、というより、まず指導者になれるように、日々精進していかなければなりません。

目的と目標。
2ヶ月ほど前、教育講演会の話の中で、講師の先生から目的と目標はどちらが上位概念か、というお話がありました。
混同しやすい言葉ですね。
「的は一つでなければならない。的がいろいろあると、どこに向いていけばよいかわからなくなる。
目標は、目的に向かっていくための道標なのだ。」
ということでした。
国語専門の先生だったので、一つ一つの漢字の意味をとらえての説明でした。
でも、これも、納得です。

投稿: 雫 | 2008年7月 4日 (金) 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/41725035

この記事へのトラックバック一覧です: 280)◆指導者と監督:

« 279)◆ピン撥ね(ぴんはね) | トップページ | 281)◆人それぞれの「金剛禅」 »