« 252)◆身の丈の”技”と”教え” | トップページ | 254)◆地球を持ち上げてみよう! »

2008年6月 1日 (日)

253)◆傷の完全払拭(6月武専)

今日は千葉武専でした。(6月1日)

毎回ですが、今回も出張講師はハットする様な”技”と”教え”を残してくれた。

講師は○○県の先生。

自分は昇格審査と別な打ち合わせで、講師の「リーダー論」も聞けず。

午後の前半の基本練習も参加は出来なかった。

でも後半の2時間弱はサブアリーナで全員の輪に入り教わることが出来た。

そして終了し、控え室での言葉のなかに、「千葉武専は好感度あり」。

本人(講師)も楽しく指導が出来ました、との言葉だった。

「・・・○○県は数年前のある事件の傷を完全払拭で頑張っています。」

是非○○県に来て見てください・・・・。

終わりの挨拶ともつぶやきともとれた言葉に・・・凄く嬉しくなりました。

技に対する熱意も、あの法話(講話)も、○○県の傷の完全払拭させたエネルギーが、僕に伝わった気がした。

次ぎの言葉が光った。

・・・「少林寺拳法の修練は理想社会を創るためです」

・・・「少林寺拳法の技はこれ以上増やさなくてもいい、しかし教え方(指導の)方法は無限にある」(開祖の言葉)

”理想社会”を言葉でさらりと独り立ちさせる先生は少ないように思えた。

また何年か後に、千葉武専に来られる時は・・・さらにいい味をだしてくれると思います。

楽しみです

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

------

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 252)◆身の丈の”技”と”教え” | トップページ | 254)◆地球を持ち上げてみよう! »

コメント

お母さんさんへ
多くの出張講師の先生が言われるのは、千葉武専の生徒さんは素直なところが良いと話されます。
聞き手が良いと講師の先生の良い面が多く出るのでしょうか。

先生を送る時に控え室で短い反省会のときの言葉は、「気持ちよく指導できました」、「皆さん一生懸命です」
生徒さんの良いアンテナと良い磁石が・・・講師の先生の良さを引き出してあげてるような気がする武専です。

投稿: トミー拳よりお母さんさんへ | 2008年6月 4日 (水) 07:45

武専お疲れ様でした。
今回の先生は本当に熱い思いが伝わってくる先生で
教わる方もとても楽しかったです。

人を変えようと思ったらまず自分から・・・という言葉を思い出しました。
一生懸命練習してもらおうと思ったら、まず自分が一生懸命にならなければいけないんですね。
とても勉強になりました。
だから武専って好きなんです!

投稿: お母さん | 2008年6月 3日 (火) 08:43

一寸拳士さんへ
了解しました。
そうです、運動会の日焼けがまだ残っているようです。
それと道場通いは駅までと道場まで、日中に歩きますので、元の雪のような??肌に戻る暇がないのでしょう。
(ある人は言いました。「年取ると肌の回復が遅くなるのよねdash」)

投稿: トミー拳 ヨリ一寸拳士さんへ | 2008年6月 2日 (月) 09:47

先生、ビンゴです。
しかし、すいません。
情報登録しているはずなのですが....。

そういえば、先生、かなり日焼けされていましたね。
運動会焼けといったところですね。

投稿: 一寸拳士 | 2008年6月 2日 (月) 09:36

zakiさんへ
コメントありがとうございます。
今回の武専講師の先生には午後の後半の短い時間でしたが、好感がもてました。
静岡の事件の先生も、見方や角度を変えてみれば、バイタリテーや先見性、人を引っぱる牽引力は見習うところもありました。
・・・でも最終的には、自惚れの自信だったのでしょうね。
罪を清算し蘇ることを・・・。sun

投稿: トミー拳よりzakiさんさんへ | 2008年6月 2日 (月) 08:39

一寸拳士さへ
コメントありがとうございます。
そして武専お疲れ様でした。
武専は楽しく技の習得と金剛禅の気づきを・・・もらえますね。
さて、一寸拳士さんの指導者像が目に浮かびます。
そして楽しみにしています。
頑張れ!!scissors
(一寸拳士さんで無かったらごめんなさいcoldsweats02

投稿: トミー拳 ヨリ一寸拳士さんへ | 2008年6月 2日 (月) 08:32

アツい先生がお見えになったようですね。
今月は参加できなかったことが悔やまれます。

出張講師の先生の技術もさることながら講義や最初の挨拶での何気ない一言から多くのエネルギーをもらうことがあります。

情熱だけでも分けてもらいに行きたかったです。

投稿: zaki | 2008年6月 2日 (月) 08:07

お疲れ様でした。

今回の出張講師の先生のお話は、胸に語りかけるものがありました。真剣で少しお茶目で目が離せない1日でした。

また、実技での動きが、うちの支部長に似ているところが多く、私たち門下生としてはとても理解のし易いものでした。
動きだけではなく、技に関しての考え方や説明の内容にも共通点があったように感じています。
是非、また教えていただきたい先生です。

投稿: | 2008年6月 2日 (月) 07:13

磯母さんへ
コメントありがとうございます。
自分も本科の練習風景が目に入っていました。
パワーアップに・・・真剣みが感じられます。
そして楽しそうでした。

静岡問題も決着しホットしています。
控え室での講師との短い雑談で・・・またホットしました。


投稿: トミー拳より磯母さんへ | 2008年6月 2日 (月) 06:29

武専お疲れ様でした!!
予科で教えていらっしゃる先生の姿を、
時々ですが、チラ見してました(笑)
本日の出張講師の先生は、とても、熱い!!情熱を
お持ちでいらっしゃいましたね。
教わっている私たちも、楽しかったです!!

投稿: 磯母 | 2008年6月 2日 (月) 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/41394395

この記事へのトラックバック一覧です: 253)◆傷の完全払拭(6月武専):

« 252)◆身の丈の”技”と”教え” | トップページ | 254)◆地球を持ち上げてみよう! »