« 249)◆(見方)少林寺拳法技術科目DVD | トップページ | 251)◆見ていると伸びる・・・テストの結果。 »

2008年5月29日 (木)

250)◆目的、目標の混同が・・・生む悲劇

目的と目標の混同が生む様々な事例は多い

生き方、仕事、習い事・・・・等々。あるべき姿を見据え、その所に向かうために目標が設定される。

・・・武道団体の中では”ぶれない目的”を持つ少林寺拳法。”拳”を主行とする団体。

・・・武道であり、スポーツらしきものであり、格闘技流であり、そして禅宗である。

・・・だから、老若男女が出来る少林寺拳法・・・と開祖(少林寺拳法創始者)は言われた・・・と理解している。

・・・そして鎮魂行で唱和する教典の最後、「・・・理想境建設に邁進す、云々」、この文言を拳士全員で唱和する。

月1回の武道専門コース(武専)でも毎回、生徒全員で唱和している。

・・・極論すると、「理想境を創るために、身体を鍛えておけよ!」

そして分野分野で心身を強化し、幼年も少年少女も老年も青年も、自己を見据え確立せよ。それが自己確立であると思っている。

少林丸と金剛丸の目的地は一つ。そして少林寺拳法は創始されたと思う。

生前、少林寺拳法開祖の法話テープから学んだ事。「金剛丸の行き先はきまってる、行き先をはきちがえている人は、金剛丸から降りてくれ!」

体調を崩されていても尚、迫力の発声である。

eyeglass
「私(開祖)の志と理想を実現するための船だ!少林寺拳法は・・・」叫ぶ開祖が見えてくる。・・・そんな夢を見ました。

注)
目的とは:成し遂げようと目指す事柄。行為の目指すところ。
目標とは:目じるし。目的を達成するために設けた、目あて。まと。(辞書から)

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 249)◆(見方)少林寺拳法技術科目DVD | トップページ | 251)◆見ていると伸びる・・・テストの結果。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/41359901

この記事へのトラックバック一覧です: 250)◆目的、目標の混同が・・・生む悲劇:

« 249)◆(見方)少林寺拳法技術科目DVD | トップページ | 251)◆見ていると伸びる・・・テストの結果。 »