« 220)◆TV放映・・・本山 | トップページ | 222)◆鼠の智恵・・・ »

2008年4月18日 (金)

221)◆イメージとの乖離

イメージの力は大きい。・・・それは間違いないと思う。

でも、イメージの大きさと現実の乖離(かいり)について行けず退部した人もいた。

入門動機は、いじめ等の環境から抜け出たく入門する子供もおおい。(親の勧めが大か・・・)

また少林サッカーのイメージで見学し、1〜2回体験し断念する子もいる。

以前、高校生でも格闘ゲームの影響で門をたたく人もいた。

格闘ゲームの様なパンチ(突き)、キック(蹴り)は・・・才能もいる。

一番多いのは、喧嘩に強くなりたくて入る人も多い。

精神的に強くなりたいです。・・・この動機も増えてきている。

そこで、長く続く人、続かない人・・・そこにはどの様な違いはがあるのだろうか?

おそらく、自分で処理できない大きさのイメージを抱き、入門しその乖離(かいり)に泣く。

話は飛びます。少林寺拳法開祖法話は聞く人のイメージをかきたてる。

・・・ような気がする。

創始数年で入門された先生方が良く話された言葉は、「開祖におだてられ、”豚もおだてりゃ木に登る”じゃないが、気がついたら、一生少林寺漬け、気がつきゃ”木に登ってた”」、だったそうです。

でも楽しい人生だった・・・と皆さんが言われる。

結論・・・

チョットの背伸びで手が届くイメージで・・・自分磨き!

手が届いたら、次ぎのイメージで・・・挑戦磨き!

道院長は下げて、上げての10人十色のイメージ提供の技術磨き!

これからも頑張りましょうゾ。

夢の持てる少林寺拳法に全力で取り組みたいものです。run

注)乖離(かいり)::はなればなれになること。そむき離れること。

「人心の乖離」「理想と現実の乖離」・・・

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 220)◆TV放映・・・本山 | トップページ | 222)◆鼠の智恵・・・ »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/40921124

この記事へのトラックバック一覧です: 221)◆イメージとの乖離:

« 220)◆TV放映・・・本山 | トップページ | 222)◆鼠の智恵・・・ »