« 208)◆全国大会・・・千葉の思い出 | トップページ | 210)◆川の流れのように・・・秘話 »

2008年4月 6日 (日)

209)◆燕が返る・・・技

千葉武専の入学式でした。(4月6日)

船橋総合体育館。

本山、出張講師の原先生(八戸東支部)

たしか4~5年前にも千葉武専にも来られたと思う。

原先生の技も良かったが、講義が印象に残っていた。

今回研修の終わりの質疑応答での時間・・・・。

「燕返」の説明です。

燕の飛来するイメージと危険を察知しヒラリと鋭角に進路を変更する技にダブらせた・・・「燕返」。

先生曰く、「おそらく燕は羽を船の舵の様に動かし、上下、左右、急降下、急上昇・・・を繰り返す」

(船の舵との表現は、しておられませんでしたが)

そして、燕返の受けの手を燕の羽のように返し・・・戻し・・・腕刀切・・・に進む。正に燕が飛来し、鋭く方向を変換するイメージが、少林寺拳法の技「燕返」・・・だと表現された。

・・・腹にストーンと落ちた。

・・・すると佐々木小次郎の剣術、燕返しも・・・腹にストーンと落ちるような納得でした。

先生・・・無事に八戸にお帰り下さい。

お疲れ様でしたbullettrain

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 208)◆全国大会・・・千葉の思い出 | トップページ | 210)◆川の流れのように・・・秘話 »

コメント

一寸さんへ
武専は副支部長と入られたんですね。
道場の稽古が充実しますね。

復習は当然でしょうが、「明日は武専だ・・・」、予習にも熱が入りそうですね。

少林寺拳法の技の名前は奥が深いですね。

投稿: トミー拳より一寸さんへ | 2008年4月 8日 (火) 10:28

雫さんへ
たしかに技の名前と動きのイメージが一致すると、嬉しくなるときありますよね。
閂固め、の閂。
木の葉送りの、木の葉。

城の入口の扉の・・・閂。
木の葉っぱが壊れないように握る・・・木の葉。
いろいろあります。

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2008年4月 8日 (火) 10:23

講義は私にっとても興味深いお話でした。
会社で同僚にメールで配信してやろうかと、思うほどでした。

『燕返し』は、凄かったです。質問されていた方、本当にやったらかなり吹っ飛んでしょうね。うちの副支部長も本年から復帰されたのですが、原先生の虜になっていたようです。少年のような目をして楽しかったといっていました。

勿論、私も楽しかったです!

投稿: 一寸拳士 | 2008年4月 7日 (月) 18:11

私もなるほど~、ととても納得いたしました。
燕返し燕返しというけれど、なにゆえの名前か、とは以前から思っておりました。
ただ、段受けで、スピードを速く、ということかと思いましたが、
昨日の説明をうかがって、名前と技が一致した、という感じでした。

やはり、武専は楽しいです。

投稿: 雫 | 2008年4月 7日 (月) 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/40794608

この記事へのトラックバック一覧です: 209)◆燕が返る・・・技:

« 208)◆全国大会・・・千葉の思い出 | トップページ | 210)◆川の流れのように・・・秘話 »