« 203)◆ながらタイムで鶴立拳 | トップページ | 205)◆子供のシグナルは言葉・・・ »

2008年4月 2日 (水)

204)◆PTAを・・・!

これからの少林寺拳法の組織のことを考えながら、読んだ新聞のコラム。

(4月2日朝日新聞、朝刊)

・・・それは、東京都杉並区和田中学校、前校長 藤原和博さんのこと。

5年前リクルート社員から請われて校長になる。

世間が注目を集めた教育界の校長人事だった。

・・・もう5年が過ぎたのだ。

・・・そして4月からはフリーになった。

彼曰く:

・・・「教育の世界では、どうしてこんなことやってこなかったの」と思うことが多かった。と言う。

そして、学校をオープンにすること。

・・・「地域に開く」ってよく言うけど、地域社会の力はぐんと落ちているから、開いてもエネルギーが入ってこない。

・・・学校が地域に活力を与える、ぐらいの気持でなきゃ。

・・・そこで、地域本部をつくった。(校舎内に事務所を置き。住民や学生が参加する。つながりを増す拠点にした)

そして植物の好きな人。、本好きの人、教育に関心のある人・・・コミュニティーをつくっていった。それぞれが。

・・・楽しくないとボランティアは続かない。

・・・「学校を手伝って」、ただ声をかければ良いわけではない。

彼は大きな最後の仕事を発表した。(残して去った?)

それが5年間の集大成だったか?

曰く:「PTAをなくします」!

^^^^^
このコラムのなかで惹かれた言葉。

「大切なのは、参加者が自分達で進化させるシステムになっていること。こんなこともやりたい。こんなこともある・・・ってね」

校長はきっかけを作るのが仕事。

あとは信頼して任せます。

何かあったら当然、責任はとるけど。

^^^^^
きっと何時か、「PTA」から「学校支援地域本部」に変わる時がきそうです。

校長、大きな仕事をしました。

改革は、たった一人の人間の気づき・・・そして実践です。

教育行政は守りになっているようです・・・。

まだ賛否両論でしょうが。

少林寺拳法も、これを他山の石として・・・。

ーーーーー

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 203)◆ながらタイムで鶴立拳 | トップページ | 205)◆子供のシグナルは言葉・・・ »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

お母さんさんへ
PTAも形骸化し、会長になる人もいないようですね。
そんな中で田中中学校も、これからの方向性に一石を投じたのでしょうね。

時間も変化し、細胞も生まれ変わり、なのに組織が変化しないで・・・そこに無理が生じているのでしょうか?

インターネットの超速、変化に組織が、面食らっているのが・・・現状でしょうか。

躍らせる人が悪いのか?・・・踊るのが悪いのか?

そろそろ釈迦(仏陀)の出番ですね。

投稿: トミー拳よりお母さんさんへ | 2008年4月 5日 (土) 10:01

校長によって学校が変わる。
まさに息子の学校がそうでした。
本の読み聞かせ、花壇、ペイント、親父の会と見事に父兄を巻き込んでとても楽しく、美しい学校にしました。
毎日のようにお母さん達の姿が見られました。

校長が変わったとたん、静か~な学校に。
私は今は中学で図書ボラをしています。

上にたつ人の人柄、人徳が大切なのですね。

投稿: お母さん | 2008年4月 4日 (金) 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/40738902

この記事へのトラックバック一覧です: 204)◆PTAを・・・!:

« 203)◆ながらタイムで鶴立拳 | トップページ | 205)◆子供のシグナルは言葉・・・ »