« 200)◆悟りの試験官 | トップページ | 202)◆三月は別れ・・・ »

2008年3月28日 (金)

201)◆西千葉とヌンチャク

昨日の朝は散歩日和。

・・・西千葉駅まで歩く。25分、片道。

桜も一気に満開に向かう気配・・・の朝。

ややくもり、寒くも暑くもなくshoe、てくてくと。

ゆらゆらと歩いて”99ショップ”に寄ったり、”公園の桜”を眺めて、一寸、一休み。(ちょっと、ひとやすみです)。

一寸さん、一休さんのことではありません。

・・・実は目的ありの、散歩でした。

大きな空き地、ノッパラ(野原)、ボーイスカウトがキャンプ場に使うこともある敷地。(この地主さん○○億の?)

ここにマンションが建ったとの噂。

訪ねると、びっしり建物が・・・。

このマンションの裏に、透けて、あぶり出しのように・・・昔の野原が見えてきました。

青年の頃です?。木と葉っぱを相手に”ヌンチャク”の腕を磨いた、野原の道場だったのです。

(木々を虐待しないように叩いていました)

葉っぱを上段から一枚ずつ、5枚くらい叩き・・・。

時々自分の頭もたたきそうになり、ながら・・・。

そのヌンチャクは以前道場で練習したベルギーの人、エロール君の贈り物でした。

まだまだ身体を鍛えなくちゃ〜と再確認した。・・・ゆらゆら散歩でした。

「温故知新」、古きを訪ね、気持ち新たにトライ、挑戦していきたいと思う、散歩になりました。

駅の近くのドリンクバーのcafe、でしたが・・・美味しく感じた朝でした。

外の景色にありがとうでした。

エロール・・・生きているのかな、日本人より武道、忍者に詳しい青年だった。

少林寺拳法開祖語録

時代の流れを無視しては駄目だ。

少林寺拳法だって、時代の流れの中にその在り方を生かしたから発展したんです。

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

|
|

« 200)◆悟りの試験官 | トップページ | 202)◆三月は別れ・・・ »

コメント

まんじ丸さんへ
ヌンチャクは必要に迫られ始めましたが。
やり始めたら楽しくなり、たまにブン回しています。
三節棍までこなすとは凄いですね。
今度、動画で見させて下さい。

投稿: トミー拳ヨリまんじ丸さんへ | 2008年4月 5日 (土) 20:10

ヌンチャクは私も大好きで、小学生の頃からやってます。
たまに、子供達が教えてくれとせがむので、教えてあげます。
トンファーや流星錘、三節棍なども見せてあげます。
ゲキレンジャーが放送されてた時は、登場する中華兵器は全部持ってたのでwww

投稿: まんじ丸 | 2008年4月 4日 (金) 12:39

雫さんへ
コメントありがとうございます。
確かに、にんじゃって黒子役ですが、影の主役的な役で・・・渋いですよね。

実は何故トミー拳がヌンチャクを始めたか・・・?
それは、ちょいと血なまぐさい話が始まりです。bomb

当時道院では、でかいカマ二本をヌンチャクに仕立て、自分の首を切らずに振り回した、つわものもいました。

物騒な世の中です、カバンにヌンチャクを忍ばそうかとcoldsweats02

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2008年3月29日 (土) 07:59

磯母さんへ
コメントありがとうございます。
忍者って、昔のスーパーマンのような夢がありますよね。
ドロンと煙をだして、煙にまき、屋根を疾走したり・・・。
少林忍者道院など検討してみてはgood

確か野田に忍者修行している人いましたね。

投稿: トミー拳より磯母さんへ | 2008年3月29日 (土) 07:48

ヌンチャクに忍者。
やはりトミー拳さんはただ者ではなかったのですね。
というか、拳士仲間にはただ者でない方が多いのですが。

子ども時代から、忍者へのあこがれがありましたね~。
「仮面の忍者赤影」が大好きでした。
水戸黄門の「お銀」や、暴れん坊将軍の「お庭番」なんかにあこがれたりして。

忍者にはなれませんが、同年代の他の女性よりは敏捷に動けるように、日々努力を重ねていこうと思います。

投稿: 雫 | 2008年3月28日 (金) 18:20

忍者・・・という言葉に反応してしまいました。
なんでも・・・
忍者が私の住んでいる野田にいるらしいのです。
その業界では、有名な人らしいのですが・・・。
そういえば、その方の近所には、外国人がたくさん歩いていて
昔ながらの商店街で、地下足袋とか、買っているのを見たことがあります!!

投稿: 磯母 | 2008年3月28日 (金) 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/40662856

この記事へのトラックバック一覧です: 201)◆西千葉とヌンチャク:

« 200)◆悟りの試験官 | トップページ | 202)◆三月は別れ・・・ »