« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月28日 (月)

159)◆「気合」あれこれ・・・

発生「気合」そして含み「気合」に~

道場の指導では20年間も変わらずに、「気合」は大きな声を発生してもらっている。

昇段を重ねた有段拳士には含み気合に変えなければ・・・と思いながら出来ていない。(指導していない)

常に疑問を持ちながら・・・。

・・・変えれない理由がある。

気勢を高め心を高揚させ、細胞を躍らせるには、大きな発生から入るのが常道だからである。

新入門者や少年部の皆さんの手本には、高段者も大きな大きな声を発して、手本をつくる必要がある。

それと、演武でのあの大きな気合は審判の目にも高感度に写る。(本当です)

・・・気合(単なるでかい声)も技のうちだ!・・・と少年部には話している。

-----

真の気合は「含み気合」かもしれない。

身体に「気」がいきわたり(充満し)ほとばしる様に声が発せられる。

身体に「気」が満ち満ちて・・・声になる!

・・・気の行き場が無くなり、気合になる!。(身体の爆発)

少林寺拳法の調息法の”吸気~漏気~「充気」~呼気~残気”このサイクルを回す中で「充気」が重要であると開祖は話されている。

(充気は当然丹田に納める)

技法の修練時に、この「充気」を活用できたら新たな世界が開けそうです。

この充気こ導かれた気合が「真の気合」とおもっております。(現時点では・・・)

丹田は起爆剤。丹田は起爆剤。

脱力した力は丹田に集めましょう!

----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2008年1月27日 (日)

158)◆鼻が洪水

ここ一週間鼻水が止まらない。

風邪と花粉症のミックス症状か?

まだ花粉症の発症は経験なし・・・ですが。

大鼻詰まり・・・口(くち)呼吸を強いられ寝てからも大変です。

分刻みの洪水(ハナミズ)に見舞われ・・・何故断水しないのか?

そこは少林寺拳法の拳士・・・。

なにか前向きな材料はないものかと智恵を捻る・・・。

あった!、「この鼻水は、おそらく粘膜付着の強力ウイルスを流しているんだ」

すると、「この洪水がなかったら、インフェルエンザが発症かも?」

・・・と考えるようにしたら、気分が楽になり、ブログ書く気になりました。

やはり心の持ち様が”身体”に影響を与える・・・納得の境地。

”拳禅一如” ”心外無法”(少林寺拳法の教え)がより身近に。

風邪も修行のうち。

(だれですか、「風邪をひくなぞ修行が足りない」)・・・の声。

ー少林寺拳法開祖語録ー

卍は縦と横の調和した形。

われわれの人間関係も縦割りではなく、上があって自分があって下がある。

横も、自分があって両サイドがあればいい。

それを広げていくと無限につながるのです。

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年1月24日 (木)

157)◆mixi の感触

チョット前、mixiを紹介された。

2~3度の特訓で辛うじて出来た

開始と同時位に8~9人の仲間ができる。

まだまだ操作がおぼつかなく・・・遅い。

(このブログも狭い範囲の知識で何とか立ち上げた。7ヶ月)

mixiはあの社長、笠原さんの記事やTVのドキュメンタリー番組で知っていた。

それ以前、自分は、ミクシー・・・セクシーのレベルでいましたヨ。

(すみません!)

でもあの社長さんの風貌からして、かなりまともな会社だなと、自分で値踏みしていた。

以前にトライしたが、紹介者がいるなら~と・・・断念した事がありました。

少林寺拳法開祖は昔、入門者は誰かの紹介者がいないと入門を許可しない時期がありました。

(笠原社長も・・・開祖に近い考えか?)

また、画面が良く出来ているのには驚きました!

それだけではない、皆さん(お客さん)がコミュニケーションを取り易いような対策が多い事・・・。

・・・・さすがに広がるだけの事はある。

少林寺拳法も・・・これを見習えば少林寺拳法人口が倍増か?。

本山の総裁や代表や会長が気楽にコメント書く日などを決め、無差別に”コメント”を書き込んだら・・・最高の少林寺拳法になるかもね???

(失礼しました)このくらいで。

ーーーーー

トミー拳 (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年1月20日 (日)

156)◆今日は新春の集い(県連)

今日(1/20)は少林寺拳法千葉県連盟互助会主催の「新春の集い」だ。

毎年途切れずに続いている。

(現在は190名位の参加)

発足当初は・・・

道院長同士(同志)が「今年は、忘年会やるかい」

・・・「今年は忙しいから来年の新年会にしますか?」

良い意味の仲良しクラブの感。

数十名で真?の懇親を深めた会でした。(この頃は道院長代理で出席でした)

だんだん充実していき、総裁をお招きしたり、代表の講話の後に新春の集いだったり。

さらに、数年に一回は技術講習会も開催している。

会長や校長を招き技術と講演。

整法の高名な先生をお招きし講習会も数回行った。(かなりの昔ですが)

----

10年くらい前からか、集いの会に余興を挿入?し始める。

胡弓、シャソン、ジャズ、・・・などなど。

今日は、ハーモニカ奏者を招いての演奏です。

演奏を楽しむも良し。懇談・懇親のバックミュージックにして頂けたら幸いです。

さて、私は雑務で宴の輪に何時頃から入れるやら、会費集めに、もろもろ。最後は三井ガーデンホテルに支払いと、酔ったら計算が出来なくなるトミー拳 です。(僕、互助会会計。シッカリ!)

ここ10年弱は、・・・集いのスタートの挨拶や余興は聞けず、作業しながら漏れ聞える音に神経を集中する・・・またこれも楽し・・・です。

ビンゴの景品は一人平均1000円弱ですぞ!

(ビンゴ景品の買出し部隊、お疲れさんです)

千葉県連盟・互助会・そして拳士の皆様、今年も良き1年でいきましょう。

参考)道院長・支部長の皆様の年会費で運営されております。

会場:三井ガーデンホテル(千葉パルコ斜め前)

時間18~20時

酒酔い運転は厳禁です。

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年1月19日 (土)

155)◆本山からの土産・・・小説

書名:オレンジの君  著:竹内アリス  

出版社:goodbook 出版

少林寺拳法本山・本部で本の紹介を兼ねた小説の販売。

(少林寺拳法グッズ以外の小説の販売は珍しい)

先週、土、日の新春法会の会場でのこと。

本山食堂前の吹き抜けのフローアーで・・・表紙がオレンジ、題名も「オレンジの君」だ。

達磨の君、少林寺拳法の君、とか金剛禅の君、なら・・・かなり少林寺拳法近いが?

オレンジ・・・イメージが湧かない。

作者は竹内アリスさん。

・・・確か!先月号?会報に載っていたのを思い出す。

赤いリボンで紐で飾られた包装。

見本をめくる、主人公の女性は、宗貴 杏(そうき あん)

(宗由貴総裁の名前、上と下の合作で宗貴・・・)

・・・これエッセイ集、小説?

売店、「小説ですよ」

僕、「オレンジじゃイメージ湧かないね!」

売店、「そうですか?」

僕、「エッ、あなたが書いたんですか?」

売店が一変、作者に・・・「そうです!」

チョット僕が買うには抵抗があった。(照れる意味です)

でも買いました。1680円。

・・・本当です。”極上の恋愛小説”でした。

宗貴 杏の彼、少林寺拳法四段でした。

所属道院は公開されていませんでした。

皆さんの道院に沢山散らばっている”男前”拳士です。

スパイス程度の少林寺拳法の技でしたが・・・。

ダイヤのように・・・。

(この山葵的な技が光ってます!)

・・・彼(宇崎翔也)何と「木葉返」が得意のようです。

余韻を沢山残してくれる・・・小説でした。

是非、一読を・・・・

(少林寺拳法 大阪の道院長の奥さんでした)

ーーーー

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月18日 (金)

154)◆正月から「偽」・・・

偽装の記事が新聞一面を連日にぎあわせた、昨年。

今年も偽装の嵐はおさまりそうもない。

(正月早々・・・)
大手製紙会社の殆んどが古紙の配合率に偽装が発覚。

そういえば思い当たる事がある。

昨年の後半○○○○カメラ千葉店のコピー用紙の山だったのが1/5位に減少している。

白さをうたい文句の○○社の用紙がない。

何故、と思いきや正月早々の紙面で納得。

^^^^^^

開祖は、「人間は、そう簡単には変わることない、でも変えれる。一歩一歩階段を登るように改造する・・・。」

またこんな、教えも残されている。

なかなか変われない人に、「メッキを貼れ、死ぬまで剥がれないメッキなら本物だ!」・・・と。

まてよ・・・これ偽装?(さてさて、かなりの難問です。これは)

^^^^^

船場○○さんも、赤○餅さんも何十年も前から・・・でした。

(代々、偽装のテクニックを申し送りで、シッカリ手順書が有ったのでしょう)

まだまだ続く、食肉業界はもう偽装は当たり前の感。

(消費者の舌は???見抜けなかった???)

きっと、偽装をやめたらその会社はつぶれているのかも知れません。

^^^^^^

宗教団体も偽装だらけ。最大事件のオウム真理教を頭に、人を騙し濡れ手で粟の感。(これも人を騙す手順書があった!)

小さな宗教団体では泣き寝入り・・・の被害者が数知れず。

最後に声を大に言いたい。

少林寺拳法・・・宗教法人金剛禅は素晴らしい宗教団体です。

きらびやかな建物も、万巻の書も要らぬ!と豪語した達磨、釈迦(仏陀)の教えの原点だった。

少なくともその道を示し続けた少林寺拳法 開祖 宗道臣

少林寺拳法 金剛禅 自信をもって進みたい、迷うことはない。

^^^^^

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月17日 (木)

153)◆雪、足位?

朝、外はうっすらと白い。

自宅の窓際で聞える、通園児の声のトーンが何時もと違った。

やはり・・・そうか!

(大昔?は雪が降ると、犬は大喜びで転げまわり。ほんと・・・気が狂った様に・・・)

今は子ども達だけが喜ぶ。

(犬のDNAをどこかの博士がいたずらしていなければ良いが。今は地球温暖化ストップに集中して欲しいです・・・博士)

-----

今日は家出?(家を出た)は床屋と門下生の病院見舞いです。

以前の会社勤めの朝と同じ時間。

行き先は松尾町と成東(山武市)。

まあ、家からだと片道1時間40分は要る。(まあ、1日仕事)

久しぶりのあわただしい出勤風景に出くわす。(皆さ本当にご苦労様です)

-----

そこで、少林寺拳法の話。

我、身心共に自分に余裕が出たのか?

見慣れた風景なのに少林寺拳法の足捌きのヒントを発見出来た。

・・・それは、千葉駅西口。駅から人の集団が鉄の階段を下りてくる。

まだ雪が残る鉄板階段だ。(滑りやすい)

この集団には逆らえない・・・避けたい・・・しばらく待つ。

そこで、凄い発見をした。

滑りを警戒して歩を進める足、足、足・・・足だらけ!

それもゆらゆら、フラフラ、下から見上げるから良く解る。

年令は子供から65歳位まで。

観察のデータ収集には申し分ない。

「内受突」「開身突」「転身蹴」・・・の足捌きの参考になった。

「足刀蹴」の軸足。この足さばきなら、足刀蹴りも安定するかな?

滑りを防ごうとする足は、膝から足首、そして足の底、4~70Kgの身体を
滑りから守るには”こんにゃく”の様にみえた。

ウーン、これは「千鳥足」に応用できるかな?・・・。

天地拳第四系の連蹴りの前足のヒントにも!

語りだしますと、限がありません。この辺で・・・。

これも雪と鉄の階段のお陰でした。

(一人も転ばずに通過しました)

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年1月14日 (月)

152)◆本山、新春法会、帰山

正月12日、新幹線に揺られ本山(四国香川県多度津町)に帰りました。千葉市美浜区は、雨。

(開祖曰く、「こういう活動をする人は、本山に帰ると言う」だから帰山・・・

でも多度津駅では雨は上がり、大先輩の○○先生の希望で少林寺拳法公館の前を歩き、本山へ向かう。

駅前のモニュメントを眺め。200801142042000少林寺拳法公館の前を歩き。

200801142043000_2

200801142046000

正面には”鏡開き”の文字が光る!本山入口。

勤続表彰を受けた。

200801142048000

本堂の祭壇で奉納演武。200801142138000 本堂の祭壇の中心に大きな達磨。

少し話しかけました!

達磨無言!

でも口が・・・何かを語りかけてきた。

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2008年1月 9日 (水)

151)◆燈明

竹筒の中のろうそく(蝋燭)

自宅近くの神社(登渡神社)

小さな神社の参道に左右に立並ぶ(竹)灯篭。

200801011205000

蝋燭のかまくら?。

ここには、重さ1トン位のお神輿が収められている。

祭りは、毎年9月5日・・・何年か前に担いだ、肩がしばらく痛かった。

-----

元旦。灯火を見ながら(拝みながら)本堂までゆっくり歩いた。

本堂に着く頃。願い事は終わっている。

お賽銭をあげる。そしてお神酒(おみき)を少しなめる。

灯火が連想を促す、釈迦の教え、「自燈明」、「法燈明」・・・。

少林寺拳法 金剛禅の教え。

■それは、「自己確立」、信じれる己、(自己を頼りに・・・)。

■それは、「南無ダーマ」、技法、法形、法話で舵取り、(法を頼りに・・・)。

飛燕の技で教え倍増と行きたいところですが?。

----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法千葉松尾道院

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年1月 8日 (火)

150)◆三つの頑張り!

稽古初めだった。1月7日(月曜日)19時〜。

少年拳士達へ・・・今年の三つの、お願いをした。

■人の話をよく聞くこと、そして自分の口から、自分の気持ちを話せるようにすること。
・・・これを頑張ってください。

■道場は修行する場所です。練習することだけを考えること。
・・・これを頑張って下さい。

■お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、お父さん、お母さんがいなければ、君達はいなかったんだよ!・・・これを毎日考えること。そして親によいことをしよう。
・・・これを頑張って下さい。

ひらがな文で、子どもでも読めるよう、願いも込めて全員に渡す。

そして中学生の一人に、全員の前で朗読してもらった。

みんな真剣に聞いてくれていた。

・・・目でわかった。

「今年もいい年にする!。いい道場にする!」・・・。

ーーーーー

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年1月 6日 (日)

149)◆武道とスポーツ、中教審

ブログ、「内田樹の研究室」・・・武道談義から、書きたくなりました。

^^^^^^
中教審答申「武道の必修化」についての話が進む・・・

(中学校で武道必修科目に・・・)。

武道とは。

「ルールが決められた場での術を競うことと、ルールがない状況でなお最適な行動を選択することは違うことである」

・・・どちらが正しいとか、よいとかということではなく「違うこと」である・・・と。

^^^^^^
武道が育てようとしているものは個別的な身体法ではなく、どのような状況であっても適切なふるまいを選択して「生き延びる能力の方であるであると私は(内田)理解している。

たとえて言えば、「ちゃぶ台」の上で限定的な能力を競うことと、「ちゃぶ台」をひっくり返すことの違いである。

古武道大会の控え室で、ある流派の武道家が家伝の術の妙を述べていた。

控え室でそれを聴いた人が、「そちらの流派では手首をとられたときにはどう返すのですか?」と訊ねたところ、くだんの武道家はではやってみましょうと片手を差し出した。

質問をした武道家はその小指をつかんでぽきりと折った。

この逸話は端的に「スポーツ」と「武道」の差を表しているということが今になると分かる。

^^^^^
小手抜、逆小手でさそいの手を攻者に出すときは必ず拳を出す、開いた手を出すと小指を折られますぞ!

「真の武道」を標榜する少林寺拳法。普及には注意が必要と思います。」

------

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 4日 (金)

147)◆いい番組だ!

余韻を残す番組だった!

二日の日、夜9時から1時間15分、イチローさんのドキュメンタリ番組が放映された。(NHK、21:00~22:15)

自分は野球は詳しくはありませんが。

イチローさんのバッターボックスでのスタートのポーズ。

右手に愛用のバットを高々とあげ、左手で腕まくりの仕草。

バットを日本刀に見立ててか?。

ピッチャーに標準を合わせ、バットの先端を凝視する?

-----

イチローさんのいろいろな発言で、単なる野球人(プロ)ではない・・・と思っていた。

案の定的中した。

集中を高めるための施策は群を抜いてる。

驚きは、11時ころ食べる、朝食兼昼食のメニュウーだ。

7年以上も前から?・・・自分でも憶えていない位まえから「カレーライス」のみの食事を摂る。

愛妻仕様で、かなり栄養価は高そうだが、シンプルなカレーライス。

「カツ」などを乗せたカレーライスは信じられないと、トーンを上げて喋る。

食べるときは、常に「上手い!」を連発していた。

(・・・トミー拳 の解釈:これも集中力UPのツールか?。毎回同じ物で心の安定か?安心か?)

-----

初公開の、あのでかくて黒いキャスター付きのカバン。

中は、足に施すローラーマッサージの機械と枕を・・・持ち歩く。

専門家に作らせた健康サイズの弾力枕か?。

(・・・これも集中力UPのツール)

靴(スパイク)も凄い!足の裏を入念にローラマッサージするだけあり、かなり薄い、極限まで薄く軽い仕様のスパイク。

1試合で何足?も駄目になる様だ。(足は土台だからと大事にしている)

野球場の専用室を二つ使用する。

そこは靴の山。(廃棄分と新品のスパイクで山になる)

彼の俊足を生かした盗塁記録は、靴とマッサージ器に秘密があった。

・・・あの背面キャッチも、ただの「おふざけ」ではなかった。

・・・自分に自信と・・集中力を・・生むためだった!

明らかにボール球に手を出すのも、自分からの意思行動でもあるらしい。

日本から訪ねてきた友人との雑談では、武人か哲学者を思わせる。

あんなに集中しているかに見える、バッターボックスでも、入る前にはストレスで何度も「嘔吐」する事もあると言う。

本人が「顔色が悪いときは吐いてボックス立った時です」

「でも、1本ヒットを打つと解消します」との事。

少林寺拳法の角度から印象に残る場面は・・・。

・・・ありました。

彼のウオーミングアップは一分の狂いなく毎回行う。

(内容と手順、量が・・・狂わずに・・・機械の様に)

そこから集中力UPが生まれる。

インタビューする脳学者が、「脳でイメージ集中をはかるよりも、細胞の多い身体全体で・・・」が、いいようです。

だから、「拳一如」でなく「禅一如」なのかな?

やはり「動禅」が勝るか?。(禅は心、拳は身体・・・)

すると、「心外無法」は?・・・それは、運用の違い?。

-----

番組には城島も時々顔をだした。

彼の二つのヒットした話しは・・・。

「イチロウさんは他人のバットやグローブは絶対に触らないし持たない」

(何故か、それは他人のバットの重みで手の(腕の)感覚が鈍るから)

もう一つは、イチローがヒットを一本も打てなかったときの一言がおもしろい。

「イチローさん、今日はパンツの線が違いましたね、また色も赤じゃなかったですね・・・」

そこでイチローが「あいつはキャッチャーだからお尻ばかり見ているから良く分かるんですよ」

少林寺拳法、拳士も見習う事が多い、良い番組でした。

録画したので、また見たい!。

-------

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 少林寺拳法千葉松尾道院 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年1月 2日 (水)

146)◆喝、ダルマ!

200706121702000 道場の祭壇に、でんと構える達磨。「カッ!」

・・・喝!

右手には数珠を鷲づかみにし、口は大きく開き発声は「カッ!」

少林寺拳法の道院開設前から予測して上野で気に入り、前もって買った代物です。

なんと耳にはイヤリングをしているのです。(本当です)

作務(道場の掃除)のときは門下生に、祭壇もから拭きをしてもらう。

するとこのイヤリングが絡まる。

「その達磨はイヤリングをしているからネ・・・」の注意。

7~8年前、門下生の高校生の友人(男性)が何と可愛いイヤリングをして入場した。

「そんなのは外せ!」(その当時はまだ男性にはイヤリングは市民権を得ていない)

(そして僕もまだ少~し、若かった)

その男性は来なくなった。

冷静になって考えた時、「まてよ、家の本尊はヤッテルヨ、イヤリング」・・・・?

(家とは:千葉松尾道院の事です)

------

そんなわけで達磨あれこれを考えました。

達磨さんの教義。
二入四行論はこの二入が味噌だ。

修行は入り方が二つあると云う。

一つは、理から入る方法(先ず理屈から、入る方法)

二つ目は行から入る方法(行、実践からか?入る方法)

さて、私はといいますと「理」から入った。
それは、カッパブックスの開祖の著書「秘伝 少林寺拳法」の教えの面に感動して、いても立っても居られず入門行動をおこす。

(武勇伝も素晴らしかったです・・・)

-------

実は、この本は発行社の依頼でかなり書き直した(直された)様です。(開祖談・・・です)

開祖は「会社がもっと武勇伝を沢山入れてくれ」と言うわけであのような本になったとか。

(直される前の本が見たい!)

さて、皆さんは理入でしょうか? 行入でしょうか?

次回は手も足も出ないダルマ、何回転んでも起き上がる達磨、少林寺拳法・金剛禅の本尊のだるま、の教えを語りたい。(しばらく、勉強してからです)

「喝」とは禅宗で、言葉以上のものを表現し、また他を叱咤して悟りに導くための一種の叫び声)-辞典からー

(千葉武専でこのように似た方、そして迫力のある方みかけます!?)
ーーーーー
トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 1日 (火)

145)◆(元旦)五つの探り・・・

謹賀新年

今朝は元旦だ。

街中(まちなか)がゆったりと流れている。(まだ薄暗い)

街中の風景は大晦日とは、一変する。(変わらぬ景色なのに?)

前日から準備で置かれた門松が・・・。

昨日とは違う輝きを放っている。

(正月・・・人の智恵?、心改まり誓うには良い環境?)
-----
近くです。徒歩6分。

登渡神社(とわたりじんじゃ)に初詣。

当然、神殿正面に「礼!」。(お賽銭は年金収入にあった額?)

合掌は、両肘を張り、五指を開き、手は高めの金剛禅の合掌礼。

・・・そして小さく「南無ダーマ」を唱える。

(道訓にある言葉::~人心は、即ち神なり仏なり、神仏即ち霊なり~神仏に礼し~云々~)

なんと「神」と「仏」の語が会わせて12語もでてくる、道訓
-----
仕事の時間から解放されて、2年目に入る。(今年の9月)

昨年は諸々の垢をクリヤーにした年だった。

(綺麗過ぎるが、「初生の赤子として・・・云々」の気持ち・・・)
------

さて、今年はこれを!(探りたい五つ

▼内部の声を探る。(特に身体の・・・)

▼本尊「達磨」を探る。

▼信仰の中心「ダーマ」を探る。

▼薄まった技を濃く・・・を探る。

▼連反攻の修練を探る。
------
今年も(拳のつぶやき)を宜しくお願い致します
------

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法 千葉松尾道院

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »