« 150)◆三つの頑張り! | トップページ | 152)◆本山、新春法会、帰山 »

2008年1月 9日 (水)

151)◆燈明

竹筒の中のろうそく(蝋燭)

自宅近くの神社(登渡神社)

小さな神社の参道に左右に立並ぶ(竹)灯篭。

200801011205000

蝋燭のかまくら?。

ここには、重さ1トン位のお神輿が収められている。

祭りは、毎年9月5日・・・何年か前に担いだ、肩がしばらく痛かった。

-----

元旦。灯火を見ながら(拝みながら)本堂までゆっくり歩いた。

本堂に着く頃。願い事は終わっている。

お賽銭をあげる。そしてお神酒(おみき)を少しなめる。

灯火が連想を促す、釈迦の教え、「自燈明」、「法燈明」・・・。

少林寺拳法 金剛禅の教え。

■それは、「自己確立」、信じれる己、(自己を頼りに・・・)。

■それは、「南無ダーマ」、技法、法形、法話で舵取り、(法を頼りに・・・)。

飛燕の技で教え倍増と行きたいところですが?。

----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 少林寺拳法千葉松尾道院

|
|

« 150)◆三つの頑張り! | トップページ | 152)◆本山、新春法会、帰山 »

コメント

拳法一代さんへ
組織が巨大化すると小回りが効かなくなるようです。

正しいと思っていても組織防衛には・・・まあ、いいか?という流れも感じられる昨今ですか。

卍から双円、漢字から英語、外堀は完了!
次は内堀の大変革ですね。

言い尽くされた言葉ですが、組織は縦糸と横糸がシッカリと・・・。

今日は(1/12)これから本山に帰ります。
列車に揺られ考えます。そして本山からの眺めを楽しみます。

2008年の新春法会は雨模様ですが・・・。


投稿: トミー拳 ヨリ拳法一代さんへ | 2008年1月12日 (土) 07:04

教範ですか・・・不良拳士?でしたので(笑)四段受験までは重要箇所や大切と思われる部分を赤マーカーや青マーカー等をして良く読みましたが・・・最近は・・・

技術の解説も「我と彼の・・・」と言う行の箇所などは苦手中の苦手で、ややっこしいのも程があるなぁ~なんて感じでした。

指導を受けた人なら分かるだろうからと解説部分を割愛しているのでしょうが・・・ネットで技の公開がされている現在では無意味な事じゃないかと思いますね。

それにしても多分、技術・技法専門ですと今後は道院長資格剥奪?なんて事もあるかも知れませんね・・・。そして技の中に内在されている教えは忘れ去られる可能性も・・・

そんな予見がする昨今です。

投稿: 拳法一代 | 2008年1月10日 (木) 22:55

kenpouitidai さんへ

袖十字の件確認しました。絶妙なタイミングです。
昨日、道院長さんに伝えた袖十字間違えなかったのでホットしました。
ところで、教範の説明文読まれましたか?
どこか???ですね。(以前からの課題??)

投稿: トミー拳 ヨリ kenpouitidai さんへ | 2008年1月10日 (木) 19:47

「袖十字」は私のブログ07年6月27日と28日に
先生の映像と合わせて述べていますので
宜しければ御確認下さい。
(幸い映像削除しなかった時期でしたので残っていましたので・・・)

この袖十字は「拳法資料館」にも
まだ映像がアップされていません。

投稿: 拳法一代 | 2008年1月10日 (木) 19:20

磯母さんへ

今回の写真は太陽の光が斜めに入り込んで自分でも「いいな!」と思っていました。
ありがとうございます。

これは、携帯のカメラで撮影しました。
最近は,ー905iとか最新の機種が出ていますが、私、まだ相変わらず古~い、P-701iです。
130万画素です。

少林寺拳法の教えが?、携帯カメラワークに生かされているようです?。

話は変わりますが、昨日さる道院長さんから電話がありました。
えー今、修了審査の勉強中。「袖十字」教えてください」。

そこで思わず磯母さんの審査のことが脳裏にちらつきました。頑張って下さい。

投稿: トミー拳 ヨリ 磯母さんへ | 2008年1月10日 (木) 18:59

トミー拳さんのブログに添付されている写真を見て
思うのですが・・・・
こちらもお上手ですよね。
今回の写真を見て、つい「かぐや姫」を探してしまいそうになりました。

投稿: 磯母 | 2008年1月10日 (木) 18:29

kenpouitidai さんへ

拳法資料館には今月の4日頃から訪問させて頂いています。あれだけの資料をよく整然と保存されたとは驚きです。ありがたいと思います。

kenpouitidaiさんも、分かりやすく、奥の深い解説が自分には参考になり、また良い刺激になっております。

自分が入門した時の技がよみがえりました。
まあ!、こんなんにも忘れていたのかと大反省です。

変化と称して、でたらめでも何とか掛かってれば良しとしていた自分に、「技」大構築の感です。

先生は老若男女が掛けれる技を再現してくれています。
これ、さらに分かりやすく拳法を愛する人達に、浸透出来たら良いですね。
ありがとうございました。

追伸:ハードデスクは如何でしたか?
(ご愁傷さまです・・・か?)

投稿: トミー拳 ヨリ kenpouitidai さんへ | 2008年1月10日 (木) 18:14

「拳法資料館」もリンクされたのですね。
膨大な資料があり最高の教材ですよね。

私も事ある毎に訪問して確認させて貰っています。
指導されたが忘れてしまった事や指導された記憶がない事なども含め真の技法のあるべき姿が垣間見えると思います。

この「拳法資料館」と言うサイトの法縁で一休さんや一寸拳士さんやら・・・色々な方々との法縁も出来、修行の意義も大きく変化をしました。

投稿: 拳法一代 | 2008年1月10日 (木) 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17630628

この記事へのトラックバック一覧です: 151)◆燈明:

« 150)◆三つの頑張り! | トップページ | 152)◆本山、新春法会、帰山 »