« 141)◆満員電車 | トップページ | 143)◆間違い探し・・・から »

2007年12月29日 (土)

142)◆道院長になって(初期)

(道院開設当時を振りかえる)

道院・支部を開設してから少林寺拳法の見方が変わった時期があった。

少林寺拳法が好きで、自分も練習しながら、指導もしたい。

そして、少林寺拳法をこの町で広めたい。

(布教である。当時はスムーズには出て来ない言葉「布教」)

ところが道院長の雑用の多いこと。

門下生の怪我の事も気になりはじめる。

そして本山からの通達事項。

・・・?何々で・・・道院が・・・破門。

段位降格・・・等。

少年部の怪我で管理責任が問われ・・・裁判が数件。

本部通達、「皆さん気を付けてください!」

このような通達文が来ると、回りを見直す。

エッ!前受身を小学1年生にやらせ、頭に怪我。親が道院長を訴えた。

学校でも、”でんぐり返りは”は??年生からですよ。

それも、マットでやるならともかく板の間でやらせたのですか?

管理者は何を考えているのですか?

乱捕りも・・・怪我の宝庫。

ウーン、これじゃ少林寺拳法の指導は出来ない。

そんなこんなで、3年目くらいからは気にせずにしっかり管理でマイペースになりました。

------

ところで、数ヶ月前の武専で、安全/危機管理の講義があった。

某道院の弁護士が担当した。

講義の後半に、耳を疑うような言葉が・・・

「最近は怪我や事故よりも、セクハラの事件が凄く増えています」

「皆さん気をつけて下さい」・・・との事でした。

(時代の流れか?、流されないで、引き締めて行きたい)
(技の低下、演武が演舞、金剛禅が昆合禅にならぬよう、頑張ろう!)

-----

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 少林寺拳法千葉松尾道院

|
|

« 141)◆満員電車 | トップページ | 143)◆間違い探し・・・から »

コメント

kenpouitidai さんへ

了解しました。
当道院も少年に占領された感があります。
(・・・スポーツ少年団??)
一般部は残業や転勤で・・・なかなか来れない状況です。
でも、中学生の初段が、一端の指導者らしく振舞う姿がとても頼もしいですよ。
技の研究・指導で訪ねて頂けたらと思います。

投稿: トミー拳 ヨリ kenpouitidai さんへ | 2007年12月30日 (日) 18:05

いえいえ、こちらこそ色々とコメントを頂き誠に有難う御座いました。

来年は機会があれば匝瑳市へは毎月1回は必ず仕事で行っていますので、そちらの道院の練習日とタイミングが合えば道院にお邪魔させて頂ければと思っております。

投稿: kenpouitidai | 2007年12月30日 (日) 10:50

kenpouitidai さんへ

本当ですね、まさに足かせはめられた道院長・・・の感があります。

開祖は少林寺拳法の「技法」を主行(主の行)として人を生き返らせ、そして世の中生き返らせる。
生きた技法、自信を生む技法、自信を育て続ける技法。
そして知らぬうちに・・・人格まで変わったよ!・・・これが開祖の願いだったような気がしています。

先生、良いお年をお迎え下さい。
(そして、先生の中におられるもう一人の大きな大きな、先生にも・・・良いお年を!)

追伸:今後も教育システムにのれる技法の発展をお祈り致します。

投稿: トミー拳 ヨリ kenpouitidai さんへ | 2007年12月30日 (日) 09:02

昔は怪我と弁当は自分持ちで、それこそ今で言う自己責任だったように思いますが最近はやれ「傷害保険に入って下さい。」であるとか「スポーツ保険は最低限でも加入で」とか・・・

何やら武道、武術的側面を捨て去ったかのような感じもしますが入門の動機は今も、やはり強くなりたいと言うのが一番、多いのではないでしょうか?
足枷をはめられて、如何に心身共に強い門下生を育てるべきか?難問ですね。

投稿: kenpouitidai | 2007年12月29日 (土) 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17513471

この記事へのトラックバック一覧です: 142)◆道院長になって(初期):

« 141)◆満員電車 | トップページ | 143)◆間違い探し・・・から »