« 135)◆稽古納めと年賀状・・・ | トップページ | 137)◆指に記憶が・・・ »

2007年12月23日 (日)

136)◆軸足抜いたら

毎日、50分位は歩いている。(歩きが僕の基本練習だ)

通院のための駅と駅の間?・・・(病院ではなく、道院通いです)

歩行の教則本にある歩き方はせず、むしろ逆な方法で歩を進める。

中心から外に足を振り出す様に歩く。

(移動突きの時の金的・中心を防ぐように歩く)

次は、少し前十字足風に斜め蟹足の併用であるく。(頃合いをみて左右を・・・)

(武道家は靴底の内側が減るとはこの歩行か?)

・・・重心は?、着地感覚?、前重心か?、直立か?、頭の位置は?、いろいろ試しながら歩く・・・。

-----

ここで気づいたこと!。

軸足の膝を少し抜きながら歩行すると、速く歩けて疲れにくいようだ。

・電車に揺られていて、揺れに合わせ軸足を少し緩めると倒れにくくなる。

(みそは軸足ですか?)

・結手の構えで歩くと、身体の全体と腰が、歩くために頑張りだす。身体が自然と体重移動を模索する。

(足は臍から生えている?)

・「天地拳第一」(少林寺拳法の形)を行うときに、軸足を抜いての前千鳥足、後千鳥足は身体全体が無理なく移動できる。

・・・年賀状書きで根をつめたため、少し頭が疲れていますので、上記の内容は軽く流してください。

-----

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 

|
|

« 135)◆稽古納めと年賀状・・・ | トップページ | 137)◆指に記憶が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17456767

この記事へのトラックバック一覧です: 136)◆軸足抜いたら:

« 135)◆稽古納めと年賀状・・・ | トップページ | 137)◆指に記憶が・・・ »