« 134)◆楽しみな「紅白」 | トップページ | 136)◆軸足抜いたら »

2007年12月22日 (土)

135)◆稽古納めと年賀状・・・

そろそろ、取りかからないといけない・・・年賀状書き。

重い腰を上げる。納会後に・・・。

(技なら掛かりが良さそう・・・重い腰!)(軽いほうがいい時もある?鋭い回転)

-----

少林寺拳法(千葉松尾道院)も昨夜が稽古納めだった。

毎年のパターンで、稽古を30分程早く切り上げて行う納会。

この時は法衣を着ける。(埃が・・・)

照明を少し落とす。

前もって用意してある、お菓子の袋を配る。

門下生がオーナのコンビ二(スリーエフ)で調達。

山武市松尾店。

(お近くの方はご利用下さい!)

ここの奥さんが、福袋風に、\○○○円でセットにしてくれる。

奥さんがたずねる: 「今回は・・・?」

僕が答える: 「38個」・・・「今年は年齢層がかなり若く、小1が多いんだ」

奥さんが答える: 「分かりました。それでは飲み物類は別にして紙パックで5種類くらい用意し好きな物を選んでもらいましょう!」「・・・若向きにネ?」

こんなかんじで造られる、名前入りの福袋(菓子詰め)を配る。

資料は1枚。(”今年1年を振り返る、そして一言”)

これを配布し、読む。一年間のまとめを話す。

「みんな頑張ったな!!」(ここが一番、納会らしいい~!場面)

そして電気を消して蝋燭(ろうそく)の灯火にして(かなり暗い)。

お預けだったお菓子を。

バリバリ袋を開け始める・・・

チョコの袋や、スナック菓子や、煎餅(せんべい)や、皆、味見の順番が違う。

凄(すご)い雑談が始まる。

ここで発声しても顔を上げるのは初段以上のみだ!

(カリカリ、だったり、しゅぱしゅぱ、ちゅうちゅう(ストロー)だったり・・・)

当然、自分のごみは自分の袋で持ち帰りです。(環境教育?)

「良いお年を!」で一年も終わり。

(入口で送る挨拶)

来年は「1月7日だぞ、休むなよ」

お菓子で満足したのか、皆、上機嫌(じょうきげん)で「休みません!」

六年生!!。中学生になっても少林寺拳法、続けろよ!?」

これまた、、、「続けます!・・・続けると思います

うれしい事を言ってくれるね。

----

さあ! 年始の挨拶(あいさつ)・・・形式80%の年賀状。

250枚の年賀状の束を机に乗せた・・・。(大変だ)

しばらくは、技もブログも忘れて、ファイト!

----

ー少林寺拳法開祖語録ー(かいそごろく)

「本当に勝つには、説得しなきゃだめだ。納得させなければ、勝ったことにはならないのです」

注)勝つとは=絶対負けない事。・・・と置き換えて頂けたら幸いです。

注)その2:最近、当道院の子どもらが、松尾の図書館でこの記事を読んでいる様なので、漢字に、かなりひらがなをふっております。

----

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« 134)◆楽しみな「紅白」 | トップページ | 136)◆軸足抜いたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17441602

この記事へのトラックバック一覧です: 135)◆稽古納めと年賀状・・・:

« 134)◆楽しみな「紅白」 | トップページ | 136)◆軸足抜いたら »