« 125)◆ドスと「智略」・・・ | トップページ | 128)◆武専の成果 »

2007年12月 8日 (土)

127)◆あすは武専

明日は(9日)千葉武専だ。

予科の技術科目の確認をする。

武専の技術科目の設定は関連技を集め、中身の濃い稽古を想定していて好感が持てる。

-----

予科一年生は 「突天三」「蹴天三」「諸手十字抜」「諸手十字小手」。

・・・の四技だ。(四法形)

突き蹴りも三連攻撃だ。(連攻撃)

柔法は諸手での掴みだ。(強力な逆天秤だ)

予科二年生は、来月が終了技術審査のため今月は復習だ。

------

まづ剛法。

突きの三連、突き蹴りの三連、のいずれも三連攻に対する防御と反撃だ。

(逆蹴りを踏み込んで差し替えて・・・逆蹴り三連攻の対処なども効果ありか?試したい)

守者の上体の重心・角度、そして捌きのタイミング。(膝を抜く)

(ここでの連攻を「反身」避けは命取り!身体、足捌きと一体・・・の運歩だ、そこで振身、反身か?)

避けは、後千鳥だけでなく、捌きながら斜め前・・・前千鳥で避け、攻者への当身も、ゆるゆるでいいから稽古の必要がある。(別途に)

------

さて柔法だ。

今回は、全ての技が諸手での攻撃だ(掴み)。

ある意味で、諸手のつかみは安心できる。

片手の掴みは、もう一方の手が(突きで)危険、危険極まりない!。

攻者の諸手攻撃(掴み)での攻撃は膝蹴りか頭突きくらいか?。

だが、強力な天秤(捕り)が危ない。

さあ、掴まれたら、状況に合わせ即半身だ。五指を軽く開き、腕の屈筋と伸筋のバランスを均す。

上体を緩めながら。(全身も屈筋、伸筋を平均に行き渡らせる)

(これをリラックスとか、脱力と言うが、少年部は「力を抜け」といったらダラリとなり、話にならない子供も出てくる。この言葉では不正確だ)

鉤手は、攻者の押し引きに任せて柳の様になり、必ず攻撃線から外す、絶対に外す事。進むか、下がる、横か・・・だ。

鉤手は自分の”へそ”から生えている・・・と思え!

------

攻者の腕に柳が絡む。(龍が絡むように抜き、龍が絡む様に技をかけるから「龍王拳」「龍華拳」だ!)(腕も指も蛇(龍)になれ!)

この時の守者の腰、脚、足はスケーターに早替わり・・・のつもりで(流れる運歩)、攻者の攻撃の流れに任せながら技をかける。

(攻者の攻めに任せる運歩・・・少しの力で防ぎたい)

いろいろ考えていたら長い話になりました。

???明日の武専は1月20日の「県連新年会」の会費集めで稽古には出れそうにない!

------

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« 125)◆ドスと「智略」・・・ | トップページ | 128)◆武専の成果 »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

江原さんへ

こんにちは。久しぶりですね。
実家に滞在するときは道場を訪ねてください。
あの、ローキックは・・・なしですよ。
回復が凄く遅くなったトミー拳 でした。
(柔法専科?にしたい)

投稿: トミー拳 ヨリ江原さんへ | 2007年12月 9日 (日) 20:49

こんにちは♪ブログを見ながら久しぶりに少林寺拳法の技を思い出しました!意外と年月が経っても体が覚えているものですね☆いずれの技も体の中心を軸にして技を繰り出すものが全部と言っていいほどですね(全部ではないかもしれませんが(汗))。これは、他の武道・武術等にも共通していました。打撃の時、パンチや蹴りを相手の体の中心を突き抜くように撃てとよく指導を受けます。少林寺拳法の考えが正しい事が体で感じてさらに証明されていることを実感しております。尚、私は来週実家に帰省致します。その際は、おじゃましたく思います。
それでまた

投稿: 江原 | 2007年12月 9日 (日) 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17290638

この記事へのトラックバック一覧です: 127)◆あすは武専:

« 125)◆ドスと「智略」・・・ | トップページ | 128)◆武専の成果 »