« 121)◆宗由貴総裁、発刊(その2)「生きる」 | トップページ | 123)◆護身術はどこまで・・・ »

2007年12月 2日 (日)

122)◆師走いろいろ(12月)

師匠が走るほど忙しい月、12月。

師匠が走っても、許される月、12月。(?)

年間で一番短く感じる月、12月。

肝臓が一番酷使される月、12月。

「スイマセン、チョット忙しくて!」・・・などと、お付き合いを断れる月、12月。

それ、来年でも良いですか?・・・と双方が忘れてしまう月、12月。

大晦日も元旦も、今日と明日の関係なのに・・・。

変わらぬ日の出も、今回は「初日」です!。

稽古も年始は「初稽古」。

稽古の納めは「納会」。

初めと終わりのこの儀式?。人間の知恵。

見えない、聞えない、でも大きな力が宿るから、ある儀式。そして挨拶と礼。

祭りも儀式?。最近、毎日が儀式の様に思えるトミー拳です。

危ない、天国か地獄に吸い寄せられている???

・・・・・

ところで、開祖が質問した、「君達、もし天国と地獄あったらどちらに行きたいかな?」

ほとんどが「天国です」の答え。

開祖は・・・「ワシは地獄に行って天国に変えて見たいね」

さすが開祖!。器(うつわ)が違う。

もう一つ、「お守り、持っているもの・・・捨ててしまえ!」

(・・・己こそ己の寄るべ・・・己をおきて誰によるべぞ・・・)

儀式は「脚下照顧」の親戚かも知れません?

・・・・・・

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« 121)◆宗由貴総裁、発刊(その2)「生きる」 | トップページ | 123)◆護身術はどこまで・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17243293

この記事へのトラックバック一覧です: 122)◆師走いろいろ(12月):

« 121)◆宗由貴総裁、発刊(その2)「生きる」 | トップページ | 123)◆護身術はどこまで・・・ »