« 116)◆宗由貴著・・・発刊 | トップページ | 118)◆脳と記憶の関係 »

2007年11月23日 (金)

117)◆関東武専、送小手メモ・・・

トミー拳 が関東武専に入学したのが1980年4月でした。

当時は三段。本科からのスタートでした。

会場は4箇所で。

埼玉県の戸田橋スポーツセンターがメイン。(朝5時起きで!少林寺、命!の若き拳士?だったような・・・)。

その他、会場は東京の新宿小学校だったり、BGセンターや荒川スポーツセンターだったり。定まらず。

^^^^^

僕が入学の1980年5月12日開祖が他界された。

たしか、新宿小学校の武専の時、○崎先生(当時事務局長?の記憶)が来られて宗道臣先生逝去の報告が行われた。(昼休みか?)

(○崎先生曰く:これからは開祖とよんでください)

古い建てやの新宿小学校の濃茶の磨り減った床と昼に食べた弁当を今でも思いだせます。(重たい空気が流れました)

^^^^^^

そして二年後1982年には全国の県単位での武専が開始。

念願の千葉武専の開講です。(通学時間は著しく改善。1/4になる)

関東武専の2年間は、私にとっては「金」の二年間でした。(「かね」では有りません、「きん」です)

私、講義は本山講師のまん前で聴く樣にしていました。(大真面目に聴いた?)

そして必ず録音もしていた。(後日、何回も回して聴く)

(良くも悪くも、何回も聴く樣にした)(成果が染み込む?のです)

^^^^^^^

さて技術は、○野先生、○井先生の若き時の技も自分の当時の技能レベルで、盗ませて頂きました。

関東一円の先生方、長野県だの新潟県だのと・・・多彩な顔ぶれだった。

技術は録音できず?メモ三昧のトミー拳 でした。

そんな、試行錯誤で気付きのメモ、今読み返すと、「技メモ、ランキング」の一位はやっぱり「送小手」でした。

何回も、何回も同じ様なコツらしきメモを書き綴っています。(何十年もです・・・)

そこで驚き、今見ても、昨日のメモのようだ。??

きっと、送小手は難しいというよりも、最後の仕上げは天秤で決めていたような・・・気がしています。(当時の講師曰く:決めは天秤でOK)

天秤なしでがんばって、頑張って、執念の先生方が・・・。

送小手はこれしかないと思い?勘違いされたか?

(「諸手送小手投」を拡大解釈か?)

(なんとなく認知か?)

送小手も、諸手からの掴みからは楽に投げれるが・・・。

これと似た様な事は「小手巻返」だ。

これは「押小手」を攻者の掴みの違い(下段構えの守者)によるケースだ、「片手押抜」からでないと、「押小手」は、かけにくい。

・・・ある先生が丁字で豪快に投げている、決めの最後のワンシーンが強調され、その写真が一世を風靡した?。

^^^^^

○先生の三○技法で昇華したか?。(いまブーム?)

(本山でも体重移動が・・・にぎやかに奨励されはじめた)

でもこれ、教育システムとしての法形とは云えない。

少しの痛みと体重移動は絶対にセット・・・。

それも最後の方に少しの痛みを、または最初の方に少しの痛みを・・・この前後が間違うと、大問題だ!。(かからない)

痛みは刺身の山葵役!。

(運動神経の逆用って何?)

当然、体重移動は始めから終わりまで延々と続く、続けなければ、少しの痛みが、無駄になる。

また、逆に強い痛みは逆効果か?

^^^^^^

(○野先生曰く:技は痛いからかかるんだよ!重い言葉だ)

(痛さと体移動、やはりセットだ)

「押閂投(外)」も「首締守法十字投」等、少しの痛みをチクリと相手に伝え、そこで運動神経の逆用の出番だ。そうして技が成立する。

(実践で・・・柔法乱捕りで・・・体移動だけでバタリ、バタリと倒せたら、すぐ大相撲の横綱が1000人位、誕生しているかも?!知れません)

一瞬にして投げる技は、教育システムにはのりにくい。

掴み方は、運歩は、重心はどう?、基準線は出来ているかい、「ほうら、技が掛かりましたね!」・・・このやりとり、お互いのキャッチボールが良い師弟関係を育て、譲り合う気持ちの「自他共楽」を理解させる。

少林寺拳法の教育現場の先生、門下生に自信を植え付けるシステムを今一度確認されますことを・・・祈ります。

(こんな思いをめぐらす、トミー拳です)

・・・・・・

開祖語録

自分も上手になるが相手にも上手になってもらう。
それで知り合った人達と支え合い、一つでも二つでも有意義なことに挑戦していく。
これが少林寺拳法が求める方向である。

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

^^^^^

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« 116)◆宗由貴著・・・発刊 | トップページ | 118)◆脳と記憶の関係 »

コメント

アスカさんへ

還暦の記念大会お疲れさんでした。
久々のコメントですね。

そう!アスカが初めて外界の空気に触れた年には、もう武専で少林寺拳法の技と教えにどっぷり浸かり、日本の行く末を案じておったのだ、ゾ。トミー拳 は。

ところで送小手ネ。
あの技は今度から千葉松尾道院の科目表から外そうかと思案中。
うそっこ、プロセスの大氾濫・・・。
本山では科目表の改訂がありそうな、情報。
またコメント下さい。
元気でがんばれよ!
南の空が熱い。あれは鹿児島の空あたり。
良くここまで頑張りました。えらい!
でもまだまだ、これからが、本番!!

投稿: トミー拳 ヨリ アスカさんへ | 2007年11月27日 (火) 09:58

1980年!!私の生まれた年じゃないですか!!
送小手難しいです(>_<)
未だに、どのやり方が自分に合うのか分かりません。。。
去年道院長に完璧に教えてもらった送小手なんですが、帰宅後、一ヶ月のブランクで出来なくなってしまいました(ノ◇≦。)
言葉では覚えているんですが、実際にらると、どうもかからなくて。。。
せっかく覚えたのに悔しいです><

投稿: アスカ | 2007年11月26日 (月) 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17160054

この記事へのトラックバック一覧です: 117)◆関東武専、送小手メモ・・・:

« 116)◆宗由貴著・・・発刊 | トップページ | 118)◆脳と記憶の関係 »