« 114)◆タンポポ拳士達・・・ | トップページ | 116)◆宗由貴著・・・発刊 »

2007年11月19日 (月)

115)◆他力の凄腕・・・

昨日、武専(武道専門コース)でした。

船橋総合体育館で開催。

今回は三つの地区、市民大会等が重なったようです。

道院長さんが”たむろ”をしたり会議をしたりの、部屋は1/3の人数だ。

何時もの様な張り詰めた空気が少ない。

普段はこの部屋は、道院長の方々は1ヶ月ぶりのご対面からか、「挨拶の連続・・・で」「先日のお礼の言葉・・・」や「手短な近況報告(ウーン単なる雑談?)」等々の言霊?が飛び交うのだが・・・今朝はそれがない!

ゆったりとした空気の中で・・・と、ある先生が、「チョット」と私を呼ぶ。

当然、「ハイ」と立がり正座姿で聞く(聞かせていただく)。

いきなり、「いまは何をやっても楽しいのです」そして「ありがたい」「ありがとう」の言葉が良く分かった・・・様な話をされる。

・・・・・

この先生、修行の成果で脳を平安にする物質が相当蓄積されてきているなと感じた。

そういえば、ここ一、二年お顔が温和な顔になられている。

ここで本題・・・

きっと、自力の限界を悟られ、他力の力に目覚められたのかもしれない。

他力本願の言葉に謎がひそむ・・・。

他力より自力が良いと思われている節がある昨今。

自力の狭い力より、宇宙の実相・・・力?(ダーマ)に身を任せる他力本願。

開祖が「君達、生かされていると思え・・・よ」

「とにかく、そう信じろ!」と熱の入った声が頭をよぎった。

・・・・・

はなしは変わります。(つながる話です)

ほぼ10年前、練習中、巨漢の足刀蹴りを右腕で(尺骨側)で受け、切断されたような切り口の骨折をした。

生まれてこのかた一度も骨折の経験は無かった。

骨をくっ付ける「プログラム」は錆びついていないか?。

本当に骨がつながるのか?

整形外科の先生は僕の腕を引っぱる、僕が痛い!といったら「この位でギブスをつけましょう!」・・・あとは何もしない。

何回かの診察ではレントゲンをとるだけ。無策。カルテに何かを書いているだけ。

でも、2ヶ月半、骨がくっ付いたのです。

ちゃんと折れた部分にリベット状の保護まで付けてくれている。(自然の怪力)

先生が云われた「この折れた部分は他の部位より丈夫になっていますよ」。

「この部分で蹴りを受けても、もう折れません」

・・・ウ〜ン、先生何も治療してくれていないのに・・・?!

本題その2・・・

やっぱり人間は「生かせれている」・・・と実感した。

「骨折経験」がトミー拳 の先生でした。

・・・・・

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき)  千葉松尾道院 千葉松尾支部

|
|

« 114)◆タンポポ拳士達・・・ | トップページ | 116)◆宗由貴著・・・発刊 »

Ⅱ.心身/生活」カテゴリの記事

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

コメント

hidekiti さんへ

(先ほどのコメントに追加です)
私、最近少しボケが気になる年令のため、思い出すのに時間がかかりかかります。

やっと、思い出しました!
リンクの件、ありがとうございました。
武専でいろいろ「ブログ」テクニックを教えてください。


投稿: hidekiti さんへ(追伸です) | 2007年11月21日 (水) 09:23

江原さんへ
自分も有ります。
生きていると思ってて、オツ、生かされてんだ・・・そんな経験増えています。
これ、還暦を期に増えました(笑)。

江原さんのブログ時々訪問させていただいています。
自分と見事に闘っていますね。
病気と同居して上手に生きている人いますね!

開祖が「少林寺拳法は強くならなくても良い、上手くなれ」といわれていた様に思います。
病気を撃退しなくても、上手く手なずけてください病気を・・・。
江原さんなら出来ます。あの得意な右フックをチョット見せれば大丈夫ですね。
さあ、気楽にいきましょう・・・江原さん。
ブログで気持ちを語り、気持ちをはき出し、さっぱりと。スケートリンクで舞うような・・・。
そんなに頑張らなくても良いですよ~。
また

投稿: トミー拳 ヨリ江原さんへ | 2007年11月21日 (水) 08:48

hidekiti さんへ
はじめてお目にかかります。(知らないの私はだけ?)
コメントありがとうございました。
また一人輪が広がりました。
こちらこそ宜しくお願い致します。

そうですか、千葉武専で会ってますか?
12月武専で、お目で挨拶できますね。また武専での楽しみが増です。
いきなり寒波到来の感、風邪等にはご注意を。
また

投稿: トミー拳 ヨリ hidekiti さんへ | 2007年11月21日 (水) 08:26

磯母さんへ
ケガを体験して右手がこんなに活躍していたんだってトミー拳 は気付きました。(まだまだ修行半ば!)

気付きの度合いは、軽~重まで何百種もありそうですね。
少林寺拳法の見習い~九段までより多そうですね。
磯母さんが肘を痛めた時に家事が滞り、はじめて気付く家族でしょうね?・・・「妻で、母で、家事全般の指揮官で、拳士だと云う事を!」

投稿: トミー拳 ヨリ 磯母さんへ | 2007年11月21日 (水) 08:15

何かに生かされている(活かされている)!!
宇宙のダーマ、神様、仏様…etc、存在を確かめた事がないので何かはわかりませんが、理屈抜きに何かに生かされている出来事がありました。会社を休養する前の仕事での行いが復帰した今になって花開くことがありました。
花が咲かせるには、当然種を植えますが、種を植える、種に水をやる、いずれも人・自然が調和されて起こる事ですね。

そう考えると人は、生かされていると実感しますね☆
では、また♪

投稿: 江原 | 2007年11月20日 (火) 21:07

先日の武専は仕事の都合で出席出来ず、大変残念でした。
私は骨折の経験が今までありませんが、どうにも折れていたっぽい指があります。後日他の件でレントゲンを撮って、「勝手にひっついたかもね」と病院の先生に笑われました。
浦安スポーツ少年団のサイトからリンクさせて頂きました。不都合があればご連絡下さい。また武専でお逢いできる事を楽しみにしています。

投稿: hidekiti | 2007年11月20日 (火) 18:10

今月は、柏大会があったので
武専に出席できず、トミー拳さんの実技も受けられず
とても残念でした(T_T)
来月、また、よろしくお願い致します!!
骨折・・・痛かったでしょうね。
私は肘の怪我だけでも、日常生活に多大な支障をきたしていました。
しかし、私の代わりにいろいろとフォローをしてくれた
家族の「有り難味」と、逆に、お母さんの仕事の大変さが
それぞれよくわかった時期でもありました。
たまには、ケガをしてみるもんですね(笑)

投稿: 磯母 | 2007年11月20日 (火) 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17117967

この記事へのトラックバック一覧です: 115)◆他力の凄腕・・・:

« 114)◆タンポポ拳士達・・・ | トップページ | 116)◆宗由貴著・・・発刊 »