« 113)◆言霊(ことだま)さ~ん、また来てね! | トップページ | 115)◆他力の凄腕・・・ »

2007年11月14日 (水)

114)◆タンポポ拳士達・・・

総武本線、松尾駅から・・・歩いて10分。

タンポポが目にとまった。(写真)

Photo

タンポポは全ての種子に落下傘(パラシュート)をつけている。

行く先も定めず風に乗って広がる、タンポポ。

まさに風しだい。

その、タンポポから、歩いて8分、そこが道場、千葉松尾道院だ。

・・・・・

少林寺拳法は創始から僅か60年。

驚異的な広がりだった。

少林寺拳法の「技と教え」がタンポポの様な落下傘を縛りつけ、日本全国に広まった。

名づけて「タンポポ拳士」達。

四国近隣のJR(当時は国鉄)の社員拳士の皆さんが転勤で各地に広めたと、聞く。

(当時の拳士は、少林寺拳法が第一で・・・仕事は、二の次だったようだ)
(少林寺拳法がやれるのを条件に仕事探しをした・・・?)

この拳士達がいたからこそ、現在の少林寺拳法がある。

そして我々を楽しませてくれている。

(彼らの努力の賜物、その利息に・・・本当にありがとう)

^^^^^^

またインドネシアの方が本山で修行し、帰国して自国で広めた。(現在はインドネシアでは国技並みの少林寺拳法だ)

当、千葉松尾道院もインドネシアの門下生が7人いたことがある。

日本武道館からの帰り、駅の店で食事をして豚肉が入っていることが分かり、真っ青になって「困った、困った」を連発していた事があった。(宗教上、豚肉は食べてはいけない国でした)

^^^^^^

宣伝も少なく、口コミで広がった少林寺拳法。

著者:作山吉永先生の本「可能性の種子たち」を思い出す。(茨城高萩道院長)

各、道院単位でもほとんどが、口コミで入門者は集まる。

何十年か前に、開祖は紹介者がいなければ入門を許可しなかった時期があると聞く。

^^^^^^

少林寺拳法は、風に任せて流されるタンポポの種子とは違う、目的を定めての広まりだ!。

道場までの道のり。

快晴の草っぱらで出遭った「タンポポ」が創始初期の拳士に見えて来た。

ありがとう。拳と禅・・・。

ありがとう。この生命(いのち)・・・を頂き。

(・・・この命、本日はkekkonから35年も経過した、トミー拳でした)

^^^^^^^

開祖語録

「道を歩いていてもだれかに会うと視線を下げる人生が多い。己(おのれ)をより所とすることが本当に分かれば、言いたいことが言えて、しかもいつでも胸を張って生きる人生が歩める」

^^^^^^^

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 千葉松尾支部

|
|

« 113)◆言霊(ことだま)さ~ん、また来てね! | トップページ | 115)◆他力の凄腕・・・ »

コメント

まんじ丸さんへ
良き師、良き道風。
きっと、法形の演練の中で、基本を修練されて行かれるタイプとお見受け・・・しました。

マンネリ化してきた自分に刺激を頂戴できるブログです。(貴ブログ名:へなちょこ拳士の備忘録)
時々、訪問します。

投稿: トミー拳 ヨリ まんじ丸さんへ | 2007年11月20日 (火) 08:52

>まんじ丸さんの道院は開祖のDNAが沢山残る道院・・・とお察し致します。

お師さんは京都別院ではなかったものの、家がすぐ近くであったために道院がない日は京都別院に通われていました。
だから、京都別院の方が参座が多かったそうです。
その後に、三年ほど山門に住まわれていたそうです。
だから、現支部長までは色濃く残っているようです。
私はというと、初段の時に転籍してきたので、大して基本を学んでません。
見て盗むことがメインです。


>一休さん

先日は、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: まんじ丸 | 2007年11月19日 (月) 08:48

一休さんへ
まんじ丸さんとの出会い。
(良かった!)また

投稿: トミー拳 ヨリ 一休さんへ | 2007年11月17日 (土) 08:51

まんじ丸さんへ
コメントありがとうございます。
京都別院の原田先生の関東武専(千葉武専の前)
での講義のお姿が印象に残っております。

京都別院の流れ。きっと、まんじ丸さんの道院は開祖のDNAが沢山残る道院・・・とお察し致します。
(DNAは全国拳士も同じですね、きっと・・・)
また語り、語らせて下さい。


投稿: トミー拳 ヨリ まんじ丸さんへ | 2007年11月17日 (土) 08:38

まんじ丸さんへ
まんじ丸さんの島で道院を開かれた初代先生、それを実らせた2代目先生、そして今の先生(先日お会いしました)へと続き、さらにまんじ丸さんへ続くタンポポの種の系譜(脈々たる法縁)

トミー拳先生のブログでまんじ丸さんのお名前を見つけ法縁を感じ、うれしくてコメントしてしまいました。        From 一休

投稿: 一休 | 2007年11月16日 (金) 20:39

初めてカキコさせて頂きます。
先日は、ブログへの訪問&コメントありがとうございました。

私の住む島に少林寺拳法の種を蒔いた先生は地元出身者でしたが、京都別院で学ばれた方でした。
数年後には、身体を壊され閉院されました。
その時、その方の後輩であり山門衆であった京都出身の方が、開祖の「せっかく種を蒔き花開いたのに、もったいない。お前が行って実らせてこい!」の一言で島へいらっしゃいました。
今では顧問となり世代交代をしましたが、時々稽古を観にきてくれます。

お師さんがいなかったら、この地への普及はなかったかもしれません。

先達の熱き想いがあればこそ、今の私達があるのだと思えば、しっかりと受け継がなければと思います。
今後もご指導のほど、よろしくお願いします。

投稿: まんじ丸 | 2007年11月16日 (金) 11:03

zaki さんへ
コメントありがとうございます。
そして東総地区大会お疲れ様でした。
少林寺拳法の縁を大切にしたいと思っています。
現在、仕事を離れ少林寺拳法に専念し、今まで見えなかったものが見え始めております。
今回の私のブログ立ち上げも、自分に負荷をかけながら脳に刺激を与え、何かを刻めたらとの思いから・・・のスタートでした。
また、宜しく頼みます。


投稿: トミー拳 ヨリ zaki さんへ | 2007年11月15日 (木) 16:57

磯母さんへ
口コミの力は大きいですね。
きっと、人を介するから、そこに保証された情報として認知されて広まるのでしょうね。

体操教室の名前だけのチラシ募集では見る人もなかなかイメージしにくいのでしょう。

「体操格闘技」とか「体操呼吸法」または「体操健康法」などでしたらチョット覗きに・・・と思いますね。

もし時間が取れるなら「体操教室」のこと、ブログで情報流してください。


投稿: トミー拳 ヨリ磯母さんへ | 2007年11月15日 (木) 16:33

はじめて書き込みします。
先日の大会ではお世話になりました。

開祖が一人で始めてここまで広がった少林寺拳法・・・よく考えるとすごいことですよね。

まがい物だったらどこかで途絶えてしまっていたでしょうし、四国から全国に広がっていった諸先輩の熱い思いが伝わってきます。

投稿: zaki | 2007年11月15日 (木) 16:27

「口コミ」ってすごく強力です。
何枚ポスターを貼ろうと、チラシをポスティングしようと
「口コミ」に勝るものは、ありませんね。
自身の体操教室の生徒さん募集時には
痛感しました。

投稿: 磯母 | 2007年11月15日 (木) 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/17071016

この記事へのトラックバック一覧です: 114)◆タンポポ拳士達・・・:

« 113)◆言霊(ことだま)さ~ん、また来てね! | トップページ | 115)◆他力の凄腕・・・ »