« 85)◆10月予定(本山、道院) | トップページ | 87)◆トミー拳の由来・・・ »

2007年10月 3日 (水)

86)◆「両優界」報告

先週の日曜日は道場で「両優界」の練習会だった。

(※「両優界」とは:千葉松尾道院の一般部、小学生初段以上が対象の練習会)

週三回の通常練習での疲れ・・・か。「両優界」参加は皆さん腰が重い・・・。

尚、雨にたたられ出足不調。

四段受験にビンゴ!の青年がやる気満々。(素質は松坂並み・・?)

^^^^^^^^^

ものは考えようだ!。

面授面受の稽古実践だ!。

作務、鎮魂行、柔軟、基本練習、移動基本、サンドバック蹴り、軽い運用法。(練習人数に係わらず練習パターンは崩さずに〜)

道場の温度計は18度。真夏に比べ20度の格差?。

格差是正が叫ばれる昨今、歓迎の格差。

少し汗を流してから秘蔵ビデオの鑑賞に移る。

このビデをは「少林寺拳法教範」に開祖と法形演練で投げられている先生である。(当時はまだ若々しい美少年せんせい)

技術講習会の模様を収録。(当然先生には撮影は了解済)

二回ほど映像で勉強。さて鏡の前で真似る(学ぶの語源とか)

鏡に映す姿は先生の様にはいかない。

さすが四段ビンゴの拳士の感性は良い。似てきている。

恥ずかしながら僕も追いつく。(ヤットです)

突き一つとって見ても足腰、上体が全部連動しているのだ。

腕を忘れて胴体が「センサー」か?

(胴体力が頭をよぎった!)

構えの時の腰の位置が左右の足の踵に平行だ!(逆下段構えは別)

(初期練習の開足中段構はこの会得のためか?)

左右の腰を均等に動かしての突きが重要な意味が解った。

前の肩先が少し内側(中心に)入る。

結手構の手で丹田を上に上げると肩先が内側に動く、そして腸骨と肩先の微妙な連動。

ウーン、言葉での説明は疲れる。

そこで、語録。

開祖曰く・・・「道」は半信半疑で歩いちゃいけないし、どこへ行くかわからないなら来なくていい。
まずは自分が信じることからスタートする。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 千葉松尾支部

|
|

« 85)◆10月予定(本山、道院) | トップページ | 87)◆トミー拳の由来・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 85)◆10月予定(本山、道院) | トップページ | 87)◆トミー拳の由来・・・ »