« 88)◆温故知新・拳法史 | トップページ | 91)◆復刻本と敗戦記念日 »

2007年10月10日 (水)

90)◆国会で乱捕り・・・

衆議院での論戦(国、公認の喧嘩?)がはじまった。

本音、建て前をたくみに駆使し。口に宜しく、華が咲く・・・これが「喧」「嘩」です。

「手偏」はない。「口編」です、まして「拳編」もない。

まさに口技(くちわざ)の乱捕りだ。(トミー拳の造語、国会乱捕り

熱したあまり突きや蹴りなど出したら最後です。

(現、高村外務大臣は少林寺拳法四段です、心配です。先生、剛法は封印して下さい。柔法で我慢を・・・絶対に手出しては、負けです)

<鍛えた拳(こぶし)はどこえ行く・・・>

^^^^^^^^
「議長」には二つの大きな仕事がある?。

答弁に立つ議員さんの呼び出しと、熱くなった議員に「ご静粛に!」「静に!」を連呼する係り。マア、審判ですか?。

オット、本当の審判は「国民」ですよ!。(追加:世界の民も・・・です)

(参考です:少林寺拳法の大会では審判5名です。予選時は3名のときもあり)

^^^^^^^^
同じ様な受け答えが延々と続く国会討論。・・・実は楽しみがあるのです。

それは翌朝の新聞。朝刊のまとめ方が面白い。微妙に食い違う事がある。

記者の肩入れ度合い(記者の好み?、新聞社の方針か?)が微妙に見え隠れする。

新聞は「行間」を読むぞ・・・。(平たく云えば問題意識の全員集合。想像力の最大限活用か?)

^^^^^^^
ー開祖語録ー
「あきらめちゃいけない。たった一粒の種であった私がやりかけたことが、とにかくここへ来てる。
なら、やらん先からサジ投げるなよ。やってみようじゃないか」

(トミー拳 には耳の痛い語録です)

^^^^^^^
トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 千葉松尾支部

|
|

« 88)◆温故知新・拳法史 | トップページ | 91)◆復刻本と敗戦記念日 »

コメント

江原さんへ
訪問、ありがとうございます。
ガチンコ勝負結構。
人、生きるってガチンコ勝負です。(全部ではないと思いますが)
でも自然界は(動、植物の・界・場)はガチンコ勝負の世界の様に見えて、実は宇宙の法則に生かされているように思います。(ダーマかも・・・しれない)
<道院の掛け軸の卍のしたの文字はサンスクリット語のダーマですね!>
人間社会には「目的」と「目標」の混同が年々すすんでいるように思う。
自然界は、地球を維持するための「目的」と「目標?」がはっきりしている。それが「弱肉強食」・・・。
江原さん、キックボクシングに没頭したのも・・・一つの「目標」。そして次に来る大きな大きな「目的」が存在している様な気がしています。
まがい物の宗教が氾濫している昨今、目的、目標の曖昧さに乗じて、人の心を操り、騙し、金儲けをして、そして又、そのお金の使い方の「目標、目的」に大混乱を起しているように思える、トミー拳です。
また、語りましょう。ありがとう。

投稿: トミー拳 | 2007年10月12日 (金) 06:56

その二
時代の英雄達は、周囲からどんなに批判をされようと正しいことは、正しいと己を貫き通した。
しかし、現在の日本の政治といえば、派閥形成による己の保身ばかりを考えている政治家ばかりの呆れた現状…
このままでは、日本の未来はいったいどうなる…
の疑問が残る答弁であった…
だからこそ、己を突き通し正しい事は正しいと言える人物が出てこなければならない。
国会答弁を見るたび、このような気持ちになります。生意気を少々述べて申し訳ありません。
日本の政治は、根底から変えないといけないと思う今日この頃でした。

投稿: 江原 | 2007年10月11日 (木) 15:26

その一
ガチンコのスパークリング・組手・乱取り大好きな江原です。
スパークリング・組手・乱取り全て、一瞬の間合いの駆け引きを駆使しますが、最後は、持てる力を全て相手にぶつける、それが真剣勝負だと私は、思っております。

しかし、国会の答弁を見ていると目先の利益ばかり追求し、本来の政策論争とは掛け離れた、足の引っ張り合い↓↓

日本の政治は何処へ…
が私の印象です…

かつて戦国時代の武将、織田信長、明治維新の文明開花へと導いた坂本龍馬、歴史の偉人達は、改革のために己を貫き、真剣勝負を演じてきました。

投稿: 江原 | 2007年10月11日 (木) 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/16722342

この記事へのトラックバック一覧です: 90)◆国会で乱捕り・・・:

« 88)◆温故知新・拳法史 | トップページ | 91)◆復刻本と敗戦記念日 »