« ◆世評拳士たれ!  | トップページ | ◆技の訪問者 »

2007年9月13日 (木)

◆総理辞任

今回の辞任騒ぎ。

最後まで自分を変えれなかった総理。

本人、成長過程で苦労が少なかったのが災いか?

「テロ特措法」延長の議論に端的にあらわれた。

延長理由を「世界が賛同している旨」また「テロ撲滅に必要」。

なんて遠まわしな説明、これが説得なのだろうか?

なぜ、延長を断念した後のシュミレーション結果を功罪を織り交ぜ叫ばないのか。

トミー拳なら喧嘩は必至。

(一言:喧嘩とは、編です。口にしく、(はな)が咲くです。決して手や拳は出さない)

中国、国交正常化交渉で国交の無かった中国に出向いた田中角栄さんに交渉後に訪ねた角栄さんに、周恩来さんがこう言われたと聞く。
「喧嘩しましたか?口角泡を飛ばし喧嘩をして議論を煮詰めてくれましたか?」

安部総理、首相、総裁、一国の責任者。孤独との闘いの重圧。

・・・・・・

理想境建設を標榜する少林寺拳法です。

宗由貴総裁の舵取りの苦労は測り知れない苦労がおありとお察し致します。

少林寺拳法を盛り上げるも、衰退させるも、拳士一人一人と道院長、支部長の意識改革にかかっていると思っております。

拳士の「自己確立」・・・実行しましょうヨ!。

「同志相親しみ、相援け、相譲り、協力一致して云々・・・」

毎回唱えている団体です、少林寺拳法 金剛禅。

合掌

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

|
|

« ◆世評拳士たれ!  | トップページ | ◆技の訪問者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆世評拳士たれ!  | トップページ | ◆技の訪問者 »