« ◆「戦場にかける橋」 | トップページ | ◆少林寺拳法漬け »

2007年8月19日 (日)

◆丹田の不思議

達磨は手もなく、足もなく。

それでいて転んでも起きあがる。

重心が下にあるからさ!」

「当たりまえです、重力です」

「それは、引力の働きです」

引力って、見えますか?

「見えません!でも誰かリンゴで・・・知った。(ニュウートンさんが)

眼に見えないものでも大事な働きって沢山あるよ!

例えば、電気、音、放射能、気、心、魂、・・・

そして少林寺拳法の信仰の中心のダーマのはたらき、等々。

ー^-^-^-^-

ところで、子供が背中で寝ると重く感じる事ってありますね!。

なぜ?

「?????」

実験、後ろから両手で相手の横三枚辺りをつかみ持ち上げる。

「えい!」 「上がりました」

次は、相手のお腹に(丹田)少し力入れてもらってから持ち上げてみる。

「えい!」 「上がりません、さっきより、重い、重くなる、なぜ!」

今度、道場で試してみて下さい。

これは、きっと体中の”力、りきみ”が丹田に吸収されたのかな!!

丹田、以外の身体に、子供が眠った時と同じ状態になり重くなる・・・?。

これが身体のリラックス、脱力かも知れません。

ー^-^-^-^

次回は話をしながら柔法を行ったら掛かった、の不思議を考えます。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« ◆「戦場にかける橋」 | トップページ | ◆少林寺拳法漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆「戦場にかける橋」 | トップページ | ◆少林寺拳法漬け »