« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

◆送小手(おくりごて)

(少林寺拳法の公式見解ではありません。私見です。)

少林寺拳法の法形、「片手送小手」は倒す方法が多様化している。

かわしやすく、逃れやすい「技法」。

ゆえに「送小手」は変化技が多い。

(変化技:送巻天秤、送横天秤、送肘攻、送閂小手、送肘攻表、指捕連行、送四指捕、吊落、等)

さて、「少林寺拳法教範」 宗道臣著 でおさらい。

<教範>:攻撃は相手の外手首を捕り(片手)引くか、丁字を掛けようとしたときに捕る、とある。

相手を伏せ身にさせ指攻(指捕)めで連行または、天秤を捕り倒す。

そして裏固め。

投げる文字はありません!。

・・・・・・・・・・・・

送小手を護身術として行えば先ず「鈎手」、それは「寄抜」を行う時の様な五指が相手に向く鈎手から瞬時に「巻抜」に入る形の鈎手に入る。

ここからが、①その位置で巻く、②巻きながら手首を肩まで上げる、③相手の肘を「くの字」に曲げ(相手が強く引くときは必然的に曲がる)後方に曲げ手首肘の連動で肩を回転させ倒す。

④もう一つは、身体の移動は少ないが、瞬時に捻り三角技法なる方法で相手の肩を斜め下方に誘導、落下させる、又は弾みの理を最大限に使い、投げる。(これは初心者には難しいと思う)

少林寺拳法、全ての技法・・法形は「人を育て」「技を通じて信頼関係を育てる技(業)」である。

ゲーム性(投げ飛ばしゲーム)を助長する様な技は好ましくないと考えます。

その上で、様々な入り方を楽しんでみては如何でしょうか。

どうしても掛かりにくい、でも変化技を使わずに掛けて見たい、そんな時は「送閂小手」風に掛けて「成功体験」を重ね、またいろいろな入り方の「送り小手」を試してみてはどうでしょうか?

少林寺拳法の技は攻撃ありき・・・の技です。

じっと手首を触り、脱力握りでいると技は掛かりにくいと思います。

これも試してみて下さい。

ヤッパ!!、護身術の技なんだ・・・。

今頃、解ったの?? (失礼!)

(それでも、「ナゲタイ」方、いますよね・・・)これ、止めれない。

以上はトミー拳が道場で感じたことです。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

  

| | コメント (2)
|

2007年8月26日 (日)

◆教え、実践

少林寺拳法の副読本は良くできている。

200708260924000  拳士交代で1~2ページを前にでて大きな声で読んでもらう。

半年分の順番表を作り・・・。(最近は毎日ではないが)

大きな声でゆっくりと、後ろの拳士にも聞えるかな?。

言葉のイントネーションだって大事、だいじ!大切!。

(ここで道院長檄:上手く読める様になると、演武も上手くなるよ!)

・・・・何で? なんで?の顔。

(唄をミス無く3コーラスうたえ、聞く人にその情景がイメージできたら合格です、演武もも同じだヨー) 

一応、良くても悪くても、読み手に拍手で終わる。

(読み手、はずかしそうに満足)

▼    ▼

それではと・・・少年部に鎮魂行の主座と打棒の担当も6ヶ月間の予定表を作り実行した事もあった。(これ、1年半くらい前の事)

緑帯以上は全拳士が主座と打棒を経験した。

これが千葉松尾道院の「教え」の練習でした。

▼    ▼

活動的な法話(講話)を・・・。

「教え」のワザを・・・・

^^^^^^^^

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院  

| | コメント (0)
|

2007年8月24日 (金)

◆移動で基本

お盆休みが明けた。

連日の猛暑。

気温33〜36度。今日も、ぶり返す。

月曜練習:山武市松尾中学校の剣道場は室温30度。

無風状態。窓全開にするが効果なし。

小、中学生は宿題の追い込みかな。欠席が数名。

人数が少ないときは練習方法の開発にはもってこいだ。

・・・・・・・

中1の初段拳士に基本と技術の指導練習はすべて移動練習で・・・やってみよう。

ハイ!「目打ち、振子突〜〜」

すべて移動しながら・・・。

中1リーダーに助け舟を出しながらの進行。

「次はチョット難しいぞ!」。

法形を守者側の形で、移動しながら単演を行う。

「寄抜、流水蹴り、上受け突き、誰でも出来そうな技を連続移動」

鋳型の「型」から「形」に変化するための試行錯誤。

これからは白帯以外は基本練習は全て移動しながらに変更して様子を見たい。

全ての技は動きの中で発せられる!

「組手主体」・・・短い練習時間をカバーするための試行錯誤は続きます。

「暑い」「無風状態」「水のみながらの練習」

心も熱く(暑く、厚く、篤く)、練習終了。

誰かのお土産のお菓子を配り解散。

心温まる。 <また、お願いします>

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 

| | コメント (0)
|

2007年8月23日 (木)

◆少林寺拳法と古武術

甲野善紀さんは忘れかけていた古武術に灯をともしてくれた!!

これほど多くの人に古武術が浸透した事は無かったように思う。

それぞれの生活に、生かせる事を説いて下さる。

「ナンバ走り」、「ナンバ歩きも」、浸透の一因かと思う。

「日本」そして「日本人」の良さ見い出し、西洋一辺倒にブレーキの役割・・・も感じられる。

キャッチフレーズ「戦後レジュームの脱却」、と重ならなければ良いのだが?。

(甲野善紀さんは、広める事が目的ではなかったと思います・・・)

  ■   ■

彼のブログで、身体の使い方を毎日、寝ても覚めても考えている姿が嬉しくなる。

身体の使い方次第で凄い力を発揮することを、解りやす話してくれる。

静に話すが熱い、疑問点もシッカリ明言し、次に持ち越す勇気も持ち合わせている方だ。

体験が技を進化させる。

「気づき」の連続を克明に書き、語る。

そして磁石に吸い寄せられる様に、集まった仲間達が進歩発展(進化)している。

少林寺拳法の教え「拳の三要 三訓」の”守” ”破” ”離” (シュ ハ リ)。

師匠の教えの殻を破る段階、”破”変わり、そして次ぎのステップの”離”の段階かな?・・・と思われる方も多くいる様に思う。

当ブログでも、とりあげた「武術の眼」多田容子さん(作家)もその流れの人だ。(5回まで記事投稿済み)

これから増加するだろう、介護を腕力に頼らず身体の負担を最小限にして、その場面にも役立、実践的な方法も考えてくれている。

  ▼   ▼

さて本題です。

少林寺拳法を志す皆さん。

少林寺拳法の技術には甲野善紀さんに負けない素晴らしい技術が眠ったままでいることに気づいて下さい。

てこの原理、はずみの理、鈎手の理、車の理、反射神経の活用、運動神経の逆用、心理学の諸原理の応用、忘れてならないのが虚実です。

この理は介護にも生き方にも、人間関係にも役立ちます。

技に費やす時間を少し、この方面にもまわして、現代の要求にマッチした少林寺拳法を構築できたら良いなと、トミー拳は思う毎日です。

追伸:一瞬にして投げる技にあまり没頭することは如何なものか?。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月20日 (月)

◆少林寺拳法漬け

ここ一年、電車の中でも、布団の中でも少林寺拳法の事を考える。

教え、技、指導方法、門下生の将来、あの子はどこまで変えてあげれるだろうか?

布団に入り眠りつくまでの10分。

朝、布団の中での7分。

貴重な時間!。

身体を横たえて考えるのは自分に合っている。

・・・・・・・・・・

内容はアイデアーあり、反省あり。

開祖はこんなときどうされたんだろうか?

少林寺拳法に関するホームページ(HP)を沢山見たとき。

眠りつくまでの10分間は貴重な時間になる。

HPは無記名?で書きたい放題、云いたい放題のように思えるが。

やはり指導者は謙虚に耳を傾けなければいけないと思える内容も多々あります。

一生懸命に動画で技を披露し、練習過程を提供される方。

自分の叫び(不満も、喜び、提案など)を思い切り発表する方。

HPの大きなうねりはこれからも、まだまだ続く。

少林寺拳法の思想も技法も、らしさを大切に建設的な意見交換を望みたい。

また、K-1かプライドに変更されて頑張ってみたら・・・と思われる方。

テニスはテニスラケットで、野球はバットで・・・テニスラケットでもやれない事はありませんが・・・?。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月19日 (日)

◆丹田の不思議

達磨は手もなく、足もなく。

それでいて転んでも起きあがる。

重心が下にあるからさ!」

「当たりまえです、重力です」

「それは、引力の働きです」

引力って、見えますか?

「見えません!でも誰かリンゴで・・・知った。(ニュウートンさんが)

眼に見えないものでも大事な働きって沢山あるよ!

例えば、電気、音、放射能、気、心、魂、・・・

そして少林寺拳法の信仰の中心のダーマのはたらき、等々。

ー^-^-^-^-

ところで、子供が背中で寝ると重く感じる事ってありますね!。

なぜ?

「?????」

実験、後ろから両手で相手の横三枚辺りをつかみ持ち上げる。

「えい!」 「上がりました」

次は、相手のお腹に(丹田)少し力入れてもらってから持ち上げてみる。

「えい!」 「上がりません、さっきより、重い、重くなる、なぜ!」

今度、道場で試してみて下さい。

これは、きっと体中の”力、りきみ”が丹田に吸収されたのかな!!

丹田、以外の身体に、子供が眠った時と同じ状態になり重くなる・・・?。

これが身体のリラックス、脱力かも知れません。

ー^-^-^-^

次回は話をしながら柔法を行ったら掛かった、の不思議を考えます。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月18日 (土)

◆「戦場にかける橋」

先日、夜12チャンネルで名作「戦場にかける橋」を見た。

1957年の作、米国。 

少年時代?見た記憶はあいまいでした。 

今回改めて、名作だ・・・と感じた。

・・・・・・・・・

日本軍と英国の指導方法の違い。

英国指揮官は話し合いで捕虜それぞれの特技を活かし納得ずくで人を動かし作業を遂行する。

日本軍は「上官の命令だ、黙ってヤレ!」・・・兵士は不満の山、山。 

日、英の指導者の違い。 歴然としていた。

・・・・・・・・

開祖 宗道臣先生も満州で「日本人はばらばらでまとまっていない」

そして指揮官にも指揮方法にもかなり不満をもっていた。

前線で、ドサクサにまぎれ指揮官を撃った兵士もいたと聞く。

指導者は家庭関係でも、親子関係でも、会社組織でも、少林寺拳法の道院運営でも、支部運営でも・・・納得ずくで事を運ばなければならない。

「何事も納得ずくでやらなんだら、勝った事にはならないのです」と開祖は云われておりました。

小さな画面からのTV映画「戦場にかける橋」・・・。

指導者、指揮官、監督の教科書でした・・・ありがとう。

なんと、50年前の物語です。

今後の生き方そして道院運営にも活かしたい。

少林寺拳法が誇る「教育システム」、それは開祖が説く原点そのものではないでしょうか。

トミー拳 ヨリ  拳のつぶやき  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月16日 (木)

◆「武術の眼」5~6回、胴体力 省エネ

多田容子さん「武術の眼」 朝日新聞コラムから、5回と6回。

人には潜在能力が90パーセント。

カラダ・・・埋もれたパワーは胴体にあるらしい。(不思議な力)

どうも火事場の馬鹿力とは少し”チガウ”!(少林寺拳法でいう心、気、力の一致)

術は、小手先の技から腰と身体全体の技に移る、やっぱり胴体力。

胴体を練るには、手や足に縛りをかける。

すると体内部の感覚が開発される?。

皆さんの意見を待ちます。

開祖は、足捌きも転身も最小限であの投げ技は・・・やはり胴体の力でしょうか??。

ー^-^-^-^^-

ナンバ歩きで省エネ論。

カラダの背骨が車体で腰の腸骨と坐骨が車輪のような感覚で自転車をこぐとかなり省エネ。

ナンバ歩きは二酸化炭素の排出量が減るそうな・・・・。

(皆さんも一緒に考えてください、武道革命?)

トミー拳は思う。

60Kgの米俵に体当たりされたらたまりません。

凄い力。

脱力も、ナンバ歩きも、関節(骨)の間に風を通すのも、「引力、慣性、重力、カラダは水袋、泥酔で倒れた人は起こせない重い重い!」何かヒントになりそうです。

(まだ実験中です。結手構えで歩くと少し変化がありました。進化中!)

トミー拳 (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月15日 (水)

◆敗戦と開祖

62回目の終戦記念日

1945年8月15日、今日。

黙祷!

二年後、開祖 宗道臣先生は、香川県多度津町で少林寺拳法を創始された。

焼け野原、日本の復興が危ぶまれた。

とにかく物つくりが優先する時代。

その時代に・・・・・開祖は。

人材を育てようと決意し。

塾を構えた。

そして少林寺拳法の拳技を教えながら青少年育成に取り組む。

奇跡の発展、現「少林寺拳法 金剛禅」である。

開祖曰く「二度と戦争はしてはならない・・・」一貫していた。

奇跡の復興、日本。

世界の中でも治安の良い日本。

総理の「戦後体制からの脱却」は何を意味するのか?

そして総理、美しい国とは・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

開祖語録:「半ばは自己の幸せを・・・半ばは他人の幸せを・・・・」

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

◆護身は初動作

練習での掛かり・・・特に柔法では。

初動作を10~3回、極め1回。

この練習のパターンが良いように思います。

護身の観点では特に・・・・。(火災の消火も初期消火。

ー^-^-^-^-

初動作を逃した時には別法があります。(変化技)

「先」(せん)が初動作の訓練になる。

「先」なくして初動作は行いにくいと思います。

極めは楽しくて、ついつい繰り返ししまう。

そこで、相手の攻撃が正しくなくても、掛けようとして変に頑張る。

そして袋小路に入る、入ってしまう!!。

誤、攻撃に対しても技を掛けようとする症候群?) シツレイ!。

そんな気のするトミー拳でした。

合掌

トミー拳  拳のつぶやき  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

◆参座に思う

お盆・・・・

どことなく線香の匂い、香りがする。

ところで、少林寺拳法の出席を「参座」(さんざ)と呼ぶ事はご存知でしょうか?

座禅に参加するゆえに「参座」。(座禅をしない少林寺拳法・金剛禅はno)

道院で座禅をしましょう!。

少林寺拳法・金剛禅では座禅のことは「鎮魂行」と呼びます。

姿勢を学び、呼吸を学び、気を鎮め、先祖に思いを馳せ、心の使いかたも学ぶ、「行」です。

動きながらの拳技は「動禅」とも呼びます。(または「易筋行」(えっきんぎょう)

K-1やプライドの真似事は・・・・ウーン。(いっそリングデビューしたらどうでしょうか~?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

似たような事です、皆さん月々の会費は「信徒香資」(しんとこうし)と呼びます。

月謝、教費、集金袋(参った)等と呼ぶ人もいます。

みんな間違いです、「信徒香資」ですヨ。

拳士は少林寺拳法、金剛禅の門信徒(もんしんと)なのです。

だから、信徒香資。お布施に近いもの。

この浄財は本山運営、道院運営のみに使用出来、個人的には一円たりとも使えないのです。

道院長であっても・・・・・。

これ!話すの遅かったカナ・・・・・。

知ってましたか?。

知ってますね?

知ってください!!。

トミー拳 ヨリ  拳のつぶやき  千葉松尾道院  

| | コメント (0)
|

2007年8月13日 (月)

◆当身の五要素

当身の五要素。(あてみのごようそ

今更ここで当身の五要素を述べたりは致しません。

道場で質問してドキリとした事を述べさせて下さい・・・。

突く事と当身を混同していることに気づいた。(エッ)

掛け声、「突け!」上段。

「突け!」中段。

突きをしているだけでは、「当身」ではありません。

対象に当たって初めて「当身」です。

突きは「当身」の前段階の、前段階。

道場のサンドバックは飾りではありません。

道場のパートナーも飾りではありません。

楽しみながら相対バランス、相対バランス。

<参考>
までに当身の五要素は①位置、②間合い、③角度、④速度、五つ目が⑤虚実、これも大事!

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

◆剛柔・教え・技 

少林寺拳法の「技術」は「柔」と「剛」に分けられる。

法が付いて「柔法」、「剛法」と呼ぶ。「法」の言葉は重要な意味を持つ。

「柔法」:は身体や衣服を掴まれた時の「抜技」、一般に痛いと言われる「逆技」、そして投げて「投技」、倒してからの「固技」に分類される。

「剛法」:は身体による受け(防御)、突き、蹴り、切り、振り、叩く、頭突き、噛む、等である。

少林寺拳法の特徴の一つ「剛柔一体」は柔も剛も混然一体。

例えば身体を掴まれ、初動の「目打」「当身」(剛法)から逆技につなげる。

正に「剛柔一体」です。

突き蹴りで接近し「巻打首投げ」、下受から「小手投」(柔法)これも剛柔一体の典型である。

何故、少林寺拳法には、抜いて、逆技、投げて、固め、の流れが有るのでしょうか?

(「不殺活人」の教えの通り、人を育てる手段、人を説得する手段からスタートした少林寺拳法だったから。 開祖 宗道臣先生の直弟子の先生方は、「抜いて投げて固めて・・・「分ったか!、判ったな!、解かれよ!~」

これが少林寺拳法の技の真髄であり、技は人を育て活かす手段だったのです・・・と信じます。<トミー拳>)

技が育成の手段でスタート、「技は餌だ」と開祖。

なんとその餌が素晴らしいものであり、餌が一人歩き?

・・・・・・・・・・・・・・・・

一般的に武道、武術は投げられたら、かなりのダメージがあると思われる。

少林寺拳法は前述の流れで、捌いて、抜いて、投げて、固めて・・・の一連の技法を学ぶためには、100パーセントの逆技、投げ技、固め技で大ケガを招く恐れがあり使えないと思います。

(少林寺拳法の技法を100パーセントで掛けられたら、受身はとれないと思います?。受身がとれる技は演武か、又は60パーセントの掛かりで怪我を防ぐレベルの技になります。)

解りやすく「十字小手」で説明させて下さい。

100パーセントの「十字小手」をかけたとします・・・、相手の重~い頭は、分銅が地面(床)に叩きつけられる様に・・・、頭部に大変な事態を招きます。

それは、捌き手、掛け手の「伸筋と屈筋」がバランスをよくして、ユルユルと作用し、相手の正中線に向け、捌き手で落とす、そした守者の肘、肩、腰が一体に落下する「十字小手」。

当然頭は重いので肩よりも早く床にバウンド。(危険)

いわゆる「脱力」した手、腕で、身体・・・は凶器にもなります。

練習(修練)は和気あいあいと「同志、相親しみ、相援け・・・」良きパートナーを大切に永く修行したいものです。  

合掌!

トミー拳 ヨリ (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月12日 (日)

◆幕張/光の祭典&玉城ちはる&吉田拓郎new

◆幕張の光

幕張モールに(幕張メッセ ロッテ球場)

一万個のイルミネーション。

京葉線で千葉みなと駅から三つ目の駅

海浜幕張駅。 

モールの仮設ステージに唄声が・・・  

森山良子に似た声、吉田拓郎さんの歌が流れる

「玉城ちはる」さん、広島県出身。

丁寧に、丁寧に聴衆の気持ちを、さぐりながらの唄声

イルミネーションにマッチした声・唄。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トミー拳は、吉田拓郎さんの初期の頃の歌が好きだった

デビューする前から、友達と少し応援した。

エレック?朝日ソノラマ?か、発売された薄いソノシート

今でも大事に持っている。

♪これーコそはと・・・信じれ〜、、、モノが、、、こ世に・・・あるダァ〜ろか・・・・・。

メジャーになる前の歌です。

ー^-^-^-^-^-^-^-^-^

・・・人生間違っていなかったナァ・・・

そんな青春の想いがモールの光と共に・・・よぎる

確か、吉田拓郎さんも広島県出身。   

デビュー前、ステージで体格の良い相棒はベースを弾いていた

彼と拓郎さんと二人はギャグをかましていた。

新宿の小さなステージで。

「玉城ちはる」さん ありがとう いろいろ、思い出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は「少林寺拳法」を忘れて 

そして明日から1週間のお盆休み。です。

仕事を離れ拳法に専念した一年、皆勤賞(かいきんしょう)だったョ。

自分で自分を「褒めた」(失礼!)

ありがとう!門下生。

ありがとう!道場。 

ありがとう!ダーマ。(サムシング グレート) 

                 合掌

トミー拳  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (2)
|

2007年8月11日 (土)

◆暑さで残心・・・

関東、猛暑日の二日目・・・・

街で見かける、うだる顔、顔、顔~。

36度で街の雰囲気一変。

地球温暖化で毎日こうなったらウーン!。

涼を求めてティータイム。

P1100681_2 ファミレス、クーラー全開。(一休み)

今夏は電力不足はダイジョウブでしょうね。

新潟中越沖地震の影響は(柏崎刈羽原発)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3日、3月、3年。・・・30年

ブログ始めて二つ目の節目。

書きたいことは山山山。

「ブログ」? ウエブ上の日記(ログ)、ブとログをくっ付けた造語?だって。@nifty・・・は「ココログ」??。

今、「残心」(ざんしん)中。 「連反攻」は無し!です。

<開祖語録>
責任者の責任者たるゆえんわね、なにかあったときに自分が盾になってやったり、引っぱっていくものがなかったら駄目だぞ。

これがなかったら信頼なんかないぞ。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

◆楽しく乱捕り(追記)

先日の月曜、金曜の練習風景・・・。

平手で上段から「額」たたきを全員で行う、次はもちろん平手で振突き風に「ほっぺた」を横から攻撃。(怪我を防ぎ、実戦体験、そして成功体験を・・・)

構えは双方完全な中段構えにする(絶対に・・・)。

間合いはやや遠目にし、半歩差し込んで額に平手でサワリ(叩く)に行く。

先ず、振身でかわし、反撃は無し、次はかわして上受・・・それを交互に行う。(そこで追加、緑帯以上は反撃に蹴り一撃に限定する)

交代は道院長の笛の合図でチェンジ。(ピッ!) 最近は声がかれて来ました。

こんな感じで次は振り突き風に「ほっぺた叩き」を左右繰り返す。

そして、振突きを外押受けする要領で、外押受けを左右繰り返す。

道院長の檄、「相手をにらまずニコニコと、相手は大事なパートナー、喧嘩相手ではありません!!」、皆の顔がほころぶ・・・。

恐怖感もなく、なじむ。 そこで法形練習に入る。

法形練習の動きがかなり良くなる・・・「組手主体」の特徴を実感する。

法形練習の意味がそれぞれの少年拳士にもイメージされて来た。(道院長、ニコリ)

ケガも少なく、恐怖感もなく笑顔の平手乱捕り・・・お奨めです。

つぶやき:「成功体験・・成功体験・・成功体験・・」

「楽しかったか~!」オッ!今日は全員手が上がると思ったら、一人上がらず。

次回の道院長の楽しみ(宿題が)が一つ・・・でした。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月 9日 (木)

◆「武術の眼」/4回(句と武術)

[武術の眼]4回 多田容子  朝日新聞連載 コラム

人の心と体は何かにつけ「つられる」事が多い。

今回は松尾芭蕉の句を題材に語る。

俳句のパート 五、七、五の構成を初心者が詠むと下部が上の句につられがちだと言う。

芭蕉の場合は下部の句に無関係なような句が・・・それでいて全体像が浮かびあがる。

そして、各語が分離独立し、短い句のなかに自在な展開が生まれる。
内容も濃く、全体が和し、協調する。

そして、まさに武の達人の身体と共通する芸だと言われる。

思い込みを捨て、頭がつられないよう心がけたい・・・と。

熟語や複合語も時に解体し、意味さえ通れば新しい語を造ってもよいと言われる。

そこで、トミー拳がつぶやく。

開祖 宗道臣先生は的確な表現の造語が幾つかあります。気づかれた事はおられるでしょうか?」

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

◆手の構え・・・追記

生きた「手」・・・の追記です。

生かした手をつくるには五指を張り腕の(手首)「とう骨」側に手の甲を寄せる。

(合掌礼で肘を張ると自然に「生きた手」が誕生。正しい合掌礼をしましょう、毎回、手を抜かずに・・・)

合掌礼は人だけにするのではないですよ、道場に誰もいなくても入るときは合掌礼をします。(それは修行場に礼!です)

さて追記:
鈎手を例にします、五指を開くとき親指と小指に意識集中して張ることです
5本の指全部を張るとギンギンになりとても滑らかな、速い動きは望めません。

それと手の極端に柔らかい人は”しなり”がきつくなり、これまた弱い手になります。

高齢者の上段者が五指の中3本(人差し指、中指、薬指)が少し曲がっている状態を、加齢で指を強く張ることが出来ない様な話を耳にしますが、チョット的外れかな〜。

小指、親指、元気に張って負けない手、そして負けない心です。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月 8日 (水)

◆「手の構え

少林寺拳法の技にも教えにも、欠かせない「手」の構え・・・。

生かした「手」とは:
合掌礼(構え)、結手(構え)、鈎手、拳の握り、一次構え、そして強い心を築くためにも絶対に必要な基本です。(神社の門の左右に立つ阿吽の像の手が参考。仁王構えはこの構えです

操作:
手(手首)の「とう骨」側の親指の付け根側の手首を引き付け、絞めて、筋を緩めて、伸筋と屈筋が仲良くバランス・・・リラックス。(理想的な「手」)

技だけでなく精神的にも安定する「手」です

坐禅の時、だらりとした結手(手)をしていませんか、力を入れずに生かす「手」で結手です。(手が疲れる様ならどこかにムリがありそう!)

トミー拳はつぶやく:
「手は第二の眼?」「脹脛(ふくらはぎ)は第二の心臓」「心は全身に宿る」・・・・。

<開祖語録>
・・・本気で「はら」が座ったらね、今日はだめでも明日があるのだから、人生に行き詰まりはありません・・・

開祖 宗道臣先生は心臓を患っておられたせいでしょうか、法話の時によく手揉みをされていたようです。(・・・手揉みも第二の心臓?)

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月 5日 (日)

◆花火満開/語録

◆花火と語録 千葉市内の花火大会を見学に行った。
(写真:ポートタワーをはさんで花火満開)
何周年記念とか、8000発。写真はスタートの圧巻シーン再現の一枚。パチリ 。自画自賛・・・(満足)。
お開きシーン(終わり)の三分間に1000発。
花火の煙が煙幕になり見ずらくなる。(ケムイ!)

・・・トミー拳は思い出す。
乳酸菌は自ら出す?酸の為に死んでしまう事を・・・」
ところで人間が作り出す物で、地球の寿命が短くならなければ良いが!。「コワイ!」

《開祖語録》
自分にとって最も辛いことを克服することが、己に勝つ第一歩である。.

 

トミー拳   拳のつぶやき    千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月 4日 (土)

◆「武術の眼」/3回(腰痛)

続き・・・3回目。(腰痛の解消)朝日新聞連載 作:多田容子

古い武術には明快なジャンル分けはない。

剣術も柔術、居合いも、心身の技法は共通していた。

術は特定の場やルール上で発揮されるものではなかった。

その人の全身に常に備わっている感覚的なもの。

そこで、内弟子、口伝の形で師の心を吸収させた。

(腰痛の解消)
・腰は1つではなかった。
・八つの骨がくっついて1つ。
・寝ながら、八つの骨を動かすつもりで縦に動かすと気持ちがいい。

歩く時(イメージで変わる)
・臍から足が生えているいるつもりで・・・。身をよじらずに左右の腸骨、坐骨を動かす。
・腕では肩甲骨からはじまっている、イメージで。
大きな動きが得られる。

<トミー拳のまとめ>

・背骨はすんなり独立し、真っ直ぐに。

・肩の骨はばらばらにし、動かすイメージ。

・腰も骨はばらばらに、動かすイメージ。

<余談>

・練習で少年部に脱力と教えると全身の力を抜いてしまい、参った。

力を抜くも、脱力も、正しい表現ではないですね。大人は理解できますが。

トミー拳より  拳のつぶやき  千葉松尾道院

| | コメント (2)
|

◆「武術の眼」/2回(肩こり)

続き・・・。2回目(多田容子)

手裏剣術で、のびのびと腕を振るには肩甲骨を動かせ。

それも、屈筋で無理矢理でなく、他の骨との兼ね合い、伸筋で骨そのものに意識を集中して動かす。(骨法?)

そして、肩甲骨を回したり、背中から浮き出させたする事ができた。

そして、全身の各骨を別々のものと思い、緩めたり整えたり。

骨、ほね、ロック、ホネロック〜の唄が・・・思い出された)

なんと、多田容子先生、10代からの肩こりが飛躍的に改善したそうな。

少林寺拳法 禅林学園 校長 山崎博通先生が研修会の席で「骨と骨のの間に風を通せ(関節の間?)」と言われた言葉を思い出しました。

<開祖語録>「拳法は歩くようにするのだ」 

歩く時は身体はこわばらない、こわばったら歩けない!・・・ダネ。 

トミー拳  拳のつぶやき  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

◆95%に改善!

昨日の練習で・・・。

また終了時に「今日の練習が楽しかった人手を上げてください」

なんと約95パーセントの手が天井に伸びた・・・。

小、中学のリーダ三人の役割の慣れも幸い。

基本、乱捕り、鎮魂行、技術まで三人リーダーで通した。

茶帯以上は全員、防具(胴)乱捕り、指導も小、中のリーダ。

胴の付け方からフォーローまで。

三人のリーダーの中にもリーダーを交代で決めた。

(注意!)「遊びが楽しかったの声三人(全員笑いが)(道院長・・・汗にじむ)」

バタバタと1時間半が終了。

作務の時間が駆け足になる程の充実でした。

法話、しなかった〜。忘れた・・・。

トミー拳 ヨリ 拳のつぶやき 千葉松尾道院

| | コメント (2)
|

2007年8月 2日 (木)

◆「武術の眼」/1回(ナンバ歩き)

朝日新聞の日曜版に「武術の眼」が連載されている。
(作者:多田容子さん)

7月1日から始まり、現在で5回目を数える。

多田容子さんは剣豪小説を書き「古武術」の研究をしている?。

武術では「柔よく剛を制す」の言葉のように一見不可能な業(技)を可能にする。

それは、特定部分の筋力に頼らない、骨格の変化。

そして、身をねじらない「ナンバ」の動きを「和の運動」と称し「省エネ運動法」とも呼んでいる。

現代人の身体の故障、肩こり、筋肉の異常を運動不足と片付けてしまう現代に疑問符を投げかけている。

人体を会社組織に例え、大会社を小人数の要人だけで動かし、自ら過労におちいり、やがて要人は倒れ、会社がつぶれる樣に、人体にも故障を引き起こす。

オシム監督が「考えながら走れ」それが日本人らしいサッカーにつながると言ったのは明快だったと書かれている。

運動と思考や感性を分ける今の意識を見直す時だろう・・・とも言ってる。

少林寺拳法の「技」も「思想」も高めるには、以下の言葉の抜粋が参考になると思う。思想も一つの「角度を変えた技」と私は捕らえる。

抜粋:
「思考停止の反復運動で筋肉を固めるよりも、常に全身を意識し、力を抜いて感覚を研ぎ澄まし、周囲の状況にしたがって自由自在に身を操るのが武芸の上手だ。
そこには、根性と頑張りでなく、理と創意工夫があったと考えられる」こうした武術の観点で、日常生活や文化など多様なテーマについて考えたいと・・・。次回に続く。

理から入る少林寺拳法の修練は習得しやすい「教育システム」と考える。

敗戦後の60年前に創始され、当時、技術も思想も盛り込んだ「科目表」が存在したとは、少林寺拳法は自信の持てる武道といえる。

トミー拳 ヨリ   拳のつぶやき  千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

2007年8月 1日 (水)

◆参院選/開祖語録

合掌

開祖 宗道臣先生が生きておられたら何とおっしゃられたか?

ー^−^−^−^−^−^−^

ある大臣が経費の不正支出を国会で指摘され。

法の抜け穴を探して探して、罪を認めず国民を愚弄。

その間、総理大臣は援護、援護。

ところが、改心の証か、追求に耐えきれなかったか、大臣は自ら命を絶った。

それも、現役大臣が・・・。

その間、総理大臣は援護、援護。

そして後任の若手大臣を任命。

また同じような疑惑が発覚。

”無能・悪質”な議員達の立居振る舞いに、先日の参議院選挙で自民党は大惨敗した。(溜飲がおりた・・・本当に)

わずか2ヶ月、後任大臣もやめた。(辞任<更迭>?)

「!女性は子供を生む機械!」 「!日本に落下された原爆はしょうがなかった!」耳を疑うような言葉がまだ耳新しい・・・・。

開祖は戦争の悲惨さを自ら体験し、少林寺拳法を創始された。

開祖曰く、「戦争は二度と繰り返してはいけない、すべてを奪ってしまうから」

今、トミー拳は開祖の言葉を思い出しています。

<開祖の言葉>
♪.ある政治家が開祖のところに選挙の挨拶に来られた、「今、米の値段はいくらですか、分かりませんか?それではだめですね?!」

返答できない政治家に諭したそうです。

♪.また、昔は良かった良かったを連発する議員に「あなたは何故人力車で来なかったのですか?」

♪.また、選挙に立候補を担がれようとした時に、「わしわ、嘘はつけんから政治家にはナラン・・・と」一蹴したそうな。

日本の高齢化社会、労働力、介護、今までに経験したことのないむずかしい選択を迫られる世の中に突入しています。

自分の耳で聴き、目で見て(観て、視て、診て)そして肌で感じて、正しい一票を投じようではありませんか。

「自己確立」の心で・・・。

政治家は国民が選ぶ。

政治家のレベル、それを選んだ ”国民のレベル”を・・・。

国民の責任です。

次期選挙には考えて考えて、材料を集めて、今から、今から・・・。      

                   結手

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

◆シャーワー/虹/座禅

日曜練習「両優界」で虹」を発見。

今日は暑くなるな、「早めに行って道場の入口に水でも撒いて、2〜3度室温を下げておこう」と思い家を出た。

自宅から歩きー千葉駅ー松尾駅ー歩いて千葉松尾道院の道場へ。

かれこれ、2時間弱の片道時間。

週3〜4回の往復、毎回旅行気分。

半年位前でしたか、専門学校禅林学園校長の山崎博通先生の武専講師、研修会に参加し、少林寺拳法東京研修センター(東京都大塚駅)を訪ねたときにJRの運賃がなんと同額・・・長い道のり!を往復しているんだなーと「つぶやく」。

200708011035000

そこで虹製造の種明かし、散水で目の前に「虹」「虹」「虹」。

しぶきが顔にあたり清涼感がたまらない(梅雨明け宣言はマダかな)

そこで<開祖語録>

「人を活かし、人に生きがいや喜びを与え、自分もそれを受けることができる道、それが少林寺拳法なのだ」

水と語録に洗われて座禅に入る・・・。

200707311818000 結手  合掌  着座  調息 

「宇宙の精気我体中に入る、ダーマの特性我に発する」

(宇宙では、また新しい形態の巨大ブラックホールが発見された)

トミー拳のつぶやき「開祖、またダーマがまた一つ大きくなってきました」。

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »