« ◆課外授業?駅で | トップページ | ◆旨い技~手打ち蕎麦屋で.... »

2007年7月 3日 (火)

◆「脚下照顧」、拳の解釈

少林寺拳法 千葉松尾道院(徳間道場内)の入口に
P5120008_2 「脚下照顧」の文字があります。

     [仏]足もとに注意せよ。真理を外にではなく、
   自己自身の内に求めよ、の意。(広辞苑)
(写真は本山)  

               ※1、真理:本当のこと。まことの道理。「不変のー」
               ※2、道理:物事のそうあるべきすじみち。(広辞苑)
道場での質問、
「道院長、脚下照顧はどうして靴を揃えること
 なんですか?」
トミー拳の解釈:
 足は土台、大切な土台をまもる靴、だから感謝の気持ちで揃える。
 「地震だ!逃げろ!・・・そんな時靴が揃えてなければ避難に時間がかか
 るだけでなく、自分の足に合わない他人の靴で避難し ・・・ぶかぶか靴で
 は走れない!?」 「靴が小さくても走れないし「 怪我のもと・・・」自分自
 身をよく見つめ、次の動作に備える(準備、準備)(自己確立)。
 すると他人も思いやる心が生まれ育つ (自他共楽)。

         
 ^^^^^^^^^
「脚下照顧」と同じような気持ちになる言葉があります。「自灯明法灯明」 (釈尊入滅時の最後の教え)
己を燈明(頼り)に・・・教えを燈明(頼り)に・・・活き、生き続ける
こと・・・。
    「・・・足もとが明るいうちに・・・云々」
     「・・・もういい加減に足あらえよ・・・云々」           
   「・・・浮き足立つな・・・云々」  
     「・・・二の足を踏むな・・・云々」
少林寺拳法の足位法を示します。
  
「開足立」「閉足立」 「逆丁字立(レの字立)」「八字足立」
    「前鈎足立」「後鈎足立」「横鈎足立」「交足立」      

  土台づくりは大切に!。結手
  
 トミー拳 より

                 

                            

|
|

« ◆課外授業?駅で | トップページ | ◆旨い技~手打ち蕎麦屋で.... »

コメント

こんばんは。コメントありがとうございます。
靴を揃えるという、誰でもできる事を目標にして、薄皮をはぐように少しずつ良いほうに変化できたらよいと思います。私も・・・。

投稿: トミー拳(多鶴子さんへ) | 2007年7月 4日 (水) 21:27

簡単そうで奥の深い言葉ですね
少しづつ理解して過ごして見ようと思います

投稿: 多鶴子 | 2007年7月 3日 (火) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/15287973

この記事へのトラックバック一覧です: ◆「脚下照顧」、拳の解釈:

« ◆課外授業?駅で | トップページ | ◆旨い技~手打ち蕎麦屋で.... »