« ◆「研修会」・・・道院長 | トップページ | ◆アメリカで仏教 »

2007年6月20日 (水)

◆歩いて・・・技

散策〜ポートタワーへ・・・(拳のつぶやき)

晴れた日は、たまにポートタワーまで歩きます。

P1030071 歩きの中で、腰骨の出し方、歩幅の確認(少し広めに)、自分の体重を少しだけ地面に預け重力を感じ、足が自然に振り出す、その感覚を確認し、歩きます。

肩先を振り出し、次に腰を出す・・・次は腰骨を先に出し、肩を引っ張る。

これを繰り返しながら「良い動き」を身体と相談する

身体が教えてくれるまで・・・・。

身体は真っ直ぐか、耳が肩の線に、シッカリ据わっているか、尻を少し出して「尾てい骨」の先端が地球に刺さっているかどうか?

走るときの両腕の振りが即、「突き」に変化できているか?。

少林寺拳法 開祖 宗道臣先生は「拳法は歩くようにヤルんだよ!」。

この言葉がまだまだ・・・研究し続ける、未熟な自分です。

<開祖語録>

「時代の流れを無視しては駄目だ。少林寺拳法だって、時代の流れの中にその在り方を生かしたから発展したんです」

「勝負の世界だけに生きるような者は社会にいらんのです。社会が必要としているのは、調和のある人間なのだ」

    (写真は少林寺拳法開祖 宗道臣)

               トミー拳より

(千葉松尾道院)

|
|

« ◆「研修会」・・・道院長 | トップページ | ◆アメリカで仏教 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/15500652

この記事へのトラックバック一覧です: ◆歩いて・・・技:

« ◆「研修会」・・・道院長 | トップページ | ◆アメリカで仏教 »